移ろい

2

雨が降りました。何か月ぶりだろう。雨の香りを嗅ぐの。

心なしか草花も活き活きしているように見えます。
RIMG1424.jpg
バングラデシュの季節はざっくり乾季と雨季の2つ。今年初めて降った雨はその移ろいを教えてくれます。日本の四季が恋しいなぁ。
・・・はぁ(しんみり)。
でも雨季に入るということは、あの梅雨の最高湿度と真夏の最高気温が連れ立って居座ってるような季節がもうそこまで来てる、ということで。
・・・はぁ(げんなり)。
あ、自転車外に置きっぱなし。
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

2件のコメント

  1. ハッピージュンコ on

    菅原さん 日々草がとても綺麗ですね。そちらはもうすぐ雨季なのですね。あのバングラの雨の降り方を思い出すと”げんなり”と言う気持ちもちょっとわかります。
     話はそれますが、こちらは今日から県議会の議員選挙が始まりました。今回は知り合いの女性が立候補し、つい先ほどまで応援に行ってました。男性が多い中ですが何とか彼女には勝利を治めて欲しいと思っています。
     私の住む中部圏は、もうすぐ桜前線も近づき春が満喫出来そうです。菅原さんも雨模様の中、くれぐれもお身体を大切にお仕事してくださいね。日々草のように繰り返し花を咲かせてください^。^

  2. すがはら on

    > ハッピージュンコさん
    そういえば、そろそろ桜の季節なんですよね。きれいだろうなぁ。お花見したいなあ。でも桜もお酒もバングラデシュにはないんですよね…。ひたすら暑い雨季は果物が美味しいことがせめてもの救いです。
    あと地方選、始まったんですね。やはり震災と津波被害から防災がクローズアップされていたりするのでしょうか。被災地の救援は焦眉の急ですが、そうでなくとも国も地方も様々な課題があると思いますから、解決に繋がって行くと良いですね。お知り合いの方の勝利をお祈りします。

コメント

CAPTCHA