「ストップ!児童労働キャンペーン2013」(6/1-30)に賛同しています

0
国際協力NGOシャプラニールは、「ストップ!児童労働キャンペーン2013」に賛同し、以下の取り組みを行います。
・草の根&参加型のアクション「ひとはたあげよう」の呼びかけ
・キャンペーン期間中の講演会の開催
ぜひ、ご協力・ご参加ください。
●「ストップ!児童労働キャンペーン2013」
児童労働のない世界を目指して、1.児童労働について知っている人が増える 2.児童労働解決のために市民が行動を起こす 3.日本政府による児童労働撤廃に向けた取り組みが強化・促進される ことを目的としています。キャンペーンは、NGO/労働組合/個人による「児童労働ネットワーク(CL-Net)」が主催しています。キャンペーンに賛同する多くの団体・企業が参加し、実施しています。
●「ひとはたあげよう」 とは?
banner-CLNet2013.jpg
「ストップ!児童労働」の旗と一緒に写真を撮って身近な人と児童労働について話すきっかけを作ろうという、草の根&参加型のアクションです。
6月12日は児童労働反対世界デー。
2億1500万人の、大人のように働かされ、教育の機会を奪われている子どもたちの存在を、日本でもより多くの人に知ってもらうために、みんなで旗をあげましょう!
6月のキャンペーン期間中に、旗をお弁当など食べものに立てたり、ペットや人、風景など「ぱっと目を惹く素敵ななにか」と一緒に撮影してフェイスブック公式ページに投稿してください。集めた写真は国際機関(ILOなど)に提出します。
ちらし(はた)ダウンロード
「ストップ!児童労働キャンペーン2013」公式フェイスブックページ
●児童労働とシャプラニール
当会は、バングラデシュとネパールで児童労働への取り組みを行っています。バングラデシュでは、ダッカとチッタゴンで家事使用人として働く少女たちの支援を、ネパールでは、カトマンズ盆地でレストランで働く子どもたち支援を行っています。
家事使用人として働く少女たちの支援(バングラデシュ)
カトマンズ盆地でレストランで働く子どもたち支援(ネパール)
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA