【職員インタビュー】国内活動グループ 上嶋佑紀

0

こんにちは。海外活動グループインターンの辻です。

今回は国内活動グループ上嶋さんにお話を聞きました。

いつもクールな上嶋さんが仕事に対する熱い思いを語ってくださいました。


シャプラニールは偶然知って入職。5年目の今は仕事にとてもやりがいを感じている。

林:それではまず経歴について教えてください。

上嶋:大学では国際関係を専攻して勉強していました。そのあと保険会社、リサイクル関係の会社で働いた後に、シャプラニールに入職しました。

林:シャプラニールはどのように知ったのですか?

上嶋:職探しをしていて、たまたまシャプラニールの求人を見つけたんです。それまでシャプラニールのことは全く知りませんでした。そのときはNGOで働くのってなんかカッコいいなというくらいの軽い気持ちで入職したんですが。実際にシャプラニールで働くと、本当に仕事が面白くて。日々やりがいを感じながら働いています。

林:シャプラニールに入ってからはどんな仕事をされているのですか?

上嶋:ファンドレイジングプログラムの一つであるステナイ生活=物品寄付の担当をしています。それに加えて、企業との連携窓口・渉外も担当しています。とにかくいろんな人と会って話しをする機会が多いですね。リサイクルの会社で働いていたので、ステナイ生活の活動にも役立っています。

IMG_8971 (640x424)

周りは皆ライバル。自分にしかできない伝え方で、共感を生み出していきたい。

林:仕事をする上で心がけていることはありますか?

上嶋:責任を持つことと覚悟を決めて仕事をすることです。立てた目標は必ず達成する。達成しないと自分が働いている意味がないというくらいの緊張感を持つようにしています。特にファンドレイジングの仕事をするようになって、目標達成の意識は強くなりましたね。もちろん数字だけにとらわれないように気を付けていますが。常にプロフェッショナルの意識を持って仕事をしたいです。

それとシャプラニールの職員は全員ライバルだと思っています。個人を磨いていくことは、チームの成長にも繋がるので。どんな場面でも負けたくないとは思いますね。同時に必要なときは協力し合うことも重要です。

林:目標を達成するため、どんなことを実践していますか?

上嶋:「共感」を大事にしています。どうやって人の心にアプローチすれば共感を生み出すことができるのか、常に考えながら働いています。

残念ながら、どの相手にもこれでいいという万能な答えというものは存在しません。話す相手や状況によって話す内容は変わります。話していて、相手に全く響いていないなと感じることもよくありますよ。難しいなと思いますし、失敗もしますが、だからこそ面白い。自分が接した方々からお手紙やメールを頂くと、嬉しいですね。

あとは、どんな人でもなるべく機械的な繋がりにならないように、人と人との繋がりを大事にしています。寄付と一緒にお手紙を頂いたら、手書きでコメントをつけたり、機会があれば直接お話したり…。支援していただくのだから、誠心誠意返したい。どうしたら「シャプラニールに寄付してよかった」と感じていただけるのかを考えています。

林:いままで失敗したことはありますか?

上嶋:失敗はよくするんです。(笑)講演の時にデータを忘れたり、資料を忘れたり…。これは決して褒められた話ではないですが、この前自分が講演をするときにリハーサルをせずにいったことがあります。そうしたら思ったより考えてきた内容が短く、講演時間の半分で話し終わってしまって。「どうしよう」とすごく焦りましたね。今までやってきたことを総動員し、なんとか乗り切りました。準備を怠ったことは反省すべきですが、過去にいろんなところで講演や研修をやってきた経験が活きたなと感じました。

林:これからの目標はありますか?

上嶋:チームシャプラの一員として、みんなで力を合わせて共感の輪を広げていきたいです。

林:ありがとうございました。


「失敗もするが面白い」、仕事に真剣に向き合ってきたことを感じさせる言葉でした。

次回はクラフトリンク統括平澤さんのインタビューを掲載予定です。

お楽しみに^^

———
関連情報
・シャプラ流片づけ術のススメ-ステナイ生活始めてみませんか?
https://www.shaplaneer.org/blog/tokyo-office/170427_sutenai/

・私たちにできること
https://www.shaplaneer.org/youcan/

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA