つり銭をめぐる攻防

4

ネパールと生活していると、ついつい財布の中身が気になる。といっても、お金が足りない!という心配とは質が違うものだ。

ネパールの紙幣は1,000、500、100、50、20、10、5、2、1ルピーの9種類、ついでに言うと硬貨は2、1ルピーがある。1ルピーが約1.8円。日本の10から20分の1程度というネパールの物価から考えると1,000、500ルピーというのはかなり高額で、使い勝手が悪い。露天や小さな商店で100ルピー以下の買い物などをしようとして、これらの高額紙幣しかないと「つり銭がない」と断られ、自分で方々の店に掛け合って細かい札を集めなくてはいけない羽目になるからである。

この前は某大使館にビザの申請に行き、300ルピー支払いのため1,000ルピーを出したらつり銭がないと断られそうになった。財布の中身を見せて「本当に細かいの持っていないのよー」と主張したら、しぶしぶ窓口の男性が受け取ってくれた。 ちゃんとお釣りは出てきたのに。

朝の出勤時は時間がないこともあってタクシーを良く利用するが、これも曲者。朝一番だと、大抵の運転手はつり銭を持っていないからだ。サービス業の何たるかを君たちは判っているのか!と怒りたくなるが、ここはネパール、ぐっとこらえて準備の悪かった自分を反省する。

しかし許せないこともある。2日前に乗ったタクシーはメーターに細工でもしたのか、普通は50ルピー程度ですむのが75ルピーにまでメーターが上がっていた。朝ということで油断したせいもあるが、事務所近くに来ており既に時遅し。仕方なく100ルピーを出すつり銭がないと言う。

こいつ確信犯だと憤慨しつつも朝からけんかをする気力もなく、言われるままに10やら5ルピーを寄せ集めたらなんとか75ルピーになったので渡した。 その中にはこれまで使えずに財布にしまいこんだままだった千切れた20ルピー札2枚をもぐりこませて。

だから今回のつり銭をめぐる攻防は私の勝ち。たまには一矢報いなきゃね。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

4件のコメント

  1. やまちゃん on

    欧米にも例が少ない、釣銭の出る自動販売機に慣れた日本人にはネパールは不自由ですね。ポカラのトレッキングコースで女性客に金を要求したマオイストが釣銭を払った話を聞きました、どこか変?

  2. やまちゃん、ありがとうございます。
    前半部分のようなツッコミを待っていたのです。ネパールにいながら日本の特(殊)性を考えるための話題提供ができたらと思っています。
    しかしマオイストのつり銭の話、おもしろいですね。2月に子どもたちがとうせんぼして、道行く車やバイクからお小遣いをもらえるという日があったのですが、ここでも値切ってる大人を見ましたよ。
    5ルピー札出して4ルピーおつりをくれとか、2ルピー硬貨を二人で分けろとか。それでもって、子どもたちもなかなかウンと言わないのが面白かったです。文化なんですね、こういうのって。

  3. のぐち on

    まだまだ、甘いと申しましょうか、「優しい日本人」ですね。
    達人になると、75ルピーのタクシーにわざと1000ルピーを出し、「そう、釣りがないの?じゃあ、今度まとめて払うから。」と、タダ乗りするそうです。

  4. あ、のぐちさん、こんにちは。
    そうですねー、そこまでの域に達するのは難しそうですね。っていうか、それ人間性も関係するんじゃありませんか。その人に問題があるっていう意味ではありませんが…。

コメント

CAPTCHA