帰国報告会2018「ラジオで変える、バングラデシュで働く少女の未来」を終えて

0
こんにちは!東京事務局の野口です。
段々と寒さを感じる日が多くなってきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
さて、シャプラニールでは10月下旬より約1か月間、バングラデシュで1年間駐在員として勤めた猪瀬絢子職員の帰国報告会を福島から和歌山にかけて、計5箇所で講演を行いました。
今回は「ラジオで変える、バングラデシュで働く少女の未来」と題し、猪瀬駐在員より「家事使用人として働く少女たち」を取り巻く社会環境や現状、また、啓発活動の一つであるコミュニティラジオを通した児童労働問題への取り組みによる、ラジオのリスナーやラジオ局のスタッフに起きた変化などをお話ししました。
約1か月間に及んだ本イベントでは、たくさんの出会いがありました。
シャプラニールの前身であるHBC(ヘルプ・バングラデシュ・コミティ)の時から関わってくださり、会報や掲載記事を集めて大切にしてくださっている方。バングラデシュに熱い思いがある方、児童労働の問題に興味がある方、など、どの会場も暖かい雰囲気に包まれ、私自身も多くの学びや気づきを得ることができました。
また、各会場では講演の後にカレーを食べながらの交流会を行ったり、キッズスペースを設けたりと参加者のみなさまにより参加しやすく楽しんでいただけるよう、工夫いたしました!
和歌山での報告会の様子

和歌山での帰国報告会の様子

最後に、今回の帰国報告会開催にあたって多大なご協力をしてくださった受け入れ先の皆様をはじめ、ご協力いただいた全ての方々にこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

クラフトリンク グループ 野口

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA