カトマンズに戻りました

2

s-IMG_2079.jpg

10月18日から今日27日までアンナプルナ方面へトレッキングに行っていた。上の写真は、標高4,120mのアンナプルナ・ベースキャンプから10月24日早朝にマチャプチャレを撮ったもの。

山好きの人にはたまらないのだろうが、何より寒いのが苦手な私は山登りや山歩きには興味が全くなかった。それが偶然が重なり、同行者(トレッキングの先輩)にも恵まれ今回のトレッキングが実現した。毎日早朝にロッジを出発し、途中休憩を挟みながら目的地まで歩く。前半は雨に降られたりもしたが、何よりも美しい山の姿を目の前で見ることができて大満足の10日間だった。

この旅を更に楽しいものにしてくれたのは、ネパールを含む各国のトレッカーやガイドやポーターとの交流だったと思う。ガイドやポーターの多くは、いろいろな苦労をしながらも自分の身一つで今の状況を築き上げた人たちばかり。だからこそ明るく、人情に厚い人たちばかりなのだろう。いつかの機会にこれらの話も書いてみたいと思う。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

2件のコメント

  1. やまちゃん on

    よかったですね~溜まっていたストレスも吹っ飛んだでしょう?
    たまには必要なことですよ。 私は体力的にトレッキング不可能、何年か前ポカラのサランコットから西ヒマラヤ連峰を眺めたことがありました。アンナプルナからの眺望はすばらしいでしょうね。

  2. はい、本当に吹っ飛びました。そしてまだ持続しています。自然の力ってすごいですね。
    時間や体力に合わせて、日帰りなどのコースもあるようなので、ちょっとした時間があれば楽しめるようですよ。

コメント

CAPTCHA