石けんの値上がり

6

最近のバングラデシュでの食料品や日用品の値上がりは凄まじいものがあるのですが、今月とくに激しく値上がりしたもののひとつに「石けん」があります。事務所でもよく使っているLUX石けんの大きいやつは、1個21タカから32タカ(1タカ≒1.6円)になってしまいました。ほかの石けんがいくらぐらいになっているのか、まだチェックしてませんが、これはとても困ったことです。
バングラデシュのスラムや農村部では、今も「トイレの後や食事の前は石けんで手を洗いましょう」というセリフを保健ワーカーやNGOが口を酸っぱくして言い続けています。シャプラニールのプロジェクト地でもそうです。いまだに石けんで手を洗う習慣がついていない人も、石けんを買うお金があったらお米が買いたい、と言う人も少なくありませんが、長年の手洗いキャンペーンのおかげで村やスラムでもかなり石けんの使用は一般的になりました。
しかし、いっきに1.5倍以上、というこのひどい値上がり。石けんの大きいのとお米1キロがほとんど同じ値段だったら、そりゃあ「石けんなんてそんな高価なもん買えるかい」ということになりますよね。
石けん値上がりの理由は「パーム油の値上がり」ということらしいですが、それにしても値上げ幅が大きすぎないか?便乗値上げじゃないんだろうか。インドでは1個あたり1ルピー(≒2.5円)の値上がり(→Times of India 7月2日)なのに、なんでバングラデシュでは10タカ以上も上がるんだ?工場はバングラデシュ国内にあるはずだけど、原料の輸入にバカ高い税金がかかっているからなのか?
私たちは家事使用人として働く少女たちのためのプロジェクトをダッカ市内3ヶ所で実施していますが、最初の2年弱のパイロット・プロジェクトの評価をしたとき、ダッカ北部のコライル・スラムのセンターに通う少女たちが言っていたことを思い出します。
「このセンターに通う前はあんまり石けんで手を洗ってなかったの。でも今はトイレのあとやご飯の前は必ず洗うようになった」
「お父さん、お母さんが石けんを買うお金がもったいない、って言ったら、病気になって病院に行かなきゃならなくなったら、もっとお金がかかるよって言って石けんを買ってもらうの」
そうやってせっかく石けんを使って手洗いすることが身についた女の子たち。スラムで厳しい生活を送る彼女たちの親は、これまでどおり石けんを買ってくれるかどうか。
スラムには揚げ物なんかの廃油はたくさんあるだろうから、廃油を使った手作り石けん教室をやるのもいいかなあ。うまく作れたら売れるかもしれないし。でも、廃油石けんづくりに欠かせない苛性ソーダは劇薬だから、年端もいかない少女たちに扱わせるのは危なすぎるか…。
うーん、困ったことです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

6件のコメント

  1. スラムのセンターの一角や曜日を決めて「工場」にする案はどうでしょうか?子どもたちが近所に廃油のリサイクルを呼びかける。持ってきてもらったり、集めてもいいですよね!廃油提供者にはいくらか現物でバックしてもいいし、ボランティしてもらってもいい!
    工場では、ワーカーや近所の大人たちに手伝ってもらって、普及と販売を兼ねた石鹸作りの実演会。!石鹸を通して、近所の付き合い(コミュニティー)を作る!
    同時に、シャプラニール日本事務所も工場になる!早稲田で作ってもいいし、これまで築いてきた35年の関係や地域連絡会を使って日本全国で石鹸を作るプロジェクトをするとか、各家庭に眠っている石鹸を集めるとか!(その内、日本でも値上がりしたら、さて我々はどうしましょ?!)エコ生活の一環として!
    あちこちの団体やグループでは既に自分たちで作っているので、全てのノウハウは持っているんですよね!なにも、シャプラが直接手を染めなくても、そんな各地域と人を活かせば(引き立てる)いいのではないでしょうか?
    シャプラは、プロデューサー!?コーディネーター!?
    “かまどの灰”の知恵は何処へいってしまったのでしょうねー。。。 
    石鹸廃液の影響はどうですか? 特に農村のプクル(ため池)では。純粋石鹸でも、量が多くなると問題なのに、ましてやいろいろ入った化粧石鹸など魚や作物に影響すると思うのですが・・・。

