【東日本大震災】バングラデシュからのエール①

4
「被災した人たちのために、せめて励ましのメッセージだけでも届けることができないか」
Bengal Toursの代表を務めるマスッド氏の発案で準備を進めているという知らせを受け、週末を利用して有志7名(バングラデシュ人5名、日本人2名)でバゲルハット県ショロンコラ郡、サウスカリユニオンに行ってきました。ここは2007年11月に巨大サイクロン「シドル」が襲来し、シャプラニールがJJSと組んで緊急救援を行った場所でもあります。もう一人の日本人は、「志ネットワーク」(バングラデシュ人を対象とした日本語クラス)で日本語を教えている岡林さん。
震災と津波の発生後、東京事務所では早々に緊急救援活動の実施が決まり、各スタッフが動き始めました。ダッカ事務所でもパートナー団体から寄せられるメッセージや寄付を集約したり、組織として公的に寄付を日本に送金するための手段を模索する(※)などの動きを開始しましたが、駐在員としてできることは限られており、もどかしい思いをしていました。そこに上記の知らせ。一も二もなく同行させてもらうことにしました。
(※)その後、コネを駆使して当会ダッカ事務所長の田中がバングラデシュ中央銀行総裁と会談した結果、「組織が公的にバ国から海外へ送金することは(国策として)できない」という旨の回答を得ました(クレジットカードや銀行口座を持つ個人、外資系企業の支店間送金、政府の許可を得た輸入業者等は除く)。政府の方針として、援助資金を含む外資流入による通貨高やインフレ対策よりも何よりも、自国内への外貨蓄積を優先する、ということでしょう。ブラジルなどが自国通貨高を嫌って外資の流入規制を行っているのとは対照的です。いずれにしても正攻法での送金は難しい状況です。
地震・津波の被害を受けた方々の心痛は、余りに大きすぎて想像もできません。しかし、シドルの直撃を受けて全てを喪った人たちなら、東北の被災者の方々の心情にいくばくかでも近づけるかもしれない。今日も復興に向けて歩みを進めるこの人たちの言葉なら、少しでも励みになるかもしれない。こう考えてシドル被災者の人たちからメッセージをもらうことになりました。
深夜11時にダッカを出発し、12時間かけて現地到着。到着したところで以前サウスカリユニオンの議長を務めていたマムン氏と遭遇。「どういう目的で来たの?」と訪ねる彼に趣旨を説明したところ、「私にも是非手伝わせて欲しい。村の人たちに説明して寄付を募ろうと思うから、夕方になったら市場に来て欲しい」とのこと。驚いてしまいました。
夕方市場に行くと、早速マムン氏が目立つ場所に立って話し始めました。「皆さん、先日日本で大地震があり、その後津波が襲ったため甚大な被害が出ています。2007年にシドルが私たちの村を襲った時、日本の人たちは大いに助けてくれました。今度は私たちから恩返しがしたい。皆さん2タカ、5タカでも良いですから、寄付に協力して下さい」(写真中ほどの背の高い男性)
DSC03547.jpg
するとそばにいた学生さんたちが「自分たちにも手伝わせて欲しい」と、ひっくり返した帽子を手に衆目に訴え始めました。
DSC03552.jpg
それを見ていた村の人たちからは続々と寄付が集まりました。50タカ札を出しかけて、「いや、やっぱり100タカ寄付させてもらうよ!」と言ってくれる学生さんもいました。人ごみの向こうから手を延ばして10タカ札を渡してくれるおじさんもいました。結果、4,000タカを超える寄付が集まりました。(この募金は、志ネットワークの銀行口座を通して日本に送金される予定)
DSC03566.jpg
集まった金額自体は微々たるものかもしれません。しかしここまでの流れは村の人たちのオーナーシップによって作られました。元々の目的はメッセージをもらうことで寄付を募るつもりはありませんでしたし、一切お願いもしていません。この村の人たちの気持ちが自然と「寄付」という形をとり、それに大勢の人たちが応えてくれた。決して楽ではない生活の中から、少額でも寄付に回してくれる。とにかく温かくて嬉しくて、胸が熱くなりました。
すぐに役立つ物資を届けることはできませんが、どうかこの国の人たちの友情と思いやりが被災地の方々に届きますように、励みとして頂けますように、そして一日も早く復興へと踏み出せますように、心からお祈り申し上げます。
明日からはこの地域の人たちから受け取った一人一人のメッセージをお伝えしたいと思います。
※市場で募金を行っている動画は以下を参照下さい。
「【東北関東大震災】バングラデシュからのエール①
」:
「【東北関東大震災】バングラデシュからのエール②」:
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

4件のコメント

  1. ハッピージュンコ on

     菅原さん、バングラデッシュの人達の心が凄いですね。写真を見ていてもその優しさと熱心さが伺えます。人間っていいですね。
     東北は今、本当に世界中から暖かい支援を受けてこの苦難を克服しようと頑張っています。新聞やTVは毎日その情報で目いっぱいです。私も日本赤十字より支援をさせていただいて、日々の成り行きを気にしながら応援している状況です。本日の最新情報に寄れば、支援物資の方は満杯なので23日で一応止めさせていただき、輸送の方に力を入れるとの事でした。
     とにかく、今の状況では現地へのボランティアも入る事は出来ず、現金のみの支援受付が続けられているようです。
     バングラデッシュの人達の暖かい応援に感謝し、東北の人達の元気が少しでも早く戻る事をお祈りしたい。
                     オットント ドンノバ^・^

  2. すがはら on

    >ハッピージュンコさん
    サウスカリユニオンの人たちの行動に接して、心の奥の、さらに深いところにある尊いものを見せてもらった気がしました。
    阪神大震災の時には、緊急救援の体制が整って身の回りが少し落ち着き始めると、メンタル面でのサポートも重要になってきていたと記憶しています。
    日本の、そしてバングラデシュや世界の人たちの応援で、少しでも早く元気を取り戻して欲しいと切に願います。

  3. ふじおか on

    すがはらさん、お疲れさまです。
    サウスカリ・ユニオンの人たちが動いてくれたこと、知らせてくださりありがとうございました。シドルから3年半ぐらい、まだこの方たちの生活も大変だと思います。あのときのうちひしがれた人々の様子を昨日のことのように覚えているだけに、こうして寄付してくれた人たちの気持ちと行動が涙が出そうに嬉しいです。
    今、東北の被災地では中高生や若者たちが避難所での食糧配布や掃除などの中心となってがんばっています。サウスカリでシドルの被災を経験して、今は防災トレーニングを受けている若者たちに、日本の若者たちのがんばりも伝えられたらいいですね。

  4. すがはら on

    >ふじおかさん
    彼らが進んで寄付をしてくれたこと、本当に驚きましたし嬉かったです。人のつながりを感じられました。サウスカリユニオンの若者たちに日本の若者の頑張る姿を伝える、というのは思いつきませんでしたが、いいですね。防災トレーニングを受けている若者にとっても励みになりそうな気がします。

コメント

CAPTCHA