早起きは三文の「得」

5

始めてのブログということで、この前は柄にもなく「ですます」調で書いてしまったが、
今回からいつもの調子で書かせてもらうことにします。どうかご了承を。
ネパールの人は寝るのが早い。8時頃になると町の通りから人の姿が消えてしまい、
残業でもして帰れば道を歩いているのは自分しかいない、という状況があり得てしまう。
身近な人に聞いてみたところ10時頃には寝てしまうという人が多かった。早く寝ると
いうことはつまり朝起きる時間が早いということ。私のネパール語の先生はいつも
朝5時頃に起きていると言っていた。
4月に民主化を求める市民の運動が盛り上がり、一時期連日のように外出禁止令が
出されたことが続いた。情報を集め事務所を空けるのかどうかの判断を毎朝しなくて
はいけなかったが、その時まだテレビを持っていなかった私は、スタッフからの電話が
唯一に近い情報源だった。しかし、この電話がいつも朝早い。
朝6時半頃にかかってくる。
「もしかして寝てた?」
「ううん、大丈夫…で、今日は何時から外出禁止なの?」
こんな会話が毎日のように交わされた。
早朝の電話もつらいが、外出禁止令が朝早くから始まるのも結構つらかった。
ある日外出禁止令が朝9時から始まるというので慌てて野菜を買いに出たのだが、
寝坊の私にはしなびた野菜しか残っていなかった。遅起きは三文の損ってことか。
その時に、辛うじて買ったカリフラワー、大量に茹でたものがまだ冷凍庫に
残ってる…。茹でただけで満腹になってしまったのだから仕方ない。
料理する気になるまで待っててもらうことにしよう。
何かお勧めのレシピがある方は是非教えてください。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

5件のコメント

  1. 高桑ようこ on

    金沢連絡会で1昨年お世話になりました。
    ネパールのキナ臭いNEWSは毎日日本へも伝えられます。
    気をつけて、とゆうても何にキイつければいいんかわかりませんけど。
    楽しみに読ましてもらいます。

  2. 山下 甫 on

    ナマステ!私たちが支援するアドンタールのサティワティ学校では朝6時から11・12年生の授業が始まり、9時には同じ教室で中・高校生が交代して授業、終業は午後4時です。8割くらいの生徒は片道2時間位歩いてきます。覗きに行きました。まだ暗い5時ころいきなり音も無く(裸足なので)生徒たちが集まってきて、先生たちも揃い、定刻どおり始まっていました。そのころには畑に色とりどりのサリーを纏った女性たちが農作業にかかっていたし、小~高校生たちは登校前に水汲みの作業を終えていました。夜は時々虎がでるので、陽が沈むとみな寝てしまいます。外は蛍が飛んで、星がきれいなのに。この村はネパールの中でも恵まれた所なのでしょうね。

  3. 藤崎 文子 on

    お返事ありがとうございます。
    日本とネパール、遠くにいてもこんな形でコミュニケーションが
    できるのですね。今更ながらびっくりです。
    せっかくネパールに来たのだから、空や雲や星や木々の様子も
    目にとめながらビスターレ(ゆっくり)ビスターレでいきたいと
    思います。またコメントくださいね。

  4. 細井 なな on

    藤崎さん、こんにちは。
    カリフラワーといえば、私がインドにいた頃に覚えたお手軽メニュー。
    名づけて、「ゴママヨカリ」。
    材料:熱々茹でたてのカリフラワー、すりゴマ、マヨネーズ、しょうゆ
    作り方:熱々茹でたてのカリフラワーにすりゴマ、マヨネーズをどばっと
    かけて、和えます。おしょうゆは隠し味。是非お試しください。

  5. 細井さん、こんにちは!
    おいしそうなレシピありがとうございます。
    「熱々茹でたて」という表現だけでも、よだれが出てきそう。
    しかし残念なことに我が家には、マヨネーズがないのです。
    来月の出張者に持ってきてもらうまで、おあずけか…。
    またレシピ教えてくださいね。

コメント

CAPTCHA