遠いを近いに シャプラニール=市民による海外協力の会 Tel: 03-3202-7863 [地図]
 
Facebook
Twitter
YouTube

バングラデシュ、ネパール洪水緊急救援活動を開始します

0

2016年7月上旬から8月にかけてバングラデシュ北部・南部、ネパール、インド東北部の地域にモンスーンによる大雨が続き、大規模な洪水が発生しました。
これを受けてシャプラニールでは、洪水発生直後から情報収集を始め、バングラデシュとネパールで緊急救援活動を開始することを決定しました。

■現地の被害状況
【バングラデシュ】
北部では50万世帯が被災し、260万人が家屋流出、浸水などの被害を受けています。シャプラニールが「家事使用人の少女たちに素敵な未来をキャンペーン」で少女たちを家事使用人として送り出さないよう、啓発番組を放送しているクリグラム県チルマリ郡では、住民の75%にあたる9万5千人が被災し、家や家財が流されたり、浸水した家屋での生活を強いられています。飲料水や食料の確保が難しく、それに伴い衛生面の問題も発生していますが、必要な支援が届いていない状況であると報告が入っています。
【ネパール】
シャプラニールの「洪水に強い地域づくりプロジェクト」活動地であるネパール南部のチトワン郡で洪水が発生しています。鉄砲水によって家屋や田畑が土砂で覆われる被害が出ており、人々の生活は大変厳しい状況になっています。

■支援内容
【バングラデシュ】
1.支援地域:バングラデシュ北西部 クリグラム県チルマリ郡
2.活動内容:
(1)食料配布…2,000世帯(家屋損壊の貧困世帯、障害者、寡婦、妊婦や乳幼児のいる世帯など)へ各戸1週間分の食料(約1,500円分)を配布。
(2)啓発番組放送…ラジオ番組で「洪水での被災を理由に少女を家事使用人として送り出さないよう訴えるメッセージ」を発信。
3.実施方法:RDRS Bangladeshという現地NGOと協働して実施。
【ネパール】
1.支援地域:ネパール南部 チトワン郡
2.活動内容:盛土により簡易堤防を建設し、河川氾濫の拡大を防止。
3.実施方法:RRN(Rural Reconstruction Nepal)という現地NGOと協働して実施。

バングラデシュで屋根の上に避難する人や小舟の上で煮炊きをする人々

▲バングラデシュ、屋根の上に避難する人や小舟の上で煮炊きをする人々

ネパール、鉄砲水で損壊した橋と通学する子どもたち

▲ネパール、鉄砲水で損壊した橋と通学する子どもたち

 

私たちシャプラニールは、バングラデシュで44年間、ネパールで20年間活動してきた中で、洪水など大規模な自然災害時の緊急救援・復興支援活動に取り組んできました。バングラデシュとネパールの人々の暮らしをよくするために活動してきた経験を活かし、一刻も早く救援活動を開始できるよう、準備を進めています。
今後も現地の状況がわかり次第、シャプラニールのウェブサイトでお伝えして行きます。

なお、シャプラニールは緊急救援が専門ではありませんので、この支援活動は最も急を要すると思われる数週間程度にとどめる予定です。緊急救援への支援募金は行っておりませんのでご了承ください。

また、洪水緊急救援に限らず、シャプラニールのすべての活動をご支援いただける方は、こちらからご寄付をお願いいたします。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA