ポイラ高齢者の集い

7

10月1日は国際高齢者デー(International Day of Older Persons)。シャプラニールはマニックゴンジ県で活動するパートナー団体、STEPと協働して、3年ほど前から毎年この日にちなんで高齢者の集いを開催しています。今年は10月前半にイスラム教のイード休みやヒンドゥー教のドゥルガー・プジャ休みが続いたので、ちょっと遅れて10月20日の開催となりました。
P1000951.jpg
写真はポイラ事務所の庭にテントを張った会場に集まったお年寄りたち。150人ぐらいはいたでしょうか。前のほうに女性たち、後ろのほうに男性たちが座っています。おばあちゃん優勢。
P1000952.jpg
P1000974.jpg
ポイラ事務所近くのテロスリー村の少女グループのメンバーも、お年寄りに「国際高齢者デー STEP高齢者集会」と書かれたキャップをかぶせてあげたり、参加者名簿をつくったり、ボランティアとして甲斐甲斐しくお手伝い。
P1000960.jpg
集いはまず、「国際高齢者デー」と書かれた垂れ幕を持っての行進からスタート。ポイラ事務所から近所のテロスリー小学校までの短い距離の往復ですが、数十人のお年寄りが参加しました。この日は日中の最高気温が30度を超える暑さだったので、お年寄りにはなかなか厳しいものがありましたが、参加した人は楽しんでいたようです。歩くのがしんどい人は会場でお留守番。
P1000985.jpg
行進終了後は会場の前方に用意したマイクの前に披露したい芸がある人、話したいことがある人が次々と出てきて、文化プログラム開始。
P1000990.jpg
ハルモニウムを弾きながら自慢の喉を披露する人あり…
P1000981.jpg
訥々と語るおばあちゃんあり…
P1000999.jpg
昔、村芝居で鳴らしたというおじいさん二人による、迫力あるチャンバラ・シーンの披露あり…
ということで皆さんなかなか芸達者。その後、10数える間に短い紐を使っていくつ結び目をつくれるか?などというゲームも行われたりして、これら文化プログラムの参加者には賞品のコップが渡されました。
この集会には来賓として地域のエリートも参加。郡の行政のトップであるUNO(郡令)や郡の警察のトップなども訪れて参加者に挨拶しました。最近ギオール郡に配属されたUNOとは初めてお会いしましたが、彼は「皆さんを目の前にすると、故郷に残してきた老いた両親を思い出し、すぐにでも休みをとって故郷に帰りたい気持ちになります」とスピーチ。もったいぶったカタイ挨拶をする役人が多い中、なかなかハートのある人だな、と思いました。
P1010033.jpg
その後、参加者のうちとくに足が悪くて貧しい20人のお年寄りに杖の贈呈。写真で贈呈しているのは、そのハートのあるUNO氏です。
この杖の贈呈が終わるか終わらないうちから、なんとなく会場はざわざわ。立ち上がって事務所の建物内に移動する人たちが目立ちます。
P1010040.jpg
それはお医者さんが到着し、事務所の中で無料の健康診断が始まったため。時間もマンパワーも限りがあるので、簡単な診療と基本的な薬の処方しかできませんが、これを一番の目当てに来る人も多いのです。
P1010046.jpg
杖の贈呈が終わるとちょうどお昼。椅子を取り払い、ジュートの敷物の上に皆並んで座って、一緒にお昼ご飯です。この日のメニューはチキンカレーとじゃがいものカレー、そしてダール豆のスープ。200人分の昼食はポイラ事務所の調理スタッフ、ユスフが2人のアシスタントを使って朝の4時からがんばって用意したもの。
P1010048.jpg
ごく基本的なメニューではありましたが、味はなかなかのもので、来賓にも、参加したお年寄りたちにも好評でした。
朝10時過ぎから始まった集いは2時半ごろにはお開きとなり、その後、STEPが今年から行っている高齢者への巡回訪問の対象者2人を訪ねました。これまでは年に1度の高齢者集会を行うだけだったのですが、農村のお年寄りの困窮状態をみるにつけ、高齢者のための活動の必要性を感じ、今年から試験的に開始したものです。1年目は事務所から比較的近くに住んでいて困窮度合いが大きく、家族がいるお年寄り20人を選んで、STEPのスタッフが毎月家庭訪問しています。「家族がいるお年寄り」をまず選んだのは、STEPがお年寄りに直接サービス提供するというより、家族や地域の人々に働きかけてお年寄りの状況をよくしていく、というアプローチをとろうとしているからです。
この日訪問したのは2人ともバグディというヒンドゥーの被差別カーストのおばあさん。村の中でもとくに貧しいバグディであることに加え、高齢であること、夫に先立たれた「未亡人」であることで、さらに弱い立場におかれている人たちです。この村でもっとも弱い立場にある人、といってもいいかもしれません。
P1010054.jpg
最初に訪ねたクムディニさんは体調を崩して横になっていました。STEPのスタッフのシリンが「今日の集会に来てなかったから心配したのよ。でも今日は暑かったし体調が悪かったんなら無理に来ないのが正解だったわよ」と話しかけます。「行きたかったんだけど咳が止まらなくてね…」とクムディニさん。
クムディニさんの食事や身の回りの世話は同じ敷地内に住む次男一家がしています。少し経済状態のよい長男夫婦も同じ敷地の一番いい家に住んでいるのに、クムディニさんには知らんぷりだとか。次男の妻やその娘はクムディニさんをよく手伝っているそうで、夜トイレに行くときも孫娘がつきそっているそうです。トイレは盛り土した家の敷地の外側にあるので、そこに行くには土手をおりていかなければなりません。農村の夜、外は真っ暗です。夜中に用を足すことがお年寄りにとってはどれだけ大変か。
P1010057.jpg
次に訪問したのは同じくバグディのテニバラさん。この日は高齢者の集いでもらった杖を手に、新しいサリーをこざっぱりとまとって笑顔を見せてくれましたが、実は彼女は日頃はクムディニさんよりずっと辛い状況におかれています。
テニバラさんの息子夫婦はテニバラさんを非常に邪険に扱い、母屋の中に同居させず、軒先を囲っただけのスペースに住まわせているのです。実は去年の高齢者集会でもテニバラさんは杖をもらったのですが、その杖は息子が子どもをたたくのに使って折ってしまったとのこと。ひどい話です。
P1010058.jpg
3ヶ月ほど前からSTEPのスタッフが通うようになり、雨漏りし放題のテニバラさんの居場所についてなんとかするうように言い続けたため、かろうじて雨漏り防止のビニールシートが屋根にかけてあります。しかし、これからだんだん寒くなったら大変です。
テニバラさんに「ご飯はちゃんと食べられますか?」と尋ねたら、小さな声で「いいえ。粗相してしまうから食事はたくさんは食べられないの」という答えが返ってきて、胸が詰まりました。手足の指が縮んだように曲がってしまっているテニバラさんはひとりで歩いて用を足しにいくのは困難です。介助してくれる人がないために、サリーの中に排泄してしまうことも多く、そうすると息子夫婦はひどくなじるらしいのです。
母屋の中に入れず、軒先に寝かせているのも、「おもらしをして臭いから」ということなのでしょう。そうなることを恐れて、ろくに食事もとらずに我慢しているテニバラさんは本当に気の毒です。
まだ始まったばかりのSTEPの高齢者訪問ですが、毎月STEPのスタッフが様子を見に来て直接お年寄りと話をし、家族にもお年寄りの生活環境をよくするよう説得していく、という地道な活動の必要性を強く感じました。
それにしてもやっぱり身体の自由がきかないお年寄りにとっても、介助する家族にとっても一番切実なのはトイレですよね…。この地域は洪水常襲地なので、浸水したらますます大変です。大人用紙オムツなんてものはないですし。
ポイラ事務所に戻った後、STEPのスタッフたちと日本とバングラデシュのお年寄りの状況や家族の状況について雑談になりました。「日本では核家族がほとんどなんでしょう。お年寄りの世話は誰がしているの?」という質問にぐっと詰まりました。私も介護が必要な父を母にまかせてバングラデシュに来ているからです。私も、妹も、弟も両親とは同じ家で暮らしていない、と言うと「え、じゃあご両親だけなの?」と目を丸くするので、後ろめたい気持ちになりました。ちょくちょく一時帰国して様子を見に行ってはいるものの、日頃の父の介護は母にまかせっきりですから…。
日本の介護保険やケアマネジャー、デイケアセンターなどのシステムについて話すと、女性スタッフのひとりは「日本はいいねえ。バングラデシュの政府がそんなシステムをつくれるのはいったいいつの日になることか…」とため息。
大家族制度が壊れつつあるといわれるバングラデシュ。高齢者の困難はこれからますます深刻になっていくでしょう。日本に親をおいてバングラデシュくんだりまで来ている私にとっても、いろいろ考えさせられる1日でした。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

7件のコメント

  1. ハッピージュンコ on

     楽しい写真見せてもらいました。バングラの敬老会の様子を初めて知りました。内容的には日本とよく似ていますが垂れ幕を持っての行進とは驚きで、元気な人が多いのでしょうか。その日に健康チェックを無料でするというのも良い事ですね。状況把握のための高齢者宅訪問も今後、より範囲の拡大を望んでいます。私自身が介護職に関わっているので、テニバラさんのように家族から虐待を受けている高齢者は日本でもたくさんいると聞いています。今、その現実をどう解決していけばよいのか深刻な問題になっているのが現状です。家庭訪問をしても、その現場を見ると言う事はなかなか難しいので。制度面で進んでいると思われている日本でもある部分を見れば、まだまだお粗末な状況なのです。
     STEPのスタッフさん、地道なやり方でも素晴らしい活動ですシャプラの支援のもと、くじけずに頑張って欲しいものです。私も毎日お年寄りを笑わせる介護に力を注いでいます。
     藤岡さん、やっぱり写真つきのブログはバングラに行った気分で満足できますね。
        オットント ドンノバ

  2. ふじおか on

    ハッピージュンコさん、早速のコメントありがとうございました。そうでした、ジュンコさんは介護のお仕事をされているんでしたね。高齢者の集い、お年寄りの笑顔がみられて楽しかったです。暑くてしんどそうな人もいましたが…。
    高齢者の集いも、お年寄り宅の家庭訪問も、政府や他のNGOがまったくやっていない仕事なので、STEPが始めた意義は大きいと思っています。まずは20人とわずかな人数が対象ですが、経験を積み上げながら範囲を拡大していくことができればと思います。
    それには親身にお年寄りの話を聞き、家族を説得できる力のあるスタッフがもう2人ぐらいは欲しいところ。ボランティア精神旺盛な地域の少女グループの協力は貴重です。医療機関と連携して、医療サポートももうちょっとちゃんとできたらなあ…と思っています。
    少しずつ、やっていきます。

  3. j、フォキール on

    2枚目の写真の右端の白いサリーの女性は、私の“ナニ”(母方のおばさん?父方?)
    かなー?!
    もしそうだとしたら、彼女は1974年にシャプラがポイラ村に入った時からのメンバーで、
    現中田代表が駐在員時代の1987年(?)のショミティー独立騒動の時の立役者(?!笑い)です。ねっ!中田さん、そうでしょ!?
    バングラに行くと、私はいつも彼女の家に行くんですよ! 息子は大工の棟梁になり、大方は都会(ダッカ)で働き、母と妻子の元に時々帰って来る生活です。いまダッカは建築ラッシュ
    でしょうから、仕事はいっぱいあることでしょう。その内、街に出るのかなー・・・ナニはどうするのかなー・・ナニ親子はヒンドゥー教なので、今のバングラじゃ住み辛く、インドに行くのかなー・・・インドと言ってもコルカタ(カルカッタ)だろうから、あんな大都会じゃー・・・・。
    行く度に無理を言わずとも、黒砂糖で“ムリ”(炒り米)を食べさせてくれるんです。
    1974年からシャプラ(当時はHBC)と共に生きてきて、どんな思いで出席していたの
    でしょうねー・・・。
    写真は拡大できないのですか?
    多分、ここに何人もの知り合いがいるはずです!なんせ私は“フォキール”ですから。。。
    親はふるさとに居て・・・私も同じ身です。UNO氏に会ってみたいですねー!
    シリンも元気な様子、甲状腺肥大は、どうにかできないかなー・・。
    センター所長のションジョイ氏は、11月20日から12月20日まで日本に来て、全国をキャラバンするんですよね?会報No231を見ると、北海道から沖縄まで予定はびっしりですね!
    講演と交流のテーマは何ですか?
    受け入れる各地のみなさん、ぜひとも、みなさんの地域の高齢者のこととポイラ村、いや、バングラデシュの高齢者のこと(=社会・人生)で、お互いの歴史や現状を学び、地球全体の未来への思いや考えを交流させて下さい! 彼はバングラできっとやってくれます!
    そんな人です! 彼(=バングラデシュ)から私たち日本人は多くのことを学ぶことでしょう!
    滞在中の合間に、我が家に来る予定です。近所の特養や知り合いの家、御嶽山にも行こうかな~。
    彼の訪日の前に、とてもタイムリーなブログ記事でした!
    このブログをご覧のみなさん、是非、皆さんの身近なことなどのコメントをお願いします
     m(__)m
    先日の一時帰国報告会の後の16日に、千葉で入院していた姉が亡くなり、今、やっと一段落。今週から役所関係の手続きの開始です。
    経済成長、大家族制度の崩壊、地域(共同体)の崩壊、地方の疲弊、信頼・・・等々
    世界を繋いで下さい!シャプラニール!
    ハッピージュンコさん、藤岡さんは12月に一時帰国されるそうで、藤岡ブログファンで集まりますか?!もちろんオープンにして! 先日の報告会の後の飲み会では、まるで口機関銃の様でしたので・・・。親の世話もあるでしょうが・・・。
    久々のコメントでした。私はゴム鉄砲くらいでしょうか?

