子どもにきちんと説明するということ

12

1週間ちょっとの一時帰国を終えて、おとといの午後帰国しました。戻ってみたら洪水の水はかなり引いたということでよかったものの、毎日どんより曇っているのに気温も湿度も高いわ毎晩停電するわで、こりゃもう不快指数(最近聞かなくなりましたね)100%、という感じ。暑くてもすかっとした青空が広がり、白い雲が浮かび、早朝や夜は涼しい関東の夏が、早くもちょっと懐かしいです。
先週の土曜日にはシャプラニールの東京事務所のある早稲田にて、「ダッカで家事使用人として働く少女支援事業」について講演をさせていただきました。ひときわ暑い日で、しかも午後2時から4時という一番暑い時間帯だったので、お申し込みされてもいらっしゃらない方も多いかも…と思いきや、43人の方が参加してくださいました。約半分を占めた会員やサポーターの方に加え、よくこのブログにコメントをくださるj、フォキールさん、MARIさん、いのくまさんもいらしてくださったし、友人やNGO関係者の仲間たち、以前スタディツアーでバングラデシュにみえた方たちの顔もみえ、皆さん活発に質問したりご意見もくださって、私はたくさんの方々に応援していただいて今活動しているんだなあ、ということをあらためて感じました。暑い中、講演会にいらしてくださった皆様、本当にありがとうございました。
この講演会にいらしてくださった方々の中に小学生の参加者が2人いらっしゃいました。計2時間の予定が私のプレゼンは50分ぐらいで終わってしまい、あとは会場の皆さんとの質疑応答の時間にあてたのですが、その中で、ひとりの小学生の男の子が、「ストリート・チルドレンてなんですか?」と質問してくれました。
私はちょっと詰まりました。どう言えばわかってもらえるんだろう?
結局、私の答えは、ストリートというのは道路のこと。道路の上で暮らしたり、働いたりしている子どものことをストリートチルドレンといいます…というような表面的な説明で終わってしまいました。
せっかく勇気を出して手を上げて質問してくれたのに、きっと私の答えではよくわからなかっただろうなあ…と思います。道路で働くって、なんで働かなければいけないの?道路とか外で暮らすってどういうこと?と。時間はまだあったのだから、もっと丁寧に時間をかけて説明すればよかった、とあとあと悔やみました。
講演会のあとで晩御飯につきあってくれた友人たちとこのことについて話したところ、「まず、あの男の子に質問するところから始めればよかったんじゃないかな」と言ったのは自身も2児の母のYさん。「あなたは誰と一緒に住んでる?どうやってご飯を食べてる?そういう質問から始めて、でもバングラデシュにはそれができない子どもがいる、という話につなげたらうまく説明できたんじゃないの」と言われて、なるほど…と思いました。
また、「藤岡さん、あの子への説明の中で『スラム』って言葉使ったでしょ。でも、『スラム』についても説明がなければわからないんじゃないかと思ったよ」と指摘してくれたのは、カンボジアで活動するNGOの役員のOさん。そうですね、説明するつもりで、よけい疑問を増やしてしまったのかも…。
私はシャプラニールに入る前、子どもの権利にかかわるNGOのスタッフや役員もしていたことがあるのですが、裏方の役回りが多かったので、実際に子どもを相手に自分が話をしたり、ワークショップのファシリテーターをしたりした経験はないのです。他の人がやっているのは何度も見たことがあるんですが、頭でわかってることと実際に自分がやるのはべつのこと。活動について子どもにわかりやすく、きちんと説明するスキルが私はぜんぜんなってないなあ…と、自分でもよくわかり、こりゃいかんと思いました。
バングラデシュの働く子どもたちのことについては、日本の子どもたちも関心があるようです。参加してくれた2人は最後まで静かにしっかり聞いてくれていました。
質問してくれた男の子、ちゃんと説明できなくてごめんね。お隣に座っていたお母さんに、だいぶフォローしていただいたようだけど…。いつか、子どもたちだけを対象に、ちゃんと準備して、バングラデシュの働く子どもたちのことについてお話ができたらと思います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

