賊は涼しい夜を狙う

0

それはちょうど1週間前、3月29日のこと。夕方5時半ごろからダッカでは約5ヶ月ぶりに大雨が降りました。激しい雷と叩きつけるような雨はなかなか止まず、バチバチと音を立てて大粒の雹も降りました。ちょうど仕事を終えて人々が帰宅する時間だったので多くの人が足止めを食いましたが、それでもなんとか皆が雨の中家に帰りつく頃、ダッカの町は早くから人通りが少なくなりました。大雨と雹が降った後なので、ホコリも洗い流され、空気はすーっと涼しくなりました。
その夜、午前3時ごろ。私が住むラルマティア地区の7階建てフラットの駐車場に、塀を乗り越えて5-6人の賊が押し入り、6台の車からスティアリングやカーステレオなどのパーツを盗んで立ち去りました。ガードマンの手首を縛り、口にテープを貼ってナイフで脅しての犯行でした。
朝になって犯行が明らかになり、フラット住民は大騒ぎ。脅されて縮こまっていたガードマンは賊の手引きをしたと疑われて泣きの涙で弁解。車のパーツを盗まれる事件はダッカでは珍しくもないこととはいえ、さすがに集団犯に6台いっぺんにやられることはそうそうなかったようで、うちのフラットは不名誉にもテレビニュースにまで出てしまったのでした。
狙われた車は新車や高価な車ばかり。私は自分の車は持っていないので(持ってたとしてもボロ車だったでしょう)被害はありませんでしたが、後から大家さんの妹(国際航空会社勤務・30代後半)の4ヶ月前に買ったばかりの新車も被害に遭ったと聞きました。保険に入っていたので修理費は出るそうですが、ピッカピカのブラン・ニュー・カーだっただけに一家で大ショックだったそう。
ふむ、それにしても...と私は思ったのですが、暑さが和らぎすーっと涼しくなって人々がぐっすり寝入っている夜を狙う、というのは盗みの王道ですな。私の愛読書・鬼平犯科帳にも、盗人の秘伝の書きつけに、「一、家やしきへ忍び入るには、やしき内の人のねむりふかければもっともよし。(中略)夏去らむとして冷気きたるころこそ、つとめばたらきにはもっともよし。」などとあったりするんですが、これって時代と場所を越えて共通なのね。さらに言えば、「人を殺傷せず、証拠を残さず、朝まで気付かれず、盗られて困らぬ人から盗る」というのは、かなり「本格の盗人」と言えましょう。感心している場合じゃないですが...。賊らは下見もしていたに違いありません。夕方のあの大雨の最中から、「よし、狙うなら今夜だぜ」「おう」などと示し合わせていたのでしょうか。
我がフラットではその後、多少セキュリティも厳しくなり、夜はガードマンが二人になったようです。フラットの自治会長の話によれば、賊に乗り越えられた塀とフラットの間の隙間も金属の柵で埋めるそう。
今回は自分の住むフラットとはいえ、被害にあったのは「他人さまの車」のみで怪我人もなかったので余裕でブログに書いたりしてますが、これがもし事務所でウチの会のだいじな車をやられてたりしたら、逆上して「おのれにっくき賊めが!」などとわめいていたことでしょう。
うちの事務所にはタイガー2号という、夜よく吠えて近所から苦情が来るわ、飛びついて言うことを聞かぬわ、というちょっとおバカな犬がいるんですが、事務所のガードマンがうちのフラットの事件の話を聞いて、「夜タイガーがいることでどれだけ心強いか」と真剣に言ってました。そっかタイガーもあれでちゃんと役に立っていたんだね。
ダッカ在住の皆さま、暑い日々の合間に急にすーっと涼しくなった夜は要注意です。鍵をしっかり二重にかけましょう。いい車をお持ちの方はとくにお気をつけて。
P1000376.jpg
タイガー2号。とろいクセに屋根の上が好き。一度落ちて腰を打った。おバカな子だねほんとに。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA