蝉の季節、ツアー到着

2

バングラデシュではもうかなり暑くなっていて、日中の気温は30℃を超えています。おととい農村に行ったら、蝉がジージー鳴いていました。こちらへ来てからあまり蝉の声は聞いた記憶がなく、バングラデシュは洪水が多いから蝉が少ないのかしら、などと思っていたら、今年はいつになくたくさん蝉が鳴いています。もっとも、蝉の声を聞いたのは洪水の少ないマイメンシン県だったので、他の地域では少ないのかもしれません。日本の真夏の蝉よりちょっとおとなしい鳴き声です。
日本で「もうすぐ桜前線が...」などと言っている季節、バングラデシュでは蝉の声。これからどんどん暑くなり、湿度も上がっていきます。エアコンを使うようになると停電も増えるでしょう。でも今はまだ暑さ・湿度も不快なほどではなく、夜の風も気持ちよくて、いい季節です。
ちなみに蝉はベンガル語で「ジージーポカ」と言います。ポカ=虫、なので、蝉の名前は直訳すれば「ジージー虫」。うーん、なんてわかりやすいんだ。それからゴキブリは「テラポカ」です。「テール」が油の意味なので、直訳すれば「油虫」。そのまんまですね。
果物の旬は今、スイカです。フットボールのような俵型のスイカがあちこちで山積みになっています。
今日の午後、スタディツアーの一行が到着しました。今日オリエンテーションをして、明日はダッカのストリートチルドレン支援活動と家事使用人として働く少女支援活動を見ていただき、あさってはクラフトの生産者を訪問、しあさってから農村3日間、そのあとはダッカ市内観光と振り返り、という日程です。
私が参加するのは初日と最終日だけで、同行は日本から引率してきた小嶋・元駐在員と内山・現駐在員の二人。農村の夜は村芝居も予定されています。1週間、毎日カレー味ベンガル料理の日々になりますが、参加者の皆さんにはお腹に気をつけて、昼は蝉が鳴き、夜は蛍が飛び交う3月のバングラデシュ農村を満喫していただきたいと思います。
よい出会いと発見がありますように。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

2件のコメント

  1. 森嶋倫子 on

    スタディーツアーから帰りましたリンコです。
    雑踏のダッカと違い、緑がまぶしい農村は心がゆったり過ごせました。
    リキシャでガタゴト揺られて、貯金グループ・児童の補修学級・バザール等回れたことはいい思い出です。
    もう少し滞在したかったな・・・
    心配?したベンガル料理も 右手がミカンを食べ過ぎたように黄色くしながら 全てOKおいしくいただきました。蝉の声には気が付かなかったけど、村芝居を見に出かけた時、幼い日にも見たことがないほどのたくさんの蛍に感動しました。コリの庭でも見ました。
    短期間でしたが、それぞれの境遇の中で元気にくらしているたくさんの人と触れ合えて、バングラディッシュを訪れて ほんとによかったと思います。いろいろありがとうございました。

  2. ふじおか on

    リンコさん、ご帰国早々のコメントありがとうございました。農村滞在、いろいろな人たちと触れ合って楽しんでいただけたようでよかったです。私は皆さんとゆっくりお話できる機会が少なくて残念でしたが、またどこかでお会いできる日を楽しみにしています。

コメント

CAPTCHA