12件のコメント

  1. ハッピージュンコ on

    東京での講演、ご苦労さまでした。私事で家を空けられづお話を聞けなかったのが残念です。南の風に内容が記載される事を望んでいます。小学生が講演を聞いていたとの事、素晴らしいことですね。分からないなりに必ず何かを発見する糸口になると思います。 
    停電続きの熱帯バングラ、くじけないでガンバッテ下さい。今は北朝鮮なども水害の被害が大きくて国連が乗り出すとか言っているようですね。バングラで突然スコールに遭ったことがありますが、見る間に街中が川に変わるような降り方で驚いた経験があります。停電も何度か体験しましたが、さほど現地の人達は動揺もせづ薄暗い中で行動している事にも感動?し、何だか人間の底力のようなものを教えられた気がしています。自然に即した生き方なのかも。

  2. j、フォキール on

    あー、水が増えてなくて良かった!一時帰国中、心配だったでしょう?
    先日の講演会ご苦労さまでした。ありがとうございました!
    初めての講演会ということもあったのでしょうが、緊張感がありましたねー。
    途中、あの小学生の質問で尚更に!
    あの緊張感というのは、多分、藤岡さんの真摯なものの考え方と相手への応対ではないかと思います。今もこのブログを読んで、そう思いました。
    実は、私は、1985年から、日本各地の小・中・高校、大学、大学院、市民団体、生涯教育の場で、「異文化理解・交流」のスライド講演会を数十回してきました。カレーを手で食べてもらったり、ルンギやサリーを着てもらったり、トイレでの水の使い方を試演したり、バングラデシュからの留学生に協力してもらったこともあります。
    話しだけの講演会とは違い、目で見て手を使う直接体験ですから、ましてや自分で撮った写真ですから、状況だけではなく思いまでも伝わったと思っています。いつも完璧ではありませんでしたが・・。
    が、きょうこの藤岡さんのブログを読み、ドキッとしました!
    私は、これまで、ちゃんと説明をしてこなかった、子どもの中のものを引き出してこなかったということだけではなく、いま生きている全てのことが“いつの間にか馴れになっていた” “相手をちゃんと見ていなかった”ことに気づきました。この先、注意!要注意!!です。
    さて、講演会のことですが、
    1、パワーポイント(映写機)を、もう少し有効的に使えないかなーと思いました。(映像人間だからでしょうか!?)
    2、以前のブログにコメントして、当日も少し言いましたが、「女中さん」「児童労働」「路上生活」等、自分の国の歴史を返り見ることで、その時々の時代や背景や価値観が分かり、バングラの問題について理解しやすくなるのでないでしょうか?それと同時に、今の日本が(私も)バングラの問題と無関係ではないことも分かると思います。その中で、お互いが協力して解決していくのが国際協力ではないかと思うのですが・・。
    あの母親がわが子をしっかりフォローしていたように、バングラと日本の親子同士、親同士、子ども同士の交流・協力プロジェクトがあってもいいのかも知れませんね!
    3、報告を聞きました、さて、支援・サポートとなった時に、募金や会員(会費を払う義務がある)マンスリーサポーター、プロジェクト指定募金などのように、すぐに「金銭支援」につながるのは日本だけのことなのでしょうか?世界の他の国ではどうなのでしょうか?どなたかご存知方や考えのある方は、いらっしゃいませんか?確かに、なにをするにもお金は必要で、あったにこしたことはありませんが!
    15年前、ネパールで、NGOの仕事を映画取材した時、山奥の高校の校長先生が、「日本からどのような支援が欲しいですか?」との質問に「近代化の為の資金と協力はありがたい。日本の経済発展の基礎となったものを教えて下さい。それ以上に、モラル・サポート(正しい見解の公表)が必要です!隣りの大国インドとの関係が緊張していた時や湾岸戦争の時に、正義と人道に立って、ひとこと発言してもらいたかった!」と応えられました。
    モラル=正義・道徳。バングラデシュの児童労働問題やストリートチルドレン問題に取り組むことは、実は、日本や自分の中の問題に取り組むことなんだ!と、藤岡さんの仕事現場からのレポートとブログでのプライベート記事(例ナシマの話)は、いっしょくたんになって「道」を提示しているように思います。いかがですか?みなさん。
    藤岡さん、これから先も、ちゃんとした仕事のひとつとして、このブログを発信して下さい!
    内山さんもね!
    デカホベ12月頃に!

  3. ふじおか on

    ジュンコさん、
    コメントありがとうございました。きっとまた帰国してからお話させていただく機会があると思いますので、ぜひそのときはいらしてください。また、このプロジェクトのことは今後もこのブログでご紹介していきますのでお楽しみに。
    バングラデシュの人たち、ほんと停電しても動じませんよね(笑)私もだんだんそうなってきました。日本も猛暑で大変ですね。今回の帰国ではバングラデシュにはない日本の蝉時雨が印象的でした。
    j、フォキールさん、先日は暑い中いらしていただいて嬉しかったです。また早速いろいろなご指摘ありがとうございます。
    パワーポイント、そうですねー、なるべく写真を多く入れるように努力はしたんですが、単調な紙芝居みたいだったかもしれません...。
    こういう報告会や講演会で、どうしたらパワポや映像をもっと生き生き使えるか、ぜひご指南いただきたいです。実は動画も多少あって、当日見せようかと思っていたのですが、映像が編集されていないことや時間配分などを考えてやめてしまったんです。
    またこういう機会があれば、もっとうまく映像を使ってみたいです。
    それから、日本の歴史と重ね合わせての理解について。もし、日本にお手伝いさんが居た頃の生活をよく知る世代の方にもっとこういう場に来ていただいて、日本やバングラデシュの「お手伝いさん」をテーマに若い世代と一緒に話していただくようなことができたら、すごく面白いし学びも多そうですね。なにか工夫できたらいいんですけど...。

  4. 先日の東京での講演、お疲れ様でした。いつも藤岡さんのブログを拝見していて、一度お会いできる機会があればなぁ…と思っていたので、参加できてよかったです。
    また、マンスリーサポーターの方、他のNGO関係者の方等々、とても幅広いネットワークがあることにも驚きました。(シャプラニールを通してだけではないかもしれませんが)皆さんが、それぞれの形でバングラやその他の活動に関わっているんだな…と改めて感じました。このブログのコメントでよくお名前を見かける方にもお会いすることができて、よかったです。
    私がバングラデシュに興味を持ったのは、数年前バングラデシュ人の知り合いができたことがきっかけでした。それから少しずつバングラの知人ができ、藤岡さんのブログをはじめネット等で、日本ではなかなか耳にすることのないバングラ情報を収集しています。藤岡さんのブログは、リアルタイムでバングラの情報を知ることができるのでいつも楽しみにしています。
    日本も猛暑ですが、バングラの夏はそれ以上に厳しいのでしょう。お体に気をつけてお過ごし下さい。

  5. はるか on

    ご無沙汰しております。
    11日の講演会、気づいたときには締め切りでした。近所なのに、残念。。。
    子どもの疑問って、どこからわいてくるのか、わかりませんよね。自分の子どもでもそうですから。
    でも、「ストリートチルドレンって?」「スラムって?」って疑問に思って、それが頭のどこかにひっかかってるかもしれない。(忘れちゃうことのほうが多いかもしれないけど。)
    そんな種まきをできたんじゃないでしょうか。
    すべてを伝えることは、相手が子どもじゃなくても難しいと思います。なぜ?と思うことが大切で、そこから始まることもあるのではないでしょうか。
    私のようにただの旅行者で、でもバングラのことが気になり続けて、こうしてここをのぞいている人間だっていますよ~。

  6. ふじおか on

    MARIさん、
    東京でお会いできてうれしかったです。ぜひ今後もシャプラニールのイベントに顔を出してくださいね。いろいろ面白い知り合いができると思いますから…。
    9月1日に35周年イベントがあります。新代表の中田はじめシャプラニールの理事やスタッフがパネルディスカッションのスピーカーとしてそれぞれの思いや経験をお話します。お時間がありましたら、ぜひ参加して感想を聞かせてください!私は行けないので…。
    はるかさん
    ご近所だったんですかー?シャプラニールの東京事務所では時々講座やイベントや宴会をやってますので、ぜひ機会があったらいらしてくださいね。私は姪や甥はいるんですけど、自分の子どもがいないので、子どもの疑問に答えるような話し方もあんまり身についてないんですよね。義妹(弟の妻)がミクシイに3歳の娘との会話を時々書いてるんですが、読んでいつも大ウケしてます。3歳ぐらいの子どもの言葉ってどうしてあんなに面白いんでしょう。
    また帰国報告会をさせていただく機会があると思いますので、そのときはぜひいらしてくだい。お待ちしてます。

  7. j、フォキール on

    昨夜、十数日振りに雨が降り、涼しい朝です。曇り。いつでもどこに居ても想うのは、バングラのこと!チャチャ一家のこと、砂漠のダディマーのこと・・。12月には、こんなのを撮ろう、あの人はどうしているのかなー、そんなことばかり考えている、訪バが決まってからの毎日です。
    ハッピージュンコさん、Mariさん、はるかさん、コメントは出されないけどブログを読んでおられるみなさんへ、
    藤岡さんの次回帰国報告会を企画しませんか?!(仮称)「藤岡ブログ会」。
    主催!?シャプラとの共催?!で。勿論、一般の参加もOK!。話題はブログで共有していて、考え方や思いもある程度分かっているので、非常におもしろい報告会になると思うのですが!いかがですか?親子で参加の報告会もいいですね!
    今回、懇親会で、2名の方の名前と顔は知ることが出来ましたが、ひと言も話す機会がなく、とても残念でした。でも、これから先、この場で会話をできる訳で、いやー、実におもしろい時代になりましたね!
    日本の歴史との重ね合わせの理解については、会場で言いましたが、31地域にあるシャプラニール地域連絡会で、駐在員や現地ワーカーの報告会時、手工芸品の販売時だけではなく、日頃から海外プロジェクトと連携させた足元勉強会をすれば!と思うのですが・・。地域連絡会大阪のHPを見たら、やっているようですね!肥下さん、遠藤さんたちかな?!
    6月、ふるさとへの帰省の途中、北九州に立ち寄りました。古参の会員の方が「報告会をやっても、なんせ、人が集まらないのよねー」と。この時、思いました。足元・地元活動になっていないんだなーと。一般の人にとっては、他国の他人事なんですよね!
    基盤づくりに、ブログを活用するのも、いいかも知れませんね!駐在員のブログに、シャプラニール本部や地域連絡会も絡んで「場」をつくり出し、リードしていってもいいのでは・・と思うのですが・・。
    藤岡さんの任期はあと1年ちょっと。人気を持続させましょう!
    そうしたら・・・。
    混迷中のネパールの藤崎さんものおもしろいですね!

  8. 藤岡さん、
    講演会お疲れさまでした。僕もハッピージュンコさんと同じように「南の風」での掲載を期待しています。次回帰国報告会「藤岡ブログ会」(仮)、いいですねぇ。ぜひ一枚かませて下さい。
    以前、遅くまで飲んで帰れなくなってしまったときなどには、なるべく路上で過ごすようにしていた時期があります。シャプラの海外活動グループでインターンをしていたとき、ネパール研修で『働く子ども』関連の業務に関わることが事前に分かっていたためです。少しでも気持ちが分かるかなぁ、なんて考えてやってみたことでした。
    大阪でのある講演会に参加したときもそのようにしました。知り合いももちろんいない中でしたので、居酒屋で一人で一杯やった後銭湯に入ったら、同じときにその銭湯に入っていた、いわゆる同性愛者のような方に跡をつけられてしまいました。
    コンビニに入ったり、道を間違えたふりをしてやり過ごしたのですが、駅近くのバス停ベンチで朝を迎えるまで、ちょっとした物音にもハッと目が覚めてしまって、なかなか大変でした。
    ブックレットや報告書に書かれていたこと、少し分かったような気がします。
    j、フォキールさん(また場所をお借りして)、
    「今の日本がバングラ(海外)の問題と無関係ではない」に代わる言葉はないでしょうかね? とてもよく聞かれる言葉になっていますが、使い慣れてしまっているせいか“違和感”や“壁”を感じ始めています。何かを深く共有した上ではじめて成立する言葉のような気がするんです。j、フォキールさんの発言を中傷しているのではなくて、どうか純粋な質問と思ってください。
    あ、以前お伝えすると言っていたウェブを作りました。僕の名前の部分をクリックすると表示されると思います。この場をお借りしてしまって申し訳ないですが。

  9. はるか on

    オフ会…ですね。すごいですね。いいですね~。
    早稲田までは歩いては行けないけど、高田馬場までは電車で20分のところに住んでいるので、近所だと思います。
    自転車で行ける近所には、前事務局長さんがお住まいです。
    (この場をおかりして)
    うえはらゆさん、HP拝見しました。知っている単語を見つけ、ちょっと心が動きました。
    在外…また行きたいです。。。

  10. ふじおか on

    うえはらさん、
    路上で過ごすようにしていた、ってそれすごいですね。なかなかそんな風に考えてほんとにやってみる人はいないでしょう。
    今はネパール所長の藤崎さんが、以前バングラデシュ駐在員だったところ、ドロップセンターの女の子が泣きながら自分の経験を語るのを「うん、わかる、わかるよ」と相槌を打ちながら聞いていたら、そばにいた別の子に「あなたにわかるわけない」と言われて、ガーンと頭を殴られたような気がした、と言っていたことを思い出しました。
    ダッカに住んでいてもお湯のシャワーやエアコンのある家に住んでいれば路上の暮らしは別世界。子どもたちの気持ちに近づくのは容易なことじゃないですね。
    HP見ましたよー。お気に入りに追加しました。マサヤン・ハウス3、ぜひお邪魔させてくださいね。
    みなさま
    オフ会!いいですねー。ブログからこんな風に輪が広がるって嬉しいですね。その節はぜひ、美味しいもの食べて飲む会とセットにしてくださいませね。・・・ってただの宴会にしちゃっちゃダメか(笑)

  11. はるかさん、ふじおかさん、早速ありがとうございます。コルカタへいらっしゃるときにはぜひマサヤンハウス3をご利用くださいね。ははは
    >路上で過ごすようにしていた、ってそれすごいですね。
    僕が所属していた大学研究室にはホームレス研究の実態調査ということで、都立公園で数ヶ月暮らした偉大な先輩もおられます。すごいですよね。ははは
    そうか、“オフ会”って言葉がありましたね。シャプラは許容量が大きいから、様々な視点の持ち主が集まって、美味しいものを食べていろんな話の出来る、いい会にしたいですねっ

  12. j、フォキール on

    はるかさん、
    武蔵野の小金井辺りですか?高校の教科書に出ていた国木田独歩の「武蔵野」の雑木林に住みたくて、歩いて、杉並の善福寺池の近く木造のアパートを探しました。33年前のことです。
    うえはらゆさん
    ネパール以来(?)、久し振りです。HP拝見しました。シャプラ他でインターンやボランティアをなさっていたんですね。経歴や無茶々園の活動をみて、びっくりしました!コルカタも!
    私も23歳の11月の夜、新宿歌舞伎町を撮影していて、路上生活者のおじさんと酒を酌み交わし、その後、ダンボールに包まってビルの排気口の下で寝たことがあります。その人は、戦時中、中野のスパイ学校を出た人でした。
    愛媛県の“明浜”、なんと云う「縁」なのでしょう!明浜は、元ハンセン病患者で、今も高松沖の大島「青松園」で暮らしておられる詩人の塔和子さんの生まれ故郷。ドキュメンタリー映画「風の舞」の仕事で行きました。前は海、すぐ後ろはみかん山。宇和の町から海岸に下りる坂道は運転していて怖かったですよ!数ヶ月前、記念碑が建ったようですね。
    ハッピージュンコさん、Mariさん、藤岡ファン、関係者のみなさん、「藤岡ブログオフ会」を日本全国各地でやりませか?!でも、資金をどうするかなー・・・、何か妙案はありますか?シャプラと協働かな?
    明浜に行きますので、うえはらゆさんよろしく!!
    多分、暮れか明けてから、バングラに行くので、ついでにインドのプーリーのチャチャの所に行くなら、コルカタ(カルカッタが呼びやすいなー)経由なので、若菜さんにも会いに行きます!
    で、藤岡さん、次の一時帰国はいつですか?

コメント

CAPTCHA