  2. ふじおか on

    お名前ないけどj、フォキールさん、ですよね?ニックネーム変更思案中ですか?
    石けんづくり、本格的にやろうと思ったらそれはもう新たなひとつのプロジェクト、という感じですねえ。ネパールでは女性グループなどがよく作っているようで、時々藤崎駐在員にもお土産にもらったりしますが、そういえばバングラデシュではあまり手作り石けんの話を聞かないんですよね。なぜでしょう。昔マニラのスラムのおばちゃんにもらった大きな手作り洗濯せっけんは白くて上等で、長く使えたなあ、などと思い出します。
    「かまどの灰」は健在ですよ。いまもよく使われています。石けんのかわりとか、おなべをみがくクレンザーのかわりとか。
    池や川の水の汚染は石けんより農薬が深刻かと思います。近所の川ではほんとに魚がとれなくなったとポイラのバグディの人たちが嘆いていました。彼らもいまは多くが職を替えています。

  3. j、フォキール on

    はい、アミです!バングラデシュで手作り石鹸を見ないのは、早くから内外の安い石鹸が援助などを通して無料で配られたり、村の小さなドカン(店)でも売られていたからではないでしょうか!国内生産のも安かったし!化粧石鹸じゃありませんよ! 作るより買う方を選んだのでしょう! 確か洗濯石鹸1ヶが1タカか2タカ位でしたか?
    日本国内で、「友の会」が、台所の改善として手作り石鹸運動はやってなかったのでしょうか?友の会とシャプラは27年の付き合いですよね。知恵とパワーとこれまで「友の会」がバングラデシュで築いてきた関係を使って、一大プロジェクトにできないのでしょうか? バングラでやるのなら、当然、日本でも!国際協力活動の半分は相手国、後の半分は国内と思っていますので!私は。
    ええっ!ポイラで魚が獲れなくなった?じゃ、朝のバザール(野外市場)での小魚は外から来ているのですか?家の前のプクル(池)やノディ(川)、雨季だと敷地の周囲の水庭でも獲れなくなっている?獲れた物は当然、農薬で汚染されていますよね?大丈夫じゃないですよね?! 対策は?

  4. ふじおか on

    j、フォキールさん、手作り石けん、実は私自分で作ってみたことないんです。ネットで調べたら今はペットボトルでつくる石けん、とかいろいろ簡単につくれるやり方が紹介されてましたが、あるサイトの情報によると、原料にする油があまりにも使い回ししすぎだったり古すぎると固まらないとか。スラムのドカンの油はどうでしょうねえ。
    ポイラで昔のようには魚がとれなくなったといっても、池では魚の養殖などやってます。自然にとれる魚が減り、養殖が多くなったということでしょう。魚の汚染はコワイですね。最近は保存のためにホルマリンを使った魚が多く出回っているという話もあって、ますますコワイです。(でも昨日も事務所でちっこいイリッシュ食べましたけどね。)

  5. フィリピンでもジープニーの値段が非常に上がっていました。2002年は初乗り4ペソ、2005年は初乗り4.5ペソだったのに、2008年の今回は初乗り8.5ペソでした!
    食べ物の物価も非常に上がっているそうです。その割にお給料に変化は見られないそうなので、困ったことです。
    日本でも、ガソリンをはじめ、様々なものが値上がりしていて困っています。(><)

  6. ふじおか on

    なみちゃん、コメントありがとう。フィリピンでも大変みたいね。バングラデシュの新聞にも、時々フィリピンの人たちが物価上昇について抗議行動をしている写真が載ったりしています。ガソリンの値上がりはあらゆる物価に影響するからほんと大変だよね。バングラデシュのガソリン代も私が来た3年前の約2倍になってます。

コメント

CAPTCHA