あべこべ Who is the one to give interview?

0

先週のこと。家事使用人として働く少女たちの支援活動を行うYPSA(パートナー団体)で、新しいスタッフの採用をするというので、面接に同席するためチッタゴンに出張した。

I went to Chittagong last week to attend interviews for a project staff of the partner organization, YPSA.

P1010150.JPG

<列車の概観: the train to Chittagong>

片道6時間近くかかる列車を使うことになったので、書類や仕事関係の本を持って行くことにした。同行のダッカ事務所スタッフのサイフルとは通路を挟んで隣通しだったのが、あとからやって来た人との様々な「微調整」があって、彼は斜め前に座っていた。

We took a train from Dhaka to Chittagong which takes about 6 hours. So I brought some documents and a book with me to kill the time.Mr. Saiful, a trustful Dhaka staff, was with me and his seat was originally just next me, but after some negotiation by other passengers, he sit one seat a head of me.  

私の隣に座った若い女性に話しかけられて、仕事のこと、日本の生活について話をした。その後も、今時のバングラデシュの恋愛事情などいろいろ話がはずみ、しばらくしてまた書類を読み始めてしばらくした時のこと。通路を挟んで座っていた年配の女性が私に言葉をかけてきた。

A young Bangladesh woman, who sits next to me started to talk.She finished her master degree in Political Science. So we chatted for a while. Then I went to back to my document reading. An elder women, who sits next to ails questioned me.

女性「あなた、面接しにいくの?」

私「へ?」

女性「あなた、面接のために書類を読んで準備しているの?」

私「・・・」

 Elder woman “Are you going for an interview?” 

Me “???”

Elder woman “Are you preparing yourself for job interview in Chittagong?”

Me “Well…”

彼女は、私が(日本人に顔が良く似ている) チッタゴン丘陵地帯に住む少数民族であり、これからチッタゴンに戻る途中で、就職のために面接を受けるので書類を読んで準備をしていると勘違いしていたのである。

She thought I am from the Chittagong Hill Tract which is bordering with Myanmar. Many ethnic groups reside that area whose faces quite look alike us. So she though I am a job seeker going back home to attend the interview. 

P1010154.JPG

<内部はこんな感じ。冷房効いてました。:Inside of the train (air-conditioned cabin)>

うーん、おしい。チッタゴン、面接は当たっているんだけど、残念ながら私は面接する側で、される側ではないんだなあ。でも、彼女の一言で、これから新しいポジションにつくため面接を受けにチッタゴンに行く自分を想像したら、ちょっとドキドキした。相手の立場になって想像してみるのも悪くない。

Well, it was close but not enough, I guess. I was the interviewer, not interviewee. The last couple of letters make a big different. Then I imagine being a woman who is preparing myself to receive an interview and I became a bit nervous but had fun as well. It’s necessary to put myself in someones shoes so that I will get much insight!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA