海水が飲料水に?

2

今回のサイクロンAilaの被害で、南西沿岸部を今後サイクロン被害から救うには、2つのことにつ
いて対策がされなければ根本的解決にならない、延々と同じこと(サイクロン→高潮被害→緊急救援→救援物資・とくに飲料水が足りない→汚れた水を飲んで下
痢蔓延)が繰り返されるだけ、ということがはっきりわかりました。

その2つとはズバリ、「高潮を防ぐ堤防」と「飲料水確保」です。

5月29日のこのブログに「塩水から簡単に短時間に、大掛かりな装置も使わずに塩を抜く方法があれば、ずいぶん多くの人が助かるのに…。でもそ
んな方法があったら人類はとっくに海水を飲料水にしてますよね。」と書いたんですが、その後「海水淡水化」で検索したら、ドバーっと日本国内の海水淡水化
プラントやら、淡水化装置の情報が出てきました。

Wikipediaの「海水淡水化」の項によると、海水の淡水化で実用化されている方式には「多段フラッシュ」という蒸留法と、逆浸透膜(RO膜)を使って圧力をかける「逆浸透法」ってのがあるそう。そして、この海水淡水化用の逆浸透膜をもっとも多く製造している国は日本であると推定される、と。

知らなかった…こんなに実用化されていたとは。日本のプラントが中東やら地中海やらにどんどん輸出されてるんですね。それに福岡には海水淡水化センター(まみずピア)なんて立派な施設もある。こういう施設がバングラデシュ沿岸部にもあれば…。

そして6月4日の東京新聞にこんな記事が。

海水から飲料水、自然の力で 民活機構など横浜・山下公園で実験

山下公園なんかでやってないで、今すぐバングラデシュに持ってきてシャトキラで実験して!と叫びそうです。この移動式ってのがいいじゃないですか。
でも高いんだろうなあー。それに壊れたらそう簡単には直せないよね、きっと。でもこれ実用化されたらほんとに助かりますよ。1日1500人分の飲料水が作
れたらたいしたものです。シャプラニールに1台もらえませんかね…。

今日のDaily StarにもBUET(バングラデシュ工科大学)の先生がこんな記事を書いていました。

Ailaによる破壊への対処

この記事でとくに私が目を止めたのは、「政府は塩水を淡水化する装置を災害対策として導入すべきだ」という部分。私は全然知らなかったんですが、

「2004年のインド洋津波被害の際、インドのタミール・ナド州では飲料水源が高潮のため汚染された。その際、タミール・ナド州政府の要請に応え、
Tata Projects Ltd.が1時間に3500リットルの水がつくれる移動式の塩水淡水化装置を設置した。この装置は今も活用されている」

んだそう。で、

「食糧・災害対策省(バングラデシュで災害対策を担当する省)はディーゼルエンジンで動くこういう装置を沿岸部に設置すべきだ」

と。…賛成!救援のたびに毎回ミネラルウォーターを運んだって、全然需要に足りないし非効率でナンセンスだ。インドでTataが作ってるなら、日本やアメリカ製のを買うよりずっと価格もお手ごろなはず。それを買えないものかバングラデシュ政府よ。

中東ではもっと大掛かりな塩水淡水化装置が使われているそうですが、それは蒸留法が多いそう。これには多大な電力が必要だからバングラデシュには適
さないでしょう、ですと。その通りですね。バングラデシュでもっともこいういう装置を必要としている地域はほとんど電気通ってないですしね。

このBUETの先生の記事、もうひとつ気になることが書いてありました。曰く、南西沿岸部シャトキラ付近で堤防が壊れやすくなっている理由のひとつは、エビの養殖のために塩水を引く無数のプラスチックのパイプが堤防を通っていたからだ、と。

約20年前から始まり、南西沿岸部で拡大しつつあるブラックタイガーなどのエビの養殖は、バングラデシュの貴重な外貨収入源のひとつですが、土壌や水の塩害とそれによる生態系の破壊という深刻な影響を地域に及ぼしています。

サイクロン、塩害、エビの養殖…バングラデシュ南西部の人々の生活向上について考えていると、「水」をめぐって繋がっている様々な問題の連鎖がみえてきます。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

2件のコメント

  1. ハッピージュンコ on

    本当にお久し振りですね。でも、お元気そうで良かったです。写真を
    見る限り何だかお若くなったようです。
    ところで、バングラの現状は大変ですね。水の事が一番差し迫った事でシャプラとしても何とかしなけらばと思われる気持ちもわかります。飲める水を少しでも多く。日本国内で実践されている所に協力を自家談判されてはいかがですか?。来る27日の総会で今後の活動議案として提案される事も一つの案かとも思います。でも、この考えはあくまでも二案であって、藤岡さんの言われるとおり原則的にはバングラデッシュ政府自身が考えるべき事なのですね。本当にNGO活動と言うものは判断が難しく、どこまでが相手にとってベストな支援なのか、実際に現地を見た経験から何度も考えさせられました。勿論今も進行形です。同じ人間なのに住む環境によって左右される生き様は・・・・?
    それでも、現地で汗を流して最善を尽くされている藤岡さんを始めスタッフの皆さん、雨季の時期です健康に留意されて”取り残される人々”をより少なくするための努力をお願い致します

  2. ふじおか on

    ハッピージュンコさん、
    お久しぶりです!ジュンコさんもお元気ですか?ウェブサイトがリニューアルして、コメント機能も復活しました!
    サイクロン被災地での水対策、今後の活動に向けて今いろいろ考えているところです。ただ大規模な淡水化プラントをつくるような仕事は私たちレベルには難しいので、まずはサイクロンがきても高潮の水が池に入らないように池の周囲の土手を高く盛り土するとか、池につけた浄水装置のメンテナンス(けっこう面倒で費用もかかる)を地域の人たちが自分たちでできるような仕組みを一緒に考えて定着させていく、とか、そういったところからかなあ、と考えています。
    逆浸透膜を使った浄水器などは実はバングラデシュでも作られているらしく、こちらにいらっしゃる企業の方からカタログをいただきました。ビジネスの世界では当たり前の技術が、緊急救援などに利用されるようになるまでにはどうも時間のギャップがありますね。これについてはまたあらためて。

コメント

CAPTCHA