  4. j、フォキール on

    シャプラのホームページの、最新トピックス&情報に、キャラバンの事が出ていました。
    いま、気づきました!切り口は「家族」。
    各地(都会・地方)でどのような交流がなされるのか、楽しみにしています!
    通訳で同行するスタッフや受け入れた側からのブログやホー-ムページでの報告を楽しみにしています!日を置かずに見ることができるシステムができるといいのですが!

  5. ふじおか on

    j、フォキールさん
    コメントありがとうございました。お姉さまがお亡くなりになったとのこと、ご愁傷さまです。
    ポイラの人たちの写真、大きくして載せようとすると、バングラデシュではネットのスピードが遅いもんで、自分で見られなくなっちゃうんですよね。
    大きなサイズの写真、直接メールで送りますよ。
    STEPのションジョイのキャラバン、もう間もなくに迫ってきました。今、講演内容の詰めを手伝っているところです。なにしろポイラのことも活動のことも、彼が話せること、話したいことはたくさんあるので、限られた時間内にどうまとめるかが問題。きっと面白い内容になると思います。バングラデシュの村や家族の変化について、STEPの現在の活動について、これからのことについて、いろいろションジョイに質問を浴びせてください。ご自宅にも寄せていただく予定なのですね。どうぞよろしくお願いいたします。
    キャラバン同行記もスタッフブログに載せられるといいですね。担当のみなさん、最中は忙しいと思いますが、ご検討を。

  6. j、フォキール on

    この前の一時帰国報告会に少し遅れて行った私は最後まで必死でメモを取り、質疑応答でいくつかの質問をしました。その後の藤岡さんのあいさつの時に「実は、いま話したことは手元に配った会報(No231)に書いてありまして・・」ということばを聞き、会報を見たら、ナント!そのままが書いてあるではありませんか! ありゃー、知っていたら、じっくり話しに聞き入るんだった!と思いました。
    で、ションジョイ氏の全国キャラバンですが、予め訪問先に話の内容とデータを送り、講演内容の周知と勉強会をやって貰っていれば、彼は行く先々でいつも0から話さなくていいし、突っ込んだ話ができるのではないでしょうか?!
    これは、その昔、私がキャラバンに同行した経過からも言えます。彼としても、日本各地の事情を多く知り学び、バングラで活かしたいと思っているでしょうから、少なくとも会合の1/3は、日本のことを討論する設定がいいと思います。私たち自身も地元のことを知ることができるし!ややもすると、この前の報告会もそうでしたが、向こうのことだけの話や質問になってしまうんですよね。藤岡さんの話の中で、「お手伝いさんの事はそう遠くない昔まで日本にもあったことで・・」とか、会の最後の筒井事務局長の話でも、「自分たちのことでもある!」と〆がありましたが、“点から線へ、線から面へ”のシャプラのスローガンを、インターネットを駆使して拡げるいいチャンスだと思います! 全国各地の活動やキャラバンの様子も知ることができるし!これをきっかけに繋がることもできるし! バングラデシュと日本の地域、日本の地域と地域、シャプラさん、世界中の湧き水が波となり、美しいハーモニーを奏でるようタクトを振って下さい! ベンガルの詩人 ラビンドラナート・タゴールが詩っています「どうぞ私の葦笛を鳴らしてください!」と。

  7. ふじおか on

    会報はスペースの都合で書けなかったことも多かったので、報告会のときはそのまま喋ったつもりはありませんが、だぶっていた部分も多かったかもしれません。最初に要点は会報にも書いてあります、とお伝えすればよかったですかね。
    キャラバンですが、事前に各地で勉強会を開いてもらうというのは実際問題はなかなか難しいですね。
    各地で受け入れしてくださる連絡会や団体の方々には当日のだいたいの流れはお伝えしていますが、ションジョイの講演内容の準備も出発直前までかかりますし、日本に行ってから参加者の方々の反応を見ながら内容が変わっていく分もあるかと思います。なるべく質疑応答の時間を多めにして、日本のことも合わせてのディスカッションができるとよいと私も思いますが…。

コメント

CAPTCHA