明石書店、石井社長がマグサイサイ賞受賞

7

夕食後、家でメールをチェックしていたら、「明石書店の石井社長がマグサイサイ賞受賞!」というニュースが飛び込んできました。出版不況といわれる中、強い信念をもって人権問題などをテーマにした良書を出し続けてこられた石井社長のお顔が浮かんできて、なんだか胸が熱くなりました。本当におめでとうございます。
シャプラニールの歩みをまとめた本、「進化する国際協力NPO-アジア・市民・エンパワーメント-」も、ダッカ駐在員座右の書、「バングラデシュを知るための60章」も出版社は明石書店です。ふとダッカの自宅の本棚にある明石書店の本を数えたら、15冊ありました。ロバート・チェンバースの「第三世界の農村開発-貧困の解決 私たちにできること-」「参加型ワークショップ入門」や片倉もとこ先生が訳された「イスラームを知る32章」など、ここで活動していく上での教科書として大切な本たち、シャプラニールの大橋前代表の「『不可触民』と教育-インド・ガンディー主義の農地改革とブイヤーンの人びと」、高田峰夫さんの「バングラデシュ民衆社会のムスリム意識の変動-デシュとイスラーム-」、斉藤千宏さんの「NGO大国インド-悠久の国の市民ネットワーク事情-」など、先輩たちの貴重な研究。明石書店のような出版社さんがなかったら、これらの本とも出会えなかったかもしれません。日本の家に置いてきた本や図書館で読んだ本なども入れたら、学生時代から本当に多くのことを明石書店の本から学んできたんだなあ、と思います。
国際協力に携わる私たちにとってなくてはならない本をたくさん出してくれた明石書店、そして石井社長にあらためて感謝したいと思います。
気恥ずかしいので最後になりましたが、私も6年ほど前に翻訳したインドのウルワシー・ブターリアさんの本、「沈黙の向こう側-インド・パキスタン分離独立と引き裂かれた人々の声-」を明石書店から出版していただき、大変お世話になりました。その翌年、ウルワシーさんは第8回日経アジア賞・文化部門を受賞され、授賞式には石井社長もみえてとても喜んでくださいました。そうか、ウルワシーにもこのニュースを伝えなきゃ。
石井社長、そして明石書店さん、今後ともどうぞよろしくお願いします。これからもたくさん貴重な本を出版してください。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

7件のコメント

  1. j、フォキール on

    すごい!確かにシャプラニールは大変お世話になっていますねー明石書店さんに。
    社長さんにはお会いしたことがないのですが、お願いがひとつ!
    1年半程前に、この藤岡さんのブログを初めて見て、このまま消え去るのはもったいない!形(本)にしましょう!と、このブログ上で呼び掛けたと言うか、意思表示したことがあります。反応はありませんでしたが、多くの人が見ていて、同じ思いの方もおられるのではないかと思います。残す任期は半年余(ですか?藤岡さん)。この駐在員ブログを本にできないものでしょうか!シャプラニールさんどうでしょうか?藤岡ファンのみなさん、どうでしょうか?当の本人さんを差し置いて周りで動いています。すみません!

  2. 北信濃 on

    バングラデシュに医療援助で3回行った者です。情報源として読ませていただいております。私も藤岡さんのブログは読み応えがあるので、本か何か形あるものにして残し、大勢の人に読んでもらいたいと思います。

  3. j、フォキール on

    北信濃さん、賛同ありがとうございます!
    出版・販売に関してど素人の私には、思いだけしかありません。本がいいのか何か他にあるのか、才と知恵と技術とアイデア、あっ!お金も要るんでした。。を集めて、なんとしても形にしましょう!  このブログを読んでおられる全国のみなさん、去年の一時帰国報告会に出席されたみなさん(シャプラニールの2階で開催されました)、出版関係の方々、ぜひ声を寄せて下さい!
    シャプラニールは、“Web”です!ひとりひとりが発する“波”!
    世界中のその波紋が響き合って、美しい音色を奏で、黄金色の世界になる!
    インド亜大陸(現インド・バングラデシュ・パキスタン)がイギリスの植民地から独立を目指す混乱の時代に、ベンガルの地が輩出したノーベル文学賞作家 詩聖ラビンドラナート・タクール(タゴール)が詠った世界“ショナールバングラ(黄金のベンガル)”
    アナログからデジタルに変わろうとしている今“Web”で世界を変える時期到来ではないでしょうか!
    ねっ!新事務局長 筒井さん、ネパールの藤崎さん、バングラの内山さん、スタッフのブログさん。
    北信濃さん、どの団体から行かれ、どの地でどのような医療活動をされましたか?バングラデシュはどんなところでしたか?どのような状況でしたか?この先も行かれますか?翻って日本や他の世界は、どう見えますか?ブログかホームページをやっておられますか?
    私は、日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)の石川先生(結核)宮崎先生(外科)畑野先生(ハンセン病)川口さん(地域医療・看護師)内坂先生(ダンナさんは小児科、奥さまは内科)の取材をしたことがあります。ネパールでは、伊藤先生(地域総合医療・故人)宮崎さん(看護師・ハンセン病)を。
    援助を受ける側の地から、駐在員としてあるいはいち個人としての考えや行動、苦悩、楽しみetc
    日本だけではなく、世界中の人にも読んでもらいたい文章ですよね! もちろん、当のバングラデシュの人たちにも!
    なんとしても形にしましょう!

  4. 北信濃 on

    私は新生病院に勤めています。内坂先生は前の院長です。今年3回目にバングラデシュに行った時の報告は病院のホームページのトピックスに記載されています。それ以前のは海外医療援助報告のところにあります。お時間がありましたら覗いてください。

  5. j、フォキール on

    北信濃さん、ありがとうございます!今、新生病院のHPを見ました。宮崎先生夫妻、懐かしいですねー・・お元気でしょうか?1986年(?!)ボグラの宮崎先生の所に行き、ボグラ病院では帝王切開での出産と角膜移植、農村では民家を借りての地域医療の取材をしました。また、1994年8月、シャプラニール会報の取材が目的で(ボランティアとして)、内坂先生と新生病院のお世話になったことがあります。
    「共に生きる」ことや「人生の大事な時間の一部と大事なものを他者のために使う(余った時間や物を使うのではなく、自ら身を痛める)」という考え(思想・哲学)を、先生方や現地の人々から学びました。「ために」ということばはあまり好きではないのですが、これに変わることばが見つからないので敢えて使いますが、それを実践する場が、いま暮らしている場だと思いながら日々生活しています。そのひとつが、繁く通うバングラデシュやインドです。
    明石書店の社長さんの思いを知りたい!
    シャプラニールさん、マグサイサイ賞受賞記念講演会をやりましょうか!
    藤岡さん、バングラとインドでもやりましょう!
    物語の主人公である対象者に戻してこそ「共に生きる」ことになるのではないでしょうか!

  6. 北信濃 on

    j、フォキール 様、
    宮崎先生ご夫妻はお年を召されましたが(74歳?)お元気です。新生病院で働いていらっしゃいます。新生国際医療基金を作り、1年に3~4回、医療チーム(整形外科チーム、消化器外科チーム、形成外科チーム、リハビリチームなど)を派遣しています。その時必ず同行し、コーディネーターとして世話してくださいます。一般の医療援助とちがって、宮崎先生は、貧しい人に手術を無料で行うだけでなく、病院をサポートするために、患者の代わりに病院に治療費を払います。それでとてもたくさんお金が要りますが、がんばっていらっしゃいます。行き先はボグラ、ジョイラムクラ(マイメイシンから1時間、北の国境近く)ダッカなどです。最近はラジシャヒには行っていません。私は形成外科チームで参加いたしました。次回は10月に整形外科チームが派遣される予定です。また、バングラデシュから医師を呼んで、新生病院で研修を受けさせています。今はシレットから来たドクターがいます。彼はあと2週間で帰国予定です。

  7. ふじおか on

    北信濃様、
    コメントありがとうございます。8月23日にいただいたコメント、私の操作ミスでずいぶん前に「公開」にしたつもりが公開されていなかったことに先ほど気がつきました。貴重なコメントを申し訳ありません。
    私は宮崎先生の息子さんご夫妻にはダッカでお会いしました。お父様の志を継いで小学生のお子さんたちも一緒にがんばっていらっしゃいました。お父様の宮崎先生にはお目にかかったことはないのですが、色々な方からお話は伺っています。粘り強い、息の長いご努力には本当に頭が下がります。

コメント

CAPTCHA