雨期なのに水不足

0

本格的に雨が降るようになって、もう1カ月くらいたっただろうか。夕方、みんなが事務所を出ようとする時間を狙いすましたようにザーっと降ったり、途中で目がさめるような落雷を伴った嵐の夜中もあった。ネパール気象庁の7月19日付け記録によると、今月の降水量合計123.4mm、7月の平均は356.5mmということなので、例年に比べると降雨量は少なめのようだ。
s-July 2007 010.jpg ところで、私が住むパタン一帯ここ1週間以上水不足で大変困っている。パタンの南側にある給水本管が何かの事情で寸断されて、全く水が供給されていないのである。私の住むアパートには、上水道の水をためておく大きな地下タンクがある。数千リットルの容量があるが、そのタンクの水も3分の1程度に減ってしまった。毎朝出勤前に、このタンクを覗いて水量を確認するのが最近の日課となっている。井戸水や雨水も使い、洗濯やシャワーも最小限にして節水の努力をしているが全く使わないというのも不可能だ。とうとう今朝は、大家さんが水を買わないといけないねと言っていた。
水を買うという行為自体、日本の人たちには耳慣れないだろう。カトマンズ近郊の水源で水を汲んだ給水タンク車が、注文した人の家に行ってタンクに水を満たすのである。写真は先日家の近所で撮ったもの。これを目にすると「ああ、あそこも買わざるを得なかったのか…」と、なんだか同情してしまう。明日は我が身かもしれないので。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA