池の水抜き

0

第二次救援活動で「池の水抜き作業」を行います、という記事を見て、「は?」と思われた方もあるかもしれません。なんで緊急救援で池の水を抜く必要があるのか?池なんてあとにしとけば。と思われるかも。

でも、これが実はこの地域にはとても大事なんです。飲料水の確保のために最優先でやってほしい、と村人たちが望んでいることです。

今回サイクロンの被害にあったバングラデシュ南西沿岸部は、前にも書いたかもしれませんが、地下水に塩分が混じっていて、井戸を掘っても塩水が出て
しまう地域が多いのです。日本みたいな水道なんて村の中には通ってないから、井戸がダメだとなると頼りは池とか川の水、そして雨水しかありません。

私たちが活動しているボクルトラ村も村人の飲み水や生活用水は池の水がたよりです。3000人の村人が暮らす村の中に、大小とりまぜ約500もの池
があります。しかし、そのほとんどが今回のAILAによる高潮の被害で塩分の混じった汚い水が入ってしまい、以前のように生活用水として使えなくなってし
まったのです。

折りしもバングラデシュはこれから本格的な雨期。しかもAilaの影響もあって今年はモンスーンの雨がいつもより早く降り出すと言われています。この貴重な雨水を池に溜めて使えるように、今すぐ池に溜まった汚い水をポンプで抜き出さなければなりません。

この作業は今すぐに始めて雨期の雨が本格的に降り出す前に完了したいと思っています。なので、池が500あっても実際できるのは30がせいぜい。1
つのポンプで池の水抜きを行うと、3日3晩かかります。ポンプ3つで1つの池をいっぺんに水抜きすれば1日ですみますが、いずれにしろ私たちのキャパでは
30日で30の池がやっと、というところ。この30の池、どれを選ぶかはよく検討して、多くの村人が共有の池としてとくに飲み水のために使っているものを
優先します。

池の汚水をきれいに抜いて中を掃除し、池にとりつけた水の濾過装置の中もきれいにし、そこに新しい雨水が溜まれば、また村人たちはその水を使えるようになります。モンスーンが来るまでに1つでも多くの池の水を抜きたい。時間との闘いです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA