火を使う動物

9

バングラデシュもいよいよ雨期に入ったようで、今日も朝からどんよりとした天気です。今のところまだ長雨というのはないですが、朝夕けっこう降ります。先日は帰宅のリキシャの上で突然の土砂降りに遭い、幌を引き出す間もなくずぶ濡れになりました。
湿度も上がってきたせいか、蚊やゴキブリも増えてきた気がします。我が家は大物のゴキブリは出ないのですが、ハエより小さいぐらいのチビゴキブリが頻発し、そのたびにエアゾールを持って追いかけまわしています。
でもゴキブリ一匹やっつけるたびに思うんですよね。
(こいつらはなんでここまで人間に嫌われるんだろな。地球全体に及ぼす悪影響からいったらゴキブリなんてなんの迷惑もないよな。人間の存在のほうがよっぽど地球に悪い…。)
そして、むかーし学校で習った、人間は他の動物とどこが違うのか?という話を思い出します。
・直立し二本足歩行をする
・道具を使う
・火を使う
などとありましたが、この「火を使う」ってところがそもそも問題なんだよなあ、と。
火を使うから燃料が必要になる、燃料が必要だから石油や石炭やガスや原子力を使い、そのために戦争をし、チェルノブイリみたいな破滅的な事故を起こす。わずかな石油資源を取り合うから燃料代は上がり、そのために食糧も値上がりし、作物をつくってもつくっても自分が食べるものも満足に買えない人がいる。
人間という動物が火を使い始めたそのときから、地球を破滅させる方向にひたすら向かってきたのかと思うと、暗澹たる気持ちになります。かといってもう火を使わない生活には戻れないしなあ。
もうすぐ洞爺湖サミット。地球に迷惑な、火を使う動物の私たち人間は、どこまでその迷惑さを自覚し、自分たちをコントロールすることができるのでしょうか。
電気不足のバングラデシュで、エアコンのスイッチを入れずにいられないヤワな私。まさしく迷惑な「火を使う動物」そのもの。ゴキブリよ、すまんな…、という気持ちになります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

9件のコメント

  1. j、フォキール on

    はい、じゃー、雨季の間は事務所をバングラ北東部の紅茶の産地シレットに移しますか?!あそこだと天井ファンだけで住めそうですが・・・。以前、インド政府はそうしていましたよねー。日本の首都機能分散はどうなったのでしょうねー?東京は暑すぎ!と言うより地方が冷え過ぎ、冷やし過ぎ!
    「どげんかせんといかん!」都市中心を!(宮崎出身なもので・・)
    御岳は扇風機も要らんくらいです!ウグイスが鳴いて・・・人は泣いていますが・・・。
    お元気でしたか?内山さん、藤崎さん、スタッフ、事務局長、みなさんのブログ更新がないから、心配しています。
    おっと!このコメントがバングラに飛んで行くのにどれ程の“火”(日?費?)を使っていることか。。。

  2. ハッピージュンコ on

    本当にお久しぶりです。南の風No229読みました。バングラの全スタッフが載っていましたが顔音痴の私には見たような顔もあれば?の顔もありイロイロですが懐かしいものです。ところで、洞爺湖サミットに向けての「100万人の短冊アクション」最終締め切りに間に合うよう考え中です。特に思う事は、人間もっと自然体で生きるべき。便利や楽を覚え過ぎた今、原点に戻れとは言わないがモット不便さと共に生きること。自然に逆らわず、それに添った生き方も重大な意義があると思うのです。CO2排出量が世界第4位と聞く日本、簡単に言えば贅沢のし過ぎから来る数字ではないでしょうか。G8サミットでどこまで話が進むのか、日本政府の本当の力量の見せ所と期待をしています。またNGOに対しても応援をし続けていきますよ。藤岡さんも頑張ってください。

  3. ふじおか on

    j、フォキールさん、
    ご無沙汰続きですみません。今月前半はインド出張、その後は締切のある書き物仕事などでキリキリ(?)しておりました。
    内山さん、藤崎さんも元気ですよ。とくにここ1ヶ月ぐらいは皆自分の出張や東京からの出張者受け入れが続いて忙しかったんじゃないかな…。
    夏の間のシレット事務所...いいですねそれ。涼しそう。
    事務所移転は無理でも1週間ぐらいダッカを離れて合宿したいなあ。
    ウチの事務所はよそ様に比べてエアコンは使わない方だと思うんですが、自宅はトップフロアで熱がこもるのでどうしてもエアコン使いたくなっちゃうんですよね…。
    今日は室内の気温も30度を切り、風もあるのでファンだけでも十分ですが、最近フラットが増えたせいか、ダッカは風が少ないんですよね。窓もないような家に大勢で住んでる人もたくさんいることを考えれば贅沢言ってちゃいけないんですけど。
    ハッピージュンコさん
    会報読んでくださってありがとうございました。私が来てからの3年の間にもけっこうダッカのスタッフも入れ替わってますので、見たことない顔も多いかもしれません。
    贅沢のしすぎ...ほんとにその通りですね。先進国の人間が食べ過ぎたり無駄にしている分の穀物があれば、世界で今飢えている人たちの食糧は十分賄えちゃうそうですからね。必要以上に食べたあげく、ダイエットしなきゃ...などと言ってる私なんてバカみたいだと自分でも思います。NGOワーカーがこれじゃいかんですね。
    食べすぎ、買いすぎをやめる。電気の使いすぎをやめる。エアコンはなるべく使わない...。自分からまず努力しないといけないですね。

  4. ふじおか on

    ハッピージュンコさん、100万人のたんざくアクションのこと、思い出させてくれてありがとうございました。私もたんざく書きました。ブログでも宣伝することにしました。

  5. 火と言えば、最近BBCの番組で、オーストラリアの乾燥した気候は、
    少なからず人の放った日により変わってきたことを伝えていました。
    何万年もの時をかけて、人は知らず知らずのうちに
    大陸の気候を変えてしまうほどの作用を及ぼしてきたと。。
    (それ以外のいろんな要因が重なっているとは思いますが・・・・)
    そう考えると確かに、複雑な思いになりますね。

  6. ふじおか on

    イルちゃんさん、コメントありがとうございました。なんと、そんな直接的な影響があるなんて。でも南極の氷がすごい勢いで溶けていることを考えれば、オーストラリアの乾燥も関係があるのかもしれないという気がしますね。
    「このままいくと今世紀末までにバングラデシュは海に沈むかもしれないとNASAが発表した」という記事が今朝の当地の新聞に載っていました。25メートル海面が上昇するとバングラデシュはほとんどが水の底になってしまうと。「そこまでは行かないにしても、今世紀終わりまでに6-7メートル海面が上昇する可能性が高い」というバングラデシュの研究者のコメントもありました。バングラデシュの新聞や雑誌にもだんだん気候変動に関する記事が増えてきています。
    先進国のメディアでバングラデシュが気候変動の被害者としてしか注目されないことに反発も感じているのですが、今世紀末などと言われるとにわかに現実味を帯びて心配になります。果たして100年後の世界はどうなっているのか…。

  7. j、フォキール on

    今から、国境をなくし、「世界はひとつ!」を目指さないと! シャプラニールそのためにやっているんですよね?!
    昨夜(12日)、NHKスペシャルでBRACの中間層へのマイクロクレジットの番組を放映していました。ここ数年、中国に押され気味だったのが、石油原産国=イスラム圏の台頭で、バングラも再び動き始めたのでしょうか?年々ではなく、日に日に、いい意味でも悪い意味でも発展(?)していくバングラデシュと言うより、第3世界(おー、もう死語になっているのかなー・・)目が離せないどころじゃなく、しっかり付き合っていかないと!!

  8. ふじおか on

    j、フォキールさん
    BRACの番組、見たかったんですが、当地で見られるNHKワールドではNHKスペシャルは見られないんですよね。東京事務所の誰か、録画しておいてくれたかなあ。バングラデシュ、日に日に動いてますが、政治的にはいったいどうなるんだか、見当もつきません。
    経済成長もちろん重要ですが、バングラデシュにはとにかく汚職、賄賂のない国になってほしい。そして子どもを働かせたり牢屋に入れたりしない国になってほしいですね…。

  9. j、フォキール on

    私の友人が録画したようです。私も前半部分を見ないと! ロンバーマスードがコデネーターになっていましたよ。 ほらみたけをデクベン!ロッジャコリコリですが・・・

コメント

CAPTCHA