お札にうるさくなったインド人

5

すっかりブログをご無沙汰してしまいました。1月から2月にかけては、各パートナー団体と次年度の活動について計画や予算を詰めていく1年で一番忙しい時期なんですが、この1ヶ月ほどは、それにサイクロン復興支援の検討やインド出張なども重なった結果、2週間続けて働いて1日休み、また2週間ぶっ続けで仕事する、というペースでした。今週末は久々の休みでやや脱力気味です…。
さて、インド出張というのは1月末から1週間ほどコルカタへ行っていたのですが、今回なんじゃこりゃ、と思ったのは、コルカタの人々がやたらとお札にうるさくなっていたこと。端がほんの5mm程度切れた500ルピー札が、ゲストハウスでもレストランでも受け取ってもらえません。500ルピー札や1000ルピー札の高額紙幣ならまだわかりますが、真ん中に折れ目がついてそこが少し黒ずんだ20ルピー札さえ、タクシー運転手に拒否される。これはいったいなんなんでしょう。いつからこうなったの??
私がニューデリーに住んでいた98年から2001年ごろは、こんなじゃなかった、という記憶があります。その頃、1000ルピー札は発行されたばかりでほとんど出回っておらず、500ルピー札は「大きすぎて使いにくいから」という別な理由で拒否されることがよくありました。100ルピー札は、ガンジーの絵柄の新札と、アショカ王の獅子柱頭の絵柄の旧札がほぼ半々ぐらいに出回っていて、銀行でお金を下ろすと、新札の場合は紙の帯で束ねられた札束が出てきたけれど、旧札の場合は大きなホチキス2つぐらいでガチガチに留められていて、それを外すのにとても骨が折れ、札束の真ん中からお札を2つに分けて持って力づくで引き剥がさなければならず、その結果100ルピーの旧札の透かしのあたりにはたいてい大穴があいていたものです。お札に数字などがメモされていることも多く、「大事なお金なのにいったいなんちゅう扱いをする人たちだろう」と思っていたものです。
しかし、今やインドの人々は、高額小額にかかわらず受け取ったお金を1枚1枚舐めるようにチェックし、高額紙幣は必ず目の前にかざしてニセ札でないか確認し、わずかでも端が欠けたり汚れたりしていたら受け取らない。そういうお札が自分のところへ来るのを避けようと、相手に押し付け合う様はまるでババ抜き。これも経済成長と関係があるのかしら。でもちょっと極端すぎないか?
バングラデシュに帰ってきたら、使い込まれて煮しめたようになり、絵柄も判然としない2ルピー札が立派に通用していて、ちょっとほっとしました。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

5件のコメント

  1. 南の風の報告読ませていただきました。お疲れさまです。
    支援の様子がよくわかりました。
    さて、ちょうどお金の話題なので・・・・
    「もうひとつの南の風」で、シャプラニールの活動の変遷を垣間見ることが出来ました。
    援助というものは単純ではなく、色々な状況にあわせて
    絶えず見直していかなければならないものなんだな、と思いました。
    マイクロクレジットなど、お金にまつわる問題や、
    組織としてこれから進んでゆく方向など、
    リーフレットなのに内容の濃いものでした。
    最近入会した者としては、どのように会の活動にかかわれるか
    考えてゆこうと思います。
    (スタディツアーは参加できず。いつかは・・・誘っていただいたのにすみません)

  2. ふじおか on

    イルちゃんさん、
    「もうひとつの南の風」へのご感想ありがとうございました。直接ご感想をお伝えくださる方は多くはないので、とてもありがたいです。会報担当者にもシェアさせていただきますね。
    ツアー残念、でも基本的に治安の問題などなければ毎年やりますから、またのチャンスにぜひ!

  3. SAGA on

    そのインドのような対応にならないとお札が綺麗にはならないのでは・・・。
    チッタゴンでは「まともな」お札は中々見かけないですね。
    穴が開いている、字が書き込んであるは当たり前で発酵熟成しているんじゃないか、と思うものまで・・・。
    そういったものを駆逐し意識を切り替えていくのは重要だと思います。
    一方、タイのように国王の肖像が印刷されている為、国民が丁寧に取り扱うくにもありますよね。
    PS,
    じつはこの度地元(日本)の商工会会報に昨年のサイクロン被害のレポートを載せました。
    その記事の写真をシャプラニール様に頂きました。
    この場をお借りしまして心より感謝申しあげます。
    有難うございました。

  4. 先日はお会いできてとても嬉しかったです!
    報告会の日の一番印象に残ったことでした。
    手をあげて質問するのもためらわれ、でも、それを直接藤岡さんに伺えたので、すっきりしました。
    新しい課題ももちろんですが、シャプラが継続して行ってきたことの成果を、わかりやすく見せていただけると、ありがたいなあと思いました。

  5. ふじおか on

    SAGAさん
    バングラデシュでも最近、きれいな2タカ札、5タカ札が出てますね。ダッカではだんだんひどいお札は減ってきているような気がするんですが、これはダッカだけなんでしょうか?
    はるかさん
    私もお会いできてとってもうれしかったです。寒い中、ご参加ありがとうございました。
    「シャプラニールが継続してやってきたことの成果を見せて」というのは、他の会員さんや支援者の方にも時々言われることなのですが、バングラデシュ社会全体の変化も大きい中、村人の生活の向上の理由がシャプラニールの活動の成果だけによるものかどうか判別し難いことも多く、成果を計る評価の方法は課題のひとつです。なるべくわかりやすくご説明できるよう努力します。

コメント

CAPTCHA