遠いを近いに シャプラニール=市民による海外協力の会 Tel: 03-3202-7863 [地図]
 
Facebook
Twitter
YouTube

ベンガル語を使う機会

0

はじめまして、海外活動グループインターンの吉川みのりと申します。

 

インターンを始めて3カ月弱ぐらいです。現在、大学3年生でベンガル語の勉強や、開発学・バングラデシュの地域研究をしています。

 

シャプラニールでインターンを始めた理由はとても単純です。

バングラデシュが好きだから!!!

高校2年生の時に存在を知ってから日ごとにバングラデシュが好きになっています。

 

さて、自己紹介はこの辺にしまして、シャプラニールがクラウドファンディングを行っていることはご存知ですか?みなさんのご協力のおかげで、目標金額である310万円を無事に達成することができました!ありがとうございます!

https://readyfor.jp/projects/girls_education

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

なぜこの話をしたかというと、クラウドファンディング挑戦中に発信した現地の児童労働の現状や支援活動についてお伝えした新着情報の情報収集や準備をわたしが行っていたからです。シャプラニールの活動内容を知る貴重な機会となりました。

 

その中で、ベンガル語の翻訳をしました。大学1年生の時から勉強していたものの、学校外で使う機会は皆無でした。もっと生きたベンガル語を学びたいと思っていた私には願ってもないチャンスでした。

 

短い動画インタビューでしたが速くて聴き取れなかったり知らない単語があったりと苦戦しながらの翻訳でした。なんとか訳を終わらせて元ダッカ事務所長の藤﨑さんに確認してもらうと、できていたりできてなかったり…。大学の外でネイティブのベンガル語を聞いたのは、2年生の夏にバングラデシュを訪れた時以来です。もっと勉強しないといけないなと感じると同時に、簡単な単語にはまだ耳が追いついていることに少し安心しました(笑)

 

短い動画なのでお時間ありましたらぜひご覧ください!

 

・私は働く13歳―家事使用人の少女 サディアちゃん

https://readyfor.jp/projects/girls_education/announcements/47179

・少女たちの将来を支えるヘルプセンターのスタッフ

https://readyfor.jp/projects/girls_education/announcements/46676

 

文章をまとめることが最近のメインの仕事ではありますが、それ以上に得るものが多く、大学ともバイトとも今までのインターンとも違う、また別のわくわく感があります。小さいことの積み重ねが大事だと思うことが増えました。私の中の小さな思いの積み重ねが形になって直近の就職活動にも役立つといいなと思っています。

 

とりとめのない文章になってしまったでしょうか。それではまたブログでお会いしましょう。

 

海外活動グループインターン 吉川みのり

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA