「復興支援」という言葉

6

昨夜は一晩中唸りながら、シャプラニールの会報2月号の特集原稿を書いていました。とっくに締切を過ぎていたのを担当者に頼んで延ばしてもらっていたもので、日本時間の今朝がほんとにほんとの締切。テーマはサイクロン被災者救援活動の報告です。
今回のサイクロンがどんなだったか、被災地の今の状況、これまでやってきた支援活動と今後のことなどについて3ページ程度にまとめればよく、写真も数点、ということでフツーに書けばたいした量じゃないし、これまでブログや内部の連絡用メーリングリストに山ほど書いてた報告をかいつまんでちゃっちゃとまとめればすむ話なんですが、結局唸って唸って午前3時すぎまで書いたり消したりしてました。
シャプラニールの会報は会員さんや支援者の方に会の活動についてご報告するもので、隔月でお送りしています。ブログやウェブサイトをご覧になっていない方は、この原稿で初めてシャプラニールのサイクロン救援の報告を読まれることになります。そう思うといい加減には書けません。この2ヶ月ぐらいの間に感じたこと、考えたことはいろいろあるのだけれど、サイクロンや救援活動についての基本的な情報も盛り込まなければいけないし、被災地で見てきたたこと、聞いたことも書きたいし、でもそれがどうしても決められた字数の中に入りきらなくて悪戦苦闘しました。結局、ある程度のところであきらめざるを得ず。最終的には月並みな原稿になってしまったかな…。とほほ。
書きながら、こういった活動の中でよく使われる言葉のいくつかに、自分が違和感や反発を持っていることに気がつきました。たとえば、「復興支援」。普段、英語の「リリーフ・オペレーション」を「救援活動」、「リハビリテーション」を「復興支援」と訳して使っていますが、この「復興支援」という言葉がどうも馴染みがよくない。なんというか、威勢がよすぎる感じがするんですね。「復興支援」というと、すごく「がんばれ、がんばれ」とドーンと花火を打ち上げるような感じがしませんか…。「興」の字のせいかしら。被災地や被災した人たちの今の状況に、この「復興支援」という言葉がなんだか合わない感じがするんです。
あと、使わざるを得ないときもあるけど、なんとなく最近使うことを避けている言葉は「心のケア」。心をケアすることはもちろん必要なんですけど、この「心のケア」という言葉があまりに安易に、ファッションみたいに使われすぎて、なんだか反発したくなるんです。「心のケア」なんてそんなに簡単じゃないよ、って。
被災地での「救援活動」や「復興支援活動」について、なんとなく感じていること、考えていること、たくさんあるのだけどまだ自分の中でまとまらずモヤモヤしています。
そんなとき、関西学院大学教授の野田正彰さんの著書、『災害救援』(岩波新書)を何度も読み返しています。奥尻や阪神大震災の被災地で現地調査を繰り返しながら考察されたことをまとめられたこの本は、国内・海外にかかわらず災害救援にかかわる人には必読の名著だ、と私は思っています。この前一時帰国したときやっと購入したのだけれど、ほんとに買ってダッカに持ってきてよかった。
奥尻での経験を書かれていることなど、今回私たちが救援活動を行い、今後も「復興支援」活動を行っていく予定のショロンコラ郡で起こっていたこととあまりにもそっくりだし、第1章「災害の構造」の中に書かれた「被災者役割と救援者役割」の箇所など思い当たることが多くてどっきりします。第5章「危機管理の焦点」、第7章「『心のケア』の本質」、第9章「救援の思想」などもとても参考になります。私たちがこれから何をしなければならないのか、考えるヒントになることが散りばめられている本です。
野田さんは以前ダッカ事務所にもいらっしゃったのに、私が不勉強でお会いしたときご著書をロクに読んでいなかったことが悔やまれます。ああ恥ずかしい。後悔先に立たず。
でも、他のときじゃなく、今この時期にこの本に出会えたことはよかったのかもしれません。書かれていることが染み込むようによくわかるから…。皆さんもぜひ読んでみてください。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

6件のコメント

  1. はるか on

    さっそくこの本を今日、注文しました。(本屋でバイトしてます。)
    在庫僅少ですよ。お早めに。

  2. ふじおか on

    はるかさん、
    おお、本屋さんでバイトされてるんですね。レスポンスの早さにびっくり。そうですか。リクエスト復刊された本なのにもう在庫僅少とは。もっと刷ってよ岩波書店。
    オニツカさん、
    本当に必要な支援を必要なタイミングで、しかも他とダブらず、効果的に、と思うとなかなか難しいです。ステレオタイプな考えに縛られず、現場でよく人々と話をしてニーズを探ることが鍵なんだろうと思います。

  3. いのくま on

    ご無沙汰してます。ずっとブログ読んでます。私は実は関西に住んでいたとき、阪神大震災に遭っています。被災者の気持ちも、NGOやボランティアの気持ちも、どちらも痛いほどわかります。
    今年で震災から13年目になりますが、まだ傷は深く、今でもことあるごとに震災がよみがえります。この経験を無駄にしたくない。バングラデシュと阪神を、つなげることができたら、と思いました。

  4. 私も早速その本を購入しました。
    また何かオススメの本があったら、是非紹介してください。

  5. ふじおか on

    いのくまさん、
    そうでした、ご本も編集されてますよね?たしか私が女性センターの情報ライブラリに勤めてた当時、自分で選書してライブラリに入れたし、読んだのだけど自分では持っていません。あらためて読みたいので、在庫お持ちだったらぜひ買わせてください!
    Mariさん、
    上記「女たちの阪神大震災」もおすすめですよ。

コメント

CAPTCHA