全くもってエロメロなのである

3

ティハールの休暇を利用して、昨日までバングラデシュに遊びに行っていた。バングラデシュ駐在時代から懇意にしていたクリスチャンのバングラデシュ人の友人に娘が生まれ、洗礼式に参加するため6日間滞在した。

最初の2日ほどはベンガル語が出てこなくとにかく苦労した。ベンガル語を話しているつもりが「何言っているか判らない」と言われてやっとネパール語を話していることに気付くくらい私の頭はグチャグチャになっていた。表現したいことがあるのに、言葉が出てこないというもどかしい感覚は久しぶりだった。

ちなみにベンガル語でこういう状況を表すのにぴったりな単語がある。「もうエロメロなの」と言えばどこから手をつけて良いか判らないようなヒドイ状態のことを指し、まさにこの時の私のためにあるような単語であった。

ベンガル語とネパール語はかなりの確率で重なっている。厳密にどうかは知らないが、私の感覚では単語ベースで30~35%と言ったところだろうか。もちろんネパール語とベンガル語に限らず、サンスクリットに語源を持つ単語は南アジアで広く使われているので、驚くことではないのだが。

途中ダッカ事務所の藤岡さんや内山さんと会って話をする以外、ほとんどベンガル語漬けの生活だったので、5日目くらいにはなんとか言いたいことが伝えられるようになったが、残念ながらもうネパールに戻る日になっていた。

バングラデシュからネパールは飛行機で1時間と少し。飛行機が多少遅れたものの、あっという間に「ネパール語」の世界に戻った私の言葉は、空港から乗ったタクシーの運転手のお兄さんには「あなた一体どこの人?」と聞かれるくらい再びヒドイことになっていた。今日の事務所でもスタッフとのミーティングでは「判らない!」とところどころ注意をされる始末。ネパール語の方が早く戻ってきてくれると思うが、あと1、2日はこのエロメロな状態が続くことになるだろう。全くもって気が重い…。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

3件のコメント

  1. j、フォキール on

    藤崎さん、久し振りです。お元気な様子に安心しています!
    ネパールのここ数年は国政の激動期でしたが、久々のバングラはどう映りましたか?経済面の発展(!?)、変化がすごいでしょ?
    そこで、バングラとネパールを知っている藤崎さんにお願いがあります!忙しい中、停電が多い中、手を煩わせて誠に申し訳ありませんが、両国の比較文化論(?)をやって頂けませんか?!大袈裟なものではなく、1回1回を小さなものでも身近なものでも構いません、テーマを設定して、時々で構いません、連載して頂きたいのです!
    と言うのは、私もネパールに行った時に、30%くらいベンガル語が通じた経験を持っているからです。生活基本動詞や数字、形容詞など元が同じサンスクリット語なので、ほとんどいっしょですよね!
    そこで、ベンガル語とネパール語のどこがどう違うのか?と考えた時、私は、山と平地の違いに因る呼吸法によって分かれたのじゃなかろうか?!と思ったのです。例えば、「(あなた)食べて!」ですが、ネパール語では「トパイ(ン)、カウヌス」でしたか?
    ベンガル語では「アポニ、カン」ですよね。「行く」はネパール語で、「ジャウヌス」「ジャンチュウ」など(かな?)。ベンガル語では、「ジャン」「ジャベン」「ジャッチェン」など。ネパールのように標高の高い所での会話では、会話の最後は息を吐いて終わり、そのあと続けて自然に息を吸い込むことになるように語尾が変化したのじゃなかろうかと推測したのです。いかがでしょうか?ベンガル語の語尾はンが多く、息を切ったり詰まらせるケースが多いですよね!?
    ま、こんな風に日常のちょっとしたことを通して、たかだか飛行機で1時間の距離しかない両国が何故に大きく異なるのか、反対に何か共通するものはないものかと、とても興味があるのです!
    ヒマな時で結構です、お願いします!
    で、任期はあと何年?

  2. j、フォキールさん、久しぶりにコメントをくれたと思ったら、こんな難題を…。
    生活している中でふと感じることがあっても、それを記憶にとどめて後で文章にするのは、なかなか大変です。が、心がけてみますね。
    比較論ではないですが、ネパール語で好きな表現は「○○しましょうか?」という意味の「○○ガレディウン?」です。直接的なベンガル語の「○○コレデボ?」より奥床しい気がします。あ、こういうことでも良いのですよね。それではこれから少しずつブログで紹介します

  3. j、フォキール on

    確かに!「00コレデボ」は「私は(他者に対して)00する!」です。「00ディウン?」は相手に尋ねるんですね?! ベンガル語なら「00コレディテパルボ?」(=00してやる・00して差し上げる)になると思いますが、事前に相手に尋ねることはほとんどないですね!
    この違いはどこからくると思いますか?
    多分、ネパールは日本と同じで、八百万の神がいたる処に居られ、お伺いを立てながら生活してきていて、他者に対しても同じ様に謙虚になったのではないでしょうか!?
    じゃ、ベンガル人には謙虚さが無い・・・?(笑)
    ベンガル人と言うより、イスラム教に因るのではないかと思います。砂漠で生まれた宗教ですから、自分と絶対唯一神のアッラーしかいない!砂漠には何も無いので、自分の命を託す(=祈る)何者(物)もいない! なので神に対しても他者に対しても「私は00する!」になるのじゃなかろうかと思うのですが、いかがですか?
    この地はアラビア語だと思いますが、どうなんでしょうね?
    砂漠の宗教が、実り豊かなデルタで普及したのには、それなりのものがあるからでしょう!
    日本文化は元を辿ればブータンにあると言われています。
    気候と風土と暮らしと宗教は密接に関係していますよね!?

コメント

CAPTCHA