省エネ

4

今週末はお花見日和のようですね。

ここダッカは、この数日停電が今まで以上にひどくなっています。灌漑用ポンプのための電気を農村部に送るために、ダッカの電気は計画的に止められます(といっても何時からと連絡があるわけではなく突然切れる)。

それが1時間おきに1時間ずつだったのが、今週から2時間おきに2時間ずつに変わりました。幸い私のいる家はバックアップ電源があるので明かりはつきますが、テレビ、冷蔵庫などの電気は切れたままです。今(金曜日の昼間)も2時間ごとに切れています。あぁ、バッテリーがなくなる。。。と気にしながらパソコンを開いています。

先日、首相から「夜6時から11時までエアコン使用中止」ということが発表されました。
私は家ではほとんどエアコンを使わないので別にいいけど、病院などは大変ですよね。お米の生産のために村に電気を優先するのは賛成だけど、病院は別扱い、というようにできないのでしょうか。

このような停電は、村で暮らしている人にとって、電気がたまに来る、という状態なので大きな影響はないけれど、今やパソコンで仕事をする時代、電気に頼った生活になると本当に停電は困ります。パートナーからは「電気がないからレポートを送れない」と言われ、東京からのメールがチェックできないから仕事が遅れる。
このあいだ、スタッフに「日本は停電がないんだって?!」と言われ、そういえば「ない」ですよね。災害が起きれば別だけど、普段はいつも電気があります。すごいな、日本の電気供給事情。と改めて関心してしまいました。

「省エネ」という言葉は昔から言われてきたけれど、実際に停電してみると、電気のありがたさを実感できて、より省エネに意識が向くかも(笑)。
たまに電気のない時間をすごすのも悪くないですよ。暑いけど。。。(現在、室内で、気温33度、湿度70%)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

4件のコメント

  1. ハッピージュンコ on

    内山さんお久しぶりです。バングラが大好きな私。4年振りに行く事が出来、バングラの若いエネルギーを体感できて、今元気モリモリです。今回は水の問題でクルナへ言って来ました。4日間ほど滞在して、最後にダッカのJICA事務所でお話を聞き帰国しました。リーダーの大学教授は今後の動きとしてはシャプラニールの活動など、いろいろと体験談をお聞きしたいようです。クルナ大学の教授が中心となって、福井大学の教授がサポートする形で、クルナ地域の水環境をクリーンな物に近づけたいと考えています。今後ともいろいろと宜しくお願い致します。
     

  2. 内山駐在員 on

    ハッピージュンコさん
    バングラデシュにいらっしゃっていたのですね。クルナの水環境、どのような調査をされたのかお話を聞きたいです。

  3. ハッピージュンコ on

    内山さん”南の風”で知りました。人事異動の時期なのですね。直接お話する事はありませんでしたが、現地からのブログは凄く勉強になりました。本当にご苦労さまでした。
     クルナの水問題の件ですが、今回訪問した村にはすでに2箇所ほどコンクリート水槽が作られていて井戸水をろ過して使用していました。水の純度はと言えば、肉眼で見ても汚れていて臭いも泥臭かったです。それでも、まあ、しないよりはましかと思いました。今後は各家庭に円筒型の淡水化装置を作ることを教えて(勿論、安くて簡単に出来るもの)日常の飲料水ぐらいはまかなえるような状態に出来たらいいと考えています。良い水があると言う噂を聞いてか、なんと16キロ先からも大きなタンクを持って取りに来ている人もいました。地元の人達と力を合わせて継続できる支援としてやっていきたいというのがクルナ大学と福井大学の教授の願いです。内山さん達のいろいろなご経験が大きなアドバイスとなると思っていますので、今後とも宜しくお願い致します。

  4. J,フォキール on

    停電はどうですか?
    7月21日頃から6年振りにバングラに行きます!
    その頃、まだ居ますか?
    離任はいつ?

コメント

CAPTCHA