ようやくあだ名がつきました

4

ずいぶん更新が滞ってしまってすみませんでしたm(_ _;)m。

9月下旬のスタディツアーが終わった頃から事務書で契約しているQUBEEのモデムが不調で
ネットにアクセス出来ない日が続きまして…(言い訳ですね、ハイ、認識しております)。
実はこの12月にもスタディツアーを予定しておりまして、その下見のために
チッタゴンで活動するパートナー団体「YPSA」を訪問してきました。
(ということで12月のスタディツアーではチッタゴンに行きます!
車窓の旅もありますので興味のある方は是非ご参加を~)
何ヶ所か活動現場を視察し、家事使用人として働く少女たちの支援センターを
訪問したときのこと。ひと通りその日のプログラムが終わってそろそろ少女たちも
帰宅しようかという時間帯になり、元気におしゃべりしている少女の一人が
話しかけて来ました。
少女 「この間カチャモリチさんがここに来たんだよ!知ってる?」
私 「何とな?カチャモリチ(=青唐辛子)さん?それは日本人?」
少女 「そうだよ。あなたも日本人でしょ?知らない?」
私 「ん~知らないなぁ(謎かけか何かかな?)」
と困惑しているところへYPSAのマネージャーが助け舟。
マネージャー 「森さんという方がいらしたんですよ。それで”カチャモリチさん”(笑)」
私 「あ~なるほど。んじゃ”スガハラ”だとどうなるの?」
少女 「シンガラ!!」
一同 「(爆笑)」
ちなみにこういう感じのスナックです。シンガラ。
singara.jpg
考えること0.2秒。即答でしたね。なかなか頭の回転の早い子です。
赴任して1年半も経つけど、それは思いつかなかったなぁ。
でも確かに響きは似てるし、ベンガル人なら一度聞いたら絶対に忘れない。
自己紹介には重宝しそうだ。もう少し早く君に会いたかったぞ。
そして別れ際。
少女たち 「今度来るときはシンガラ持ってきてね~、シンガラさん」
はいはい(笑)。また12月に会いましょうね。
RIMG2599.jpg
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

4件のコメント

  1. 山田国枝 on

    シンガラさん、かわいい少女たちですね。
    twitterでバングラデシュで2013年に原発建設の記事を見たのですが、バングラデシュではどんな反応ですか?

  2. すがはら on

    >山田さん
    はい、シンガラです(笑)。
    バ国の原発建設はこちらでも新聞の一面に取り上げられていました。ただロシアと契約することになったものの、完成までの具体的なタイムラインはまだ示されていないと記憶しています。
    昨年末にかけては東電の方がバ国に来られ、この国での原発建設に向けたマスタープランを作成するなどして当局に売り込んでおられたんですが、最終的にはロシアが受注競争に勝ったということですね。
    原発に対するバングラデシュ人の反応は、主観ですが+/-ともにそれほど大きくない印象です。日本での災害から怖さを感じている人、もっと慎重に検討すべきではないかという人、停電が解消するならと前向きに考える人、それぞれです。ただ日本のように議論百出という感じではありません。
    それほど停電ぶりがひどいと言えるのかもしれませんが、放射能の怖さが日本人が感じるように正しく伝わっていないのかな…。でも震災直後は「バ国にも放射能が来る」といった流言飛語が流布していたほどですから、怖れを感じていないはずはないんですよね…。
    うがった見方をすると、そういう情報が国民に伝わることを望まない人たちが何らかの情報操作をしているのかな?まったく根拠はありませんが。
    個人的には再生可能エネルギーを活用した多数の小規模プラントによる「多極」を前提にエネルギー政策を設計した方がこの国の実情に即しているし効率的だと思うのですケド…。なかなかそういう風には行かないみたいです。

  3. 団長 近藤里美 on

    菅原さん(そうそう、あだ名はシンドラさんでしたね!)
    楽しい報告を掲載いただきまして、ありがとうございます。
    早速、参加メンバーに、『ブログに掲載してもらったよ!』報告を
    入れました。
    これからもスタディツアーに参加されるみなさまに、今回の参加経験を踏まえて、少しお伝えできればと思い、コメントを書かせていただきます。
    ①ガン見されますよ!
    参加メンバーが一番はじめに驚き、緊張し、とまどったのが、バングラのみなさまから、どこに行っても“瞬きもせず”“じっと”見つめられること。
    藤崎所長から、「ニコッと笑って手を振れば大丈夫」と教えられるまでは対処に戸惑いました。
    ②バングラの交通事情は理解不能!?
    ダッカに限らず、ジャマルプールでもどこでもでしたが、少しでも隙間を見つけるとすかさず突っ込む、ものすごいアグレッシブな運転をされます。クラクションは鳴りっぱなし…。
    一応、車線は存在するようですが、3車線に横5台がひしめく、ものすごい大渋滞。信号と横断歩道が整備され、守られた「歩行者」経験しかない私たちには、絶対に横断できない道路事情。
    隣のバスがすれすれで行き交うスリルを存分に味わえます!
    ③サロワカミューズは偉大!!
    女性の参加メンバーは、現地の衣装「サロワカミューズ」に超感動!バングラの気候にマッチしているだけでなく、着心地はいいし、体系も隠れて、とっても便利!
    しかし、あまりにゆったりと着用できるため、現地に馴染みすぎ、カレーが大好きになったメンバーからは、帰国時のジーンズが入らない!?という声も…。くれぐれもご注意ください。
    ④やはり、ポ○リに限ります。
    下痢らーずの隊長が力説しておりました。
    某アクエ○○○では、水分補給がイマイチだそうで、下痢に苦しめられた隊長の『ここぞ!』という時の水分補給には、あくまでもポ○リだったようです。(さすが、大○製薬!!)
    いずれにいたしましても、団員一同、とっても楽しいスタディツアーとなりました。
    これから、バングラに訪れるみなさま、日に日に成長しているバングラで、活気と熱気を体感ください!

  4. すがはら on

    >近藤さん
    団長のおつとめお疲れさまでした。何名かは下痢ラーズに入団されたものの、今回も皆さん無事に元気に帰国して頂けて私もほっとしました。それから経験共有もありがとうございます。
    サロワカミューズのカミューズ(下衣が”サロワ”上衣が”カミューズ”)は、チュニック的に着こなしてジーンズなどと合わせることもできるので、是非トライしてみてくださいね。あ、もちろんもう一回バングラに来て着用して頂けるとなお良しです(笑)

コメント

CAPTCHA