ムンバイ炎上―ニュース番組への視聴者メッセージ

10

出張で今日からインドのコルカタに来ています。ムンバイでの同時多発テロはインド独立以来最悪と言われるような悲惨なものになってしまいました。今もゲストハウスの部屋でテレビに貼りついてニュースを見ているんですが、これらの番組ではBREAKING NEWSのサインと共に“War on Mumbai”“India’s 9/11”といった見出しが出て、ムンバイからのLIVE映像を前に様々な専門家やジャーナリストが今回のテロについて口から泡を飛ばす勢いで論じ合っています。
現地時間の27日夜10時半現在、確認された死者は125名、すでにタージマハルホテルにいたテロリストは全員が死亡するか捕らえられ、残っていた人質の人たちは避難したようですが、ホテルの建物からはまだ炎が上がっています。オベロイホテルではまだ30~40人の宿泊客が人質にとられており、人質解放のための作戦が続いている模様。警察官はすでに銃撃戦で14人が死亡、テロ対策部隊のチーフも死亡したと伝えられています。
約20人のテロリストがムンバイに潜入していたとみられるということですが、番組によってはこれほどの武器がどうやってムンバイの最大の中心地に持ち込まれたのか、どこからどう入ってきたのか、という分析が始まっています。犯人集団はいくつかのボートに分乗して海から入ってきたという話。
インドのニュース番組はこういった大事件があったとき、視聴者からのメールや電話のメッセージを画面にテロップで流すような工夫をしているものが最近多くなっているようですが、今見ているNDTVの画面に流れている視聴者メッセージにはインドの人々の今の気持ちが現れていて興味深く見ています。「今は非難合戦をしているときではない、皆の気持ちをひとつにしなければ」「政治家たちの日頃の言動は忘れよう。今はテロとの戦いに集中するときだ」「テロリストにインド人の精神をぶち壊されてたまるか」「これは新たな独立戦争だ-テロに打ち勝つための」といった内容がもっとも多くみられます。
分離独立時の暴力から始まり、こういったテロに端を発した宗教間対立の修羅場を数多く経験してきたインドの良識ある市民は、こういった事件がより根深い宗教対立に発展してしまうことをいつも心配しているのだと思います。「この事件を宗教間対立に火を注ぐ新たな機会にしてはならない、そんなことになってはテロリストの思う壺だ」というメッセージも見られます。
セキュリティへの不安・不満を表すメッセージも。「なぜタージマハルホテルやオベロイホテルのようなソフト・ターゲットがこんなに簡単に標的になってしまったのか?」「沿岸警備隊は何をしていたのか?」「もうたくさんだ!私は安心して暮らしたい」–それが多くの普通の市民の本音でしょう。
「政府よ目を覚ませ、インドは輝いてなどいない。苦い内戦の中にあるのだ」「これは世界の新興経済勢力に対する挑戦だ」「インドは本当に新興勢力(Emerging Power)なのか?」というものも。経済の中心地であるムンバイの、それもインド資本による5つ星ホテルであるタージマハルホテルやオベロイホテルは、いわば現代インドの自信のシンボル。とくにタージマハルホテルの特徴ある屋根はニューヨークの貿易センタービル同様、一種のアイコンといってよいかと思います。そこがもろに攻撃を受けた今回の事件で「インドの発展」「新興経済パワー」といったイメージに自ら疑問を投げかけたくなっている人も少なくないのでしょう。とくにムンバイ市民にとっては大きなトラウマになるでしょう。
さて、テレビ画面のムンバイからちょっと離れてコルカタの様子はというと、いたってのんびりしたもので平常どおりです。テレビだけ見ているとインド中が厳戒態勢にあるのか、といった気がしてしまいますが、今日コルカタに到着してみて全然そうでないことがわかりました。空港の警官の数も出入口付近に数人座っているだけでこれもいつもと同じだし、町の中でもほとんど警官の姿はありません。やっぱりインドは大きな国で、ムンバイはコルカタからはずいぶんと遠いんだよなーと思います。同じ国だけれどコルカタの人たちにとって今回のテロは全然身近な出来事ではないんだな、という感じです。
もっとも、よくあるパターンだと、テロが一段落したところでコルカタでも共産党政権である西ベンガル州政府与党、もしくは野党の呼びかけにより、「テロへの抗議のゼネスト」などが実施される可能性はあります。そうなったらコルカタっ子たちも「非常時モード」になるのかもしれません。
先ほど39人の人質がオベロイホテルから無事脱出、というテロップが出たのですが、あとで17人に訂正されました。まだ多くの人たちがホテルの中にとらわれているようです。TVニュースの情報も混乱しています。ユダヤ教関連施設が入っているビル、ナリマン・ハウスにもテロリストが立てこもっているとのこと。人質にとられた全ての人々が一刻も早く解放されますように切に祈ります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

10件のコメント

  1. 佐藤文香 on

    昨年、インドへ行ったときに近くをウロウロしたので、びっくりしました・・・・。犠牲になられた方が多数いらっしゃるとのことで本当に悲しいばかりです。
    突然のコメントすみません、年末にバングラへ行きたいなと思っているのですが、延期されていた選挙があるとのことで、情勢が気になり、いろいろ検索していたところ貴HPにたどりつきました。少しでも状況が分かればと思いコメントさせていただきました

  2. ふじおか on

    佐藤さん、
    コメントありがとうございました。バングラデシュは12月29日に総選挙が実施される予定です。選挙前より選挙の結果が出たあとに荒れる可能性大と思っています。年末はできれば避けたほうが無難ではありますね。

  3. 佐藤文香 on

    ありがとうございます!!
    やはりそうですよね・・・・・、
    インドのテロの事件やタイ国際空港の閉鎖等、世界中で悲しい事件が多くて・・・。
    藤岡さんは帰国される予定なのでしょうか?

  4. ふじおか on

    はい、コルバニー・イード休暇を利用して数日後から一時帰国する予定なんですが、帰国の便がバンコク経由のタイ航空なんです。もうチケットも発券しちゃったんですが、その後バンコク空港閉鎖…。一応べつの便もおさえましたが、困っています。早く平常に戻ってほしいです。

  5. 佐藤文香 on

    コルバニー・イード休暇って何ですか!?
    今回はバングラ諦めようかと・・・。
    バンコク空港閉鎖は痛いですよね、ハブ空港ですから((+_+))
    早く平常に戻るよう願うばかりです
    状況は厳しいかと思いますが、気をつけて帰国されてください(^^ゞ

  6. ふじおか on

    コルバニー・イードというのは年に2回あるイスラム教の大祭(イード)のひとつで、神に山羊や牛などを供物として捧げ、その肉を家族や友人などと分け合って食べる習慣があります。生贄にした家畜の肉の三分の一は貧しい人に分け与えることになっています。この日の前後数日は国民の祝日ということでお休みになります。

  7. 佐藤文香 on

    ありがとうございます
    知識不足ですみません、バングラはイスラム教の方が多いんですね・・。コメントに貧しい人に分け与える・・とありますが、皆んなが貧しいというわけではないのですか・・。

  8. 志垣 悠子 on

    はじめまして。来年の2月からコルカタに1ヶ月間ホームステイにいく計画を立てておりました。現状はどうなっているのか探したところ、ここにたどり着きました。
    ホームステイを延期しようか迷っていますが、コルカタの様子は大きな変化は無いようですね。ブログをみて一安心です。
    自分勝手ですが、今ほど平和の大切さと儚さを感じたことはありません。多くの人が幸せであれることを祈るばかりです。
    貴重な情報ありがとうございます。

  9. ふじおか on

    佐藤さん
    バングラデシュはアジアの最貧国というイメージが強いですが、金持ちもいるしミドルクラスもいます。このところ経済成長も目覚しいです。持てる層と持てない層の格差は広がっている気がしますが。
    志垣さん
    たどり着いていただきありがとうございます!コルカタは今のところ平穏で、政治の中心デリー、経済の中心ムンバイ、技術の中心バンガロールといった都市に比べるとターゲットになる可能性は低いかな、とは思いますが、大都市のひとつですので油断は禁物です。今朝の新聞記事に「インドで航空機テロ情報 全土の空港で警戒強化」とあって嫌な感じです。年末にかけてまた何か起こらないとよいのですが…。2月のホームステイは悩ましいところですね。コルカタのホームステイ先では問題ないでしょうけど、空港や駅が狙われるとなるとリスクはあります。ハウラー駅など歴史ある大きな駅ですし…。インドのニュースをしばらく注視されることをお勧めします。

  10. 佐藤文香 on

    持てる層と持てない層の格差・・・、世界中がそうなのでしょうね・・。インドへ行ったことがありますが、まさにそれを感じました(;_:)
    その後情勢はどうですか?

コメント

CAPTCHA