お米の行列に並ぶ子どもたち

5

昨日、私たちがダッカで実施している「家事使用人として働く少女支援プロジェクト」の活動地のひとつであるコライル・スラムに行ってきたプログラム・オフィサーのサイフルが、「いやー、やっぱり大変だ。ヘルプセンターの女の子たちもみんななんだか痩せちゃってるよ」と言いながら帰ってきました。
コライル・スラムのヘルプセンターに通う少女たちは、スラムの親元で暮らしながらパートタイムで家事使用人(お手伝いさん)の仕事をしています。その子たちにサイフルが聞いてみると、多くの子が朝早くから安いお米を買うためにBDRマーケットに並んでいると答えたそうです。
「何時から並んでるの?」と聞いたら、「朝5時から」というのは序の口で、「3時から」という子もいたとか。朝3時から並び続けてお米が買えたのは朝9時半だというのです。いまやBDRマーケットは需要に比べ供給量が大幅に足りなくなっているらしく、早くから並ばないとお米がなくなってしまうのだとか。ひとり頭5キロまで、ということになっていますが、実際計ってみると5キロより少ないといいます。場所によってはひとり2キロまでにしたところもあるようです。
おじいさんと妹と.jpg「ファテマもなんだかやせちゃったよ。朝からおじいさん、おばあさんと行列に並んでいるらしいけど。」とサイフル。ファテマというのは昨年の夏期募金のお願いのとき紹介した女の子(写真右)で、とても活発ではっきりものを言う子です。「お米の値段は高いし、仕事はクビになっちゃうし、これじゃ食べていけないよ。どうしたらいいの、サイフルバイ!」と訴えられてしまったそうです。中流階級の家庭も台所事情が厳しくなってきているので、パートタイムの使用人を辞めさせる家庭も増えてきているらしいのです。
サイフルがヘルプセンターに行ったのは午後でしたが、朝早くご飯を食べたきり、夜まで食べられない、という子が8人もいたとか。こんな状況になる前はスラム暮らしでもなんとか日に3度食べていた家族が、今は日に2度に切り詰めているというケースが少なくないことが実証されました。
育ち盛りなのにろくにご飯も食べられない少女たち。こんな状況が続くようであれば何か対策を考えなければ…。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

5件のコメント

  1. 先日訪問した時、元気に自己紹介し、ダンス・詩の朗読・歌を披露してくれた少女達にまたまた難題が降りかかってきたとは、胸が痛みます。
    帰国して美容院へ行った際、バングラでのことをいろいろ話しました(50~60年前の日本かな?)
    先生(70歳以上)が美容師を目差していた頃、住込みで月500円、何はともあれ生理用品を買ったものだと言われました。そちらのスーパーへ行った時、自分の土産ばかりで、日用品等あまり気にとめなかったのですが、どれくらいだったんだろう?18歳の少女が支援のおかげで、最近は信用を得て、月500→1000タカになったと話していましたが、ほとんど家計にいれるだろうし、どうしているのだろうと・・・
    食料を買うのに苦労しているとなると、保健衛生の支援の中で支給とかできるのでしょうか?

  2. ふじおか on

    リンコさん、
    コメントありがとうございました。使い捨ての生理用品は1パック75タカぐらいでしょうか。高くてスラムの子が買って使えるようなものではありません。ほとんどの子は使い古しの布を使っているはずです。農村でもそうだと思います。でも、これをきれいに洗って乾かす、というのは人目もあるだけにとても困難、とくに雨期は大変なはずです。私も前から気になっていることなので、もうちょっとちゃんと情報収集します。

  3. j、フォキール on

    まことにまことに久し振りです。毎日、皆さんのブログはしっかり見ていますが、この半年間、いろいろとありまして・・。
    村では、垣根に古布が何気に干してありますね。今、使い捨てがどれ程普及しているのか・・・、村では捨てる所もないし・・・確かに切実な問題です。
    お米は、つい数年前は、1キロ11タカ、13タカでしたよね。
    うんーきびしい!
    ウチも、今年は畑をちゃんとやらなくては!! 駅前で売るかなー・・。

  4. ふじおか on

    j、フォキールさん
    お久しぶりです!!このところとんとご無沙汰だったので、どうされたのかなあーと思っていたんですよ。久々にコメントいただいて嬉しいです。
    お米の値段、事務所のドライバーのシポンも、「ぼくがシャプラニールに入ったとき(5-6年前)はキロ13タカだった」と言ってました。ガソリン代も私が来た頃(2005年)は40タカ台だったのが、今は67タカ/?です。
    畑で何をつくられるんですか?夏野菜の苗を買って植えるにはちょうどいい頃でしょうか。

  5. j、フォキール on

    バングラ滞在で好きになった、コリアンダー(香菜)、ツルムラサキ、他にはジャガイモ(メークイン・トヨシロ)、トマト、なす、きゅうり、ピーマン、ししとう、ゴーヤ(にがごい)、モロヘイヤ、エンサイ(空芯菜)オクラ、青・赤チマ、赤たまねぎ、赤・青しそ、唐辛子(カチャモリチ→シュクナモリチ)、トウモロコシ、人参、エンドウ、ネギ、エゴマ、ごぼう、水菜、山東菜ですね。ニラとラッキョは自生、今はノビルも。
    バングラで、農村を回ったり、シャプラの書棚にあった福岡正信氏の著書「わら1本の革命」を呼んだり、1990年頃かな?駐在員の慎平君が有機農業を取り入れていましたよね、インドからチャタジー氏を呼んで。こんな影響を受けて私もやろう!と思い、御岳に来てから裏山の斜面を開墾しています。もうすぐ5年。勿論、無農薬、有機栽培!
    不耕起、無農薬、無肥料、無除草の「自然農法」は、なかなかできません・・。性格もあるし、隣には竹林があり、この季節になると竹の子三昧でうれしいのですが、竹に侵略されてしまうので・・・。
    地産地消、1年周期で考えた旬の食、自家消費分と近所への子育て支援、お客用、今年からは縁側や門前での販売をして生活費の一部にしようかなー・・・。
    魚は自分で釣る天然ヤマメと岩魚。平地がなく米は無理。
    さてさて、現金収入をどうするかなー・・・インシャッラー(。-ノ-)/  (-∧-)

コメント

CAPTCHA