明けましておめでとうございます

4

みなさま、明けましておめでとうございます。お正月をいかがお過ごしでしょうか?
バングラデシュでは西暦の年末年始はとくに休みではないので、ダッカ事務所も今日は平日、通常どおり朝から仕事をしています。昨年12月中旬から後半にかけて、イスラム教の犠牲祭のイード(Eid-ul-Azha)の休みとクリスマス休みがあったので、10日ほど日本に一時帰国していたのですが、クリスマス・イブには日本を出てダッカに戻ってきました。
昨年、2007年はバングラデシュにとって本当にいろいろあった1年でした。軍をバックにした選挙管理内閣が大物汚職政治家を片っ端から逮捕したり、ダッカ大学から波及した政府への抗議行動で外出禁止令が出たりと、政治的にもいろいろありましたが、自然災害の多い年でもありました。年のはじめの寒波、2度の洪水、そして11月半ばの大型サイクロンの襲撃では多くの犠牲者が出、被災した人たちは今も厳しい状況におかれています。
シャプラニールダッカ事務所も昨年度の後半はサイクロン被災者の救援活動で目まぐるしい日々を過ごしました。おかげさまで予想を超える額のご寄付が集まったので、救援と復興支援活動は今後も引き続き実施していきます。第1弾から第3弾までの救援活動はほぼ完了し、今は次なる支援活動について現地パートナー団体と共に鋭意検討しているところです。
また、ダッカ事務所では昨年9月に内山新駐在員が赴任、昨年末には小嶋駐在員が2年5ヶ月の任期を終えて家族とともに帰国しました。プログラム・オフィサーも男性オフィサー1人(ロシドゥル・バリ)が去り、女性オフィサー1人(ウンメ・ハビバ)が新しく入ったので、前よりだいぶ女性が多くなりました。
私も2005年5月に赴任してからあっという間に2年7ヶ月が経ちました。今年は(たぶん)駐在最後の年になります。やらなければならないことはたくさんありますが、残りの時間、ひとつひとつしっかりやっていきたいと思います。
シャプラニールの会員・支援者のみなさま、このブログをいつも読んでくださる皆さま、コメントをくださる皆さま、昨年はどうもありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

4件のコメント

  1. 平穏な年であるよう祈ります。
    昨年は新聞の小さな囲み記事から、シャプラニールの活動を知った年でした。
    本年から会員としてチカラになりたいと思います。
    きょうのテレビ東京系列で、バングラデシュの洪水とサイクロン、
    そして近年ますます国土が削られていく様子と、
    人々の苦悩と懸命に生き抜こうとしている姿が放映されました。
    あまりにも課題が大きいなー、と見ているだけで
    気が重くなるようでした。でも、やれることをやっていかなければ
    ならないんですよね。
    これからも情報よろしく御願いします。

  2. j、フォキール on

    新年明けましておめでとうございます。 帰国中でしたか・・。更新がないので、サイクロンの被災地かと思っていました。
    内山さんが復活して、さっきコメントを送ったところです。
    昨日(元旦)夕方5時から2時間、東京12chテレビで、地球温暖化、環境破壊をテーマにした仲間由紀恵の「青い地球」の放映がありました。企画進行中に相談を受け、情報提供と話をしました。その後、ロケハンに行ったディレクターがサイクロンに遭遇し急遽取材を敢行。12月初旬、本体ロケがあったようです。
    見ての感想は、バングラに関しては、今までにない丁寧な取材でしたが、番組は、やはり「お涙頂戴」・・・。
    バングラやアジア・アフリカの北緯25度にある国々の惨状を羅列し、同じ緯度にある仲間由紀恵さんのふるさと沖縄の島での珊瑚のい白化現象と復活活動をしている地元の小学校を紹介。結びのことばは、「身近で起きていることに気づかなければ!」でした。
    企画書を見た時から懸念した通り、これまで100年近く地球・宇宙を破壊してきた経済先進国(アメリカ・ヨーロッパ・日本など)や発展著しい中国やインドのことにはほとんど触れず、ボランテァ活動はいいことですばらしいことですよ!みなさんやりましょう!というイメージの番組でした。去年に引き続き第2回目にもかかわらず、テレビ局としての姿勢、マスメディアとして世の中をリードし創っていくんだ!という責任と政策を感じることができませんでした。
    最初は下請けの制作会社の人と2回目は局のプロデューサーと話をしました。正月の特番なので大手企業がスポンサーに付き、中国やインドと仲良くしていきたい日本なので、こりゃー、とうてい無理ですね!と言いもしたのですが、果たしてその通りになりました・・・。
    こんな時にだけ引き合いに出されるバングラデシュ。引き合いに出す日本のマスメディア。考えものです!
    んー、「どげんかせんといかん!」(宮崎県出身です)
    「石の上にも3年」これは日本の諺。 バングラデシュには 石 が 無い!
    なぜなら、世界最大のデルタ地帯(堆積土)で、畑の土でレンガを作り、それを砕いて石ころ代わりにするから。
    藤岡さん、3年じゃ足りないでしょ?! 
    シャプラ本部はどう思います?
    今年もよろしくお願いします!
    ・・バングラに行けますように!・・

  3. SAGA on

    新年あけましておめでとうございます。
    本当に昨年は色々なことがありました。選挙から、2大政党党首拘束からサイクロンから・・・。
    今年は「発展」の年にしたいものです。

  4. ふじおか on

    みなさま、新年早々からのコメントありがとうございます!お返事が遅れました。
    イルちゃんさん、
    会員になってくださるとのこと!
    とても嬉しくて元旦から元気が出ました。春のスタディツアーにも参加されませんか?ぜひご検討を。
    j、フォキールさん、
    被災地でがんばる現場のパートナー団体のスタッフには申し訳なく思いつつ、シャプラの救援・復興支援活動も長丁場になりそうなので、ちょっと一時帰国させていただいてました(ついでに今後の活動について東京事務所で相談もしてきました)。
    日本に帰ってすぐ、2晩ぐらいは救援活動の夢を見ました。荷物を運ぶトラックがどうとか、トイレの設置がどうとか。頭の中がサイクロンでいっぱいになってました。
    日本の家のお風呂大掃除などもし、気分転換して戻りましたのでまた心機一転、がんばります。
    3年じゃ足りないかどうか?うーん、どうなんでしょうね。ダッカ所長は私のような小物にはけっこう重い任務なので、3年半ぐらいがいいところかもしれません。理事も駐在員も皆が交代しながら担って続いてきた組織ですので、次の人へのリレーがうまくいけばいいんじゃないかな、と。帰るときは名残惜しくて泣くかもしれませんけど(笑)
    SAGAさん、
    ほんと、2008年は「発展」「前進」の年にしたいですね。バングラデシュにとって、選挙を前にある程度の波乱は避けられないでしょうけれど、その結果後戻りするのでなく、皆が「前進している」と感じられる1年になってほしいと思います。

コメント

CAPTCHA