間違い電話

0

知り合いが少ない私に電話がかかってくることはほとんどない。時々自宅の電話が鳴ることがあるが、大抵が間違い電話。
今朝も8時前に電話がかかってきた。受話器をとった瞬間、聞きなれない声がした。「ここどこ?」
また間違い電話だ。ネパールでは、電話をかけた本人が名乗ることは本当に稀で、ひどいときは開口一番「誰?」と言われることもある。それ私のせりふじゃない?と思ってしまう。しかも間違えたと分かると謝りもせずに切る人ばかりなのに、なぜか私が「ごめんなさい、間違ってますよ」と言ってたりする。おかしい。
バングラデシュに居た時もよく間違い電話がかかってきて、同じようなやりとりを繰り返したが、そういえば間違い電話の相手と10分くらい話をしたことがあるのを思い出した。
今考えるとおかしいのだがその頃はどこ?と聞かれたら「外人の家」と応えていた。大抵はそれで納得して電話が切れるのが普通なのに、その時は「どこの国の人ですか」と聞かれ、なぜか正直に「日本人です」と言ってしまった。
すると、電話の相手は「いやー、私のきょうだいが日本の○○(地名)にいるんですよ、いい国ですよね」とかなんとか。悪い感じの人ではなかったので、しばらく話をして電話を切ったが、あんなことは後にも先にもそれっきり。まあ、間違い電話で話し込むなんて普通あり得ませんね。
私が失礼と思わなくなるまでか、ネパール人の電話マナーが向上するまでは間違い電話との攻防がまだまだ続きそうである。
2006年6月13日

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA