《コラム》おしくらまんじゅう、がぁがぁがぁ

0

foto_vol291

洪水防災の支援活動を実施している、ネパール南部の平野に位置するチトワン郡は国立公園があり、象やトラなどが生息しているため暑いイメージを持つ人が多い地域です。

しかし、冬は午前中、霧で真っ白となり寒さがこたえます。アヒルも陽の当たる場所で身を寄せ合っていました。アヒル料理はネパール平野部に暮らすタルーの人たちの食文化の一つです。

ネパール事務所長 勝井裕美
この情報は会報「南の風」291号(2021年3月発行)に掲載しました。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA