サプライズ花束

5

ダッカ事務所では毎朝9時から朝のミーティングを行い、その日の予定や仕事の進捗状況などをシェアします。昨日の朝、いつものように2階の会議室に上がっていったら、いつも私が座る席の前のテーブルの上に、赤い薔薇や色とりどりのグラジオラスが入った大きな花束が置いてありました。
おおっ!と驚いていたら、後ろから上がってきたスタッフたちがみんなで、「アパ、お誕生日おめでとう!」
私の誕生日、覚えていてくれたんだね。
こういうところ、ダッカ事務所のスタッフたちは本当に心優しい。誰かが事務所を去るとき、新しい人が入ったときの歓送・歓迎会に何をしようか?何をあげようか?といったことも、みんなかなり気合を入れて考えます。本人に気づかれないようにこそこそとお金を集めて。小嶋駐在員が帰国するときのお別れ会も、イショルゴンジで買って連れて帰ってきた山羊を事務所の庭でさばき、事務所の料理スタッフに山羊カレーをつくってもらってみんなで食べる、というすごいものでした。(日本じゃちょっと考えられませんね)
私の誕生日のサプライズ花束のことも、前日からみんな相談していたそうだけど、まったく気づかなかった。みんなどうもありがとう。スタッフ全員の署名入りのカードもうれしかったです。
私も皆の気持ちに応えるべく、会議のため来ていたPAPRIのスタッフ5人を含め、全員にミシュティ(ベンガルのお菓子)とシンガラ(つぶしたジャガイモを小麦粉の皮で包んで揚げたスナック)を振舞いました。
残りあと何ヶ月ぐらいみんなのボスでいられるのかわからないけど、帰国のその日までがんばって一緒にいい仕事したいと思います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

5件のコメント

  1. 明けましておめでとうございます。お誕生日だったんですね。おめでとうございます。
    昨年末はサイクロン被害者への支援活動お疲れ様でした。
    藤岡さんの赴任期間の終わりはまだ決まっていないんですね。
    藤岡さんの日記を楽しみにしているので、私としては長くいてくれたらなぁ、なんて勝手に思ってしまいますが…バングラはやはり長期滞在するのは大変なんでしょうか。(でもどんな国でも、母国外で生活するのは色々と大変なことはあるのでしょうね。私は経験がないので…)
    あとどれだけあるか分からないですが、残りの任期頑張ってください。

  2. ふじおか on

    Mariさん、お久しぶりです。コメントありがとうございました。
    そう、任期の終わりはまだ決まってないんです。なんだかんだ言って来年の誕生日もいたりして…。
    まあここで生活すること自体はそんなに大変じゃないんですが、単身赴任の身だし、あんまり長くなるとキビシイかなあ。

  3. 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。今年もブログの更新、楽しみにしています。
    私も昨日、誕生日を迎えました。花の40歳です。何かが始まりそうでわくわくしています。で、今年の年末に、14年ぶりでバングラに行きたいねって、勝手に思っているところです。(家族4人の移動は、経済的にキビシイですので。。。)

  4. ふじおか on

    はるかさん、
    そうですかー。はるかさんも1月生まれなんですね。お誕生日おめでとうございます。年末バングラ、もしかしたらちょうどその頃総選挙かもしれないですね。どうなっているかまったく予測がつかないですが…。
    14年ぶりだったらきっとすごーく変わってると思いますよ。私は昔を知らないですけど、10年、15年前を知る方々は皆さん「別の国に来たみたい」っておっしゃいますから。とくにダッカの変貌には驚かれるようです。

  5. はるか on

    実は昨年の年末に夫が訪バしたのですが、ダッカの感想は「空気がきれいだった。」でした。
    藤岡さんのブログで拝見していて、そのことは感じていたので、「知ってたもん。」って言ったのですが、実感してみたいですね。

コメント

CAPTCHA