ものもらい流行中

2

雨季も後半のこの季節になると”ものもらい”が流行り、目を赤くしている人が多くなります。我が事務所でもスタッフが順番に目を腫らし、感染するから…と数日休んだりしています。私や小嶋駐在員は今のところ無事ですが、今ひどい状況なのは雑用係のトゥトゥール。両目がほとんど開かない状態で悲惨です。
ここの人たちは皆(かなり教育のある人でさえも)、ものもらいは目をこすった手が触れたり同じタオルを使ったりして感染るだけでなく、「3度目と目を合わせると感染するから目を見ちゃいけない」などと言うんです。ウイルスが目から目へピューっと直接飛ぶイメージらしい。だから目が見えないように、とものもらいになった人は色の濃いサングラスをかけています。「見たからって感染するってもんじゃない」と私は主張しているのですが、あんまり受け入れられません。トゥトゥールも今黒いサングラスをかけてチンピラみたい(笑)。まあ、目の腫れた顔は人に見せたくないし、人の腫れぼったい目を見るとこっちの目も腫れてくるような気がする、というのは気持ちとしてはわかりますけどね。
スタッフの話によると、1971年の独立直後の洪水のあと、バングラデシュ人の9割以上がものもらいにかかった時期があったそうです。みんな一様に目を腫らしていたとか。その頃は今よりもっと栄養も悪かったでしょうし、衛生面の状況も悪かったので、あっという間に広がってしまったのでしょう。
洪水で汚水が溢れることがしょっちゅうのバングラデシュでは、皮膚病、眼病、下痢は今も多くの人が悩まされる病です。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

2件のコメント

  1. ミルプルテン on

    藤岡さんのコメントを読み始めたところで、うちのスタッフの「レーザー光線説」をお知らせしようかなと思っていたら、同じことが書いてあったので思わず大笑いしました。そう、目をみるとうつると思ってるんですね。バスに乗ると小さな子供からおばあさんに至るまでサングラスをかけているので本当におかしくなってしまいます。まあこちらの人は顔を近づけてつばを飛ばしながら話すので、この病気に関しても距離をあけるという意味ではあながち間違った対処策ではないのかもしれません。同じような「誤解」の一つにチョンディスがあるように思います。スタッフの家族が病気だというので尋ねると「チョンディス(黄疸)だ」といいます。でもそれって症状じゃないの。原因は何なの、と尋ねると、だからチョンディスだと同じことの繰り返し。まだ納得させることができずにいます。(^_^;)

  2. ふじおか on

    ミルプルテンさん、
    「レーザー光線説」!まさしくそれですよ。でもサングラスでレーザー光線はさえぎれるのかしら。
    あと今日うちのスタッフから聞いたのは、水疱瘡(チキン・ポックス)のこと。水疱瘡のウイルスを「シャイ・ヴァイラス」っていうんですって。水疱瘡の人をみて、ぶるぶるっとなるとうつるんだとか。よくわかりません…(笑)

コメント

CAPTCHA