福岡にて(キャラバン?日目)

1

全国キャラバンもすでに20数ヶ所での講演を終えて終盤に差し掛かり、今日は福岡にいる藤岡です。旅は今のところ無事に続けております。

10月中旬からの宇都宮→仙台→山形→札幌の旅が終わったあと、10月後半は東京、神奈川近郊を回り、そのあと11月1日から14日までは、佐渡→長岡→金沢→富山→大阪→松山→名古屋→静岡を2週間かけて回る、という非常に濃い日々でした。書き残さないとあまりにもったいない経験が多々ありながらキャラバン日記の更新が止まってしまったのには色々理由があるんですが、主なものは、

①東京近郊にいる間は自宅から出たり入ったりしていたため、帰宅後ご飯をつくったりしてそれなりに主婦っぽいことをしていて忙しかった。

②佐渡から始まった2週間は支援者の方々のお宅に泊めていただくことが多かったため、夜中まで飲んでしまいブログを書く余裕がなかった。

③キャラバン前半は全身蕁麻疹とひどい肩こりに悩まされ、北海道でお世話になった萱野さんのお連れ合いで鍼灸師の真理子さんに「それはストレスですよ」と指摘され、それから無理をするのをやめた。その後のキャラバン中、暇さえあればその土地の温泉やスーパー銭湯に入り、各地でみつけた整体やマッサージ治療院に駆け込んでいた。行く先々で「あなた背中ガチガチですよ」とか「いつギックリ腰になってもおかしくないよ」と言われ、ますます無理するのをやめた。

④残りの時間は講演の合間を縫って地元の名物を食べに行き、観光をし、現地の神社でおみくじを引いたりしてていて忙しかった。

といった状況です。どうしようもないですねー。

でも、この間のことはなんとか追いついてあとで書きたいと思います。だってそれはそれは面白かったし、考えさせられることも多かったんですよ。でもとりあえず今日は本日の福岡のことを書きます。

 

今日は福岡の天神駅近くの福岡NPOセンター(あすみん)にて、講演でした。集まってくださった方の平均年齢はたぶん今回のキャラバン中もっとも高かったと思います。70代、80代の女性が多かったんですよ。その中でもバングラデシュに行かれたことのある人も数人いらっしゃり、皆さんお元気でカクシャクとされていました。私自身、80歳になったとき、自分より40歳若い人間が話をするこういう勉強会に参加する意欲を持っていられるだろうか?と考えました。50代、60代から国際協力に関心を持ち始められた方々が、30年間関心を持ち続けられるということはすごいことだと思います。いらしていただいてとても嬉しかったです。ブックレットもたくさん買っていただいてありがとうございました。

講演は4時半ぐらいには終わり、主催者のアルスin福岡の方々とお茶しながらあれこれおしゃべりをしてお別れしたあと、私とアテンドの京井さん(シャプラニール唯一の20代女性)は、「さて、どうするかねー」とガイドブックや地図を見ながらホテルで真剣に検討したあと、以下のような方針を決定。

①まず長浜のスーパー銭湯に行く。

②その後、中洲の屋台で夕食をとる。

これは正解でした。

長浜のスーパー銭湯「湯の華」、一応天然温泉を加熱したものらしいんですけど、露天風呂もあってよかったです。さらによかったのは、ここから出てすぐのところに、焼き牡蠣の店が出てたんです。牡蠣を殻ごと炭火で焼いて食べるんですよ。いいでしょう?

CIMG3914.jpg

↑牡蠣を焼く京井嬢。彼女は就職して最初に出たお給料で、友達とオイスター・バーに行ったほどの牡蠣好きだそうで。私も牡蠣大好きだからお互いハッピーでよかったわ。テーブルの上に置いてある軍手はね、これを左手にはめて、右手はナイフで焼けた牡蠣をこじあけるんです。彼女はあんまりお酒は飲まないですけど、私はここでまず生ビール一杯。

それから中洲の屋台へ。ずらりと並ぶ屋台をまずひと通り見たあと最後尾の屋台に入り、おでんと手羽明太、いわし明太を注文。この手羽明太はおいしかったです。揚げた手羽先の中に明太子がぎしっと詰まってるんですよ。おでんも「餃子巻き」ってのは初めて食べましたねえ。わたし熱燗コップ2杯飲んでしまいました。

 

CIMG3920.jpg

↑中洲の屋台でのフジオカとキョウイ。

でもこういう屋台のお客さんって、地元の人より観光客とか出張で来た県外の人のほうが多いみたいですね。それでほとんどの人はラーメンだけ注文してますね。

1件目を出たあと、「なんか雑炊かなんかで締めたいねー」と言いつつそれっぽい店がないので、また別の屋台で焼きラーメンとモツ鍋を1つずつ注文。ここで私はまた梅酒を飲んでしまいました。

隣に座った出張中の男性二人は名古屋の人で、名古屋名物の話で盛り上がり、いろいろと名古屋の新知識を仕入れました。最近名古屋で話題の食べ物は「あんかけ風スパゲッティ」だそうです。

CIMG3927.jpg

↑屋台が並ぶ中洲の夜。

 

なんか仕事より飲んだ話ばかりになってしまいました。明日は小倉に移動します。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

1件のコメント

  1. j、フォキール on

    はい、筆(キーボード?!)が停まっていた原因が分かりました!
    元気に歩とお酒が進んでいて安心安心!ほっ(^_^)
    やっぱ、藤岡さんのブログは本にしなきゃ~いけないですね!
    先ずはバングラ編を!
    「高齢者の方々がいらして・・・」、そうですか!
    その方たちは何故?どの様な気持ちで?何を目指して?
    他にどの様なこと(活動)をされているのでしょうか?
    周囲の若者たちは、どんな様子ですか?考えですか?
    明日は北九州の亜紀ちゃんとこ、明後日は中津の須賀さんとこですね。
    亜紀ちゃんと会ったのは2年半前になるでしょうか・・・現在バンコクで、JICAの「人身取引被害者保護・自立支援促進プロジェクト」の仕事をしている織田さんと3人で会いました。姪の結婚式に出る前日に。その織田さんは、23年前、東京女子大の講師をされていて、生徒といっしょになってバングラの写真展と講演会をして下さいました。その時の生徒のひとりとは今も?がりがあります。
    須賀さんとは20年位前かな~・・・ずっとずっと連絡会をなさっているんですよね!あの時は、木造の離れみたいな所で、仲間が集まっての話しだったような記憶があります。大きなお祭りも見たような記憶が・・・。
    キャラバンは中津で終了でしょうか?
    さてさて、今回の全国行脚が各地に何を残したか?!
    シャプラが、各地各人から何を貰ったか?!
    今後が楽しみですね!
    ところで、冊子『農村文化運動』 「女性の力」で地域をつくる -山口県の「生活改善」の現場から- の研究者の山口大の辰巳さんが、ヒマラヤでの修行(?!)後バングラを再訪し、ハンナン&康子さんにも会って昨日帰国しました。ぜひ連携を!
    それと、このブログを介して所在が分かり、現在バンコクで、「国際子ども権利センター」の仕事をしている甲斐田さんからメールが届きました。これまた20年前でしょううか・・・当時はユニセフでした。山に篭って修行したいそうで・・・ヒマラヤでサドゥーになるかな?!
    藤岡さんは? 360度地平線のバングラで、人人人の大海原(俗界?!)で4年半暮らし仕事をしてきて、山に行きたくなりませんか?
    いやいや、これらは、シャプラニール38年間の宝ですね!
    私にとっても35年間の宝(ショナ=ベンガル語で“黄金”)です!
    北九州と中津の様子、少しでもいいですので! よろしくm(._.)m

コメント

CAPTCHA