「シーソープ生産者エピソード②」#リリー

0

こんにちは。クラフトリンクインターンの亀川です。

クラフトリンクのインスタグラム(@craft_link_official)では、石けんシリーズ「She with Shaplaneer」の生産者=作り手の「彼女」たちについてビジュアルで分かりやすくご紹介してきました。

彼女たちは、その背景から写真に顔出しでのご紹介が難しいのですが、イラストでその一人ひとりの存在をより近くに感じていただきたいという想いを込めて、石けんづくりに出会う前と後の「ストーリー」にフォーカスし、3回にわけて3名の生産者についてお伝えしています。今回は2人目のリリーさんについてです。

<She with Shaplaneerとは>

ひとりひとりの女性にフォーカスするクラフトリンクオリジナル石けんブランド。
作り手は、南アジアの経済発展や開発から取り残され性産業に従事せざるを得ない状況下で働いてきた女性たち。自然素材のみを使用した石けんづくりを通して、「彼女」たちの生活向上を目指します。

soap image

**************
お客様からもシャプラニールスタッフからも大人気のシーソープ。
私もクラフトリンクインターンを始めた当初から気に入って使用しています。癖になってしまうくらいのやわらかな洗い心地で、洗い上がりもしっとり。
母からも好評で、一緒に手を洗っています。

#Who_is_she?
今回は、リリーさんが石けんづくりに携わるまでのエピソードをご紹介します。

●作り手の一人 リリーさんのエピソード●

1

3 2

4 2

5 2

6 2

たとえ好きな相手と結婚することができる恋愛結婚でも、収入を得る道がなく夫の収入に頼らざるを得ない女性が多いバングラデシュ。
なにより、妊娠・出産した年齢があまりにも幼いことに驚きます。。

多くの若い女性たちが今日を生きるためにリスクを冒して性産業に従事して辛い思いをしているのかと思うと胸が苦しくなります。それでも彼女たちは懸命に生きています。

生活に必要なものを揃えることができたのも、両親との関係が良い方向に向かっていったのも、石けんづくりがあったから。シーソープの明るい未来が見えたエピソードでした。

**************

このように「彼女」たちには様々な過酷なバックグラウンドがあります。

彼女たちが笑顔で希望を持って過ごせるように、楽しくお買い物から始めてみませんか?
シーソープを日常に取り入れることが女性たちの幸せ・生活向上に繋がっています。

クラフトリンクオンラインショップは<こちら>

※2012年に行ったインタビューをもとに作成しております。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA