アワミ連盟圧勝

2

バングラデシュ総選挙の開票結果が発表されました。結果はアワミ連盟率いるグランド・アライアンスの圧勝。bdnews24.comの速報によると、299議席中、グランド・アライアンス262議席、BNP率いる4党アライアンスが32議席、その他の独立政党が5議席を獲得。アワミ連盟は単独で230議席、なんと約77%を占めるという圧倒的な勝利です。
昨夜わりと早い時点からアワミが優勢、というのは伝えられていて、昨夜のうちにアワミ連盟党首のシェイク・ハシナが「正式な結果が出るまで勝利のラリーなどは控えるように」と支持者に呼びかけるような状況でした。
朝事務所に来てうちのスタッフたちと話をすると、手放しで喜んでいるスタッフもいる一方で、「アワミが勝つだろうとは思ったが、ここまで圧勝になるとは予測していなかった。アワミの独裁状態にならないよう、BNPが100議席ぐらいとるとバランスがよかったのだが…」といった意見も。たしかにね。
今回の選挙は、投票者IDカードを持っているのに投票所に行ったらリストに名前がなかった、といった問題は多少発生したものの、全体的にはこれまでになくフェアに行われた、というのがすでに公の認識。BNPもこの結果について異議の唱えようがないでしょう。個別にみると前財務大臣のサイフル・ラーマンが議席を失い、シレットでBNPの議席がひとつもなくなったり、アライアンスを組んだイスラム政党、ジャマテ・イスラミのトップ3人が負けるなど、4党連合は本当にボロボロでした。
圧勝したアワミ連盟がこれからどんな政治をするのか。汚職は少しでも減るのか。マニフェストで唱えた約束ごとは本当に実現するのか。それにバングラデシュの未来がかかっています。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

2件のコメント

  1. ハッピ―ジュンコ on

    アワミ連盟の勝利、本当に良かったですね。それも77%の高成績で素晴らしい。我が家の30日の新聞には”政治的混乱に終止符か”と言う見出しで記事があり、とても気になっていました。AL党がこれからどれだけの力量で民主的な政治を実行できるか、その力を信じたい物ですが。なかなかドロドロとした腐敗政治を綺麗で平等かつ平和なものへと切り替えることは大変でしょうが、国の舵取りとなった以上はやっていただきたいものです。 
     ラリ バングラ バングラデッシュ 
     ラリ バングラ バングラデッシュ 
     私はこの歌が大好きです
    藤岡さん、たくさんの情報をありがとうございました。どうぞ良いお年をお迎えください
    そして、来る牛年もよろしく

  2. ふじおか on

    ハッピージュンコさん、
    2008年もはや最後の日になりましたね。今年も1年お世話になりました。
    アワミ連盟が圧勝してよかったかどうかは今後のアワミの政治にかかってますね。多くの人はこの結果に喜んではいますが、アワミが公約として掲げたことを実現するのはそう簡単ではないので、2年、3年たって約束が全然果たされそうになかったら人々の心は離れてしまうかもしれません。よい方向へ向かってほしいですが…。
    来年もよろしくお願いいたします。

コメント

CAPTCHA