ダッカの商業ビル崩壊

6

ダッカ近郊のサバールで起きたビル崩壊のニュースは、日本のみならずBBCやCNNなどのメディアでも大きく報道されている。バングラデシュを支える縫製産業でまたしても起きた悲劇で、犠牲になった人の数の多さもあり、安価で良質な衣料を先進国の私たちが手に入れられるのは劣悪な環境で働いている人たちがいるからだということを改めて世界に知らしめる結果となった。

今回の事故が発生した直後から、警察、消防、軍などに加え多くの市民が救援に駆けつけた。サバールに住むシャプラニールのダッカスタッフは、事件の翌日交通が麻痺し出勤できなかったので木曜日は仕事を休み、現場で瓦礫の除去にあたっている。また、ある市民グループはソーシャルネットワーク上でボランティアを呼びかけ、医薬品の調達や現場でのボランティアとして活躍している。

Savar-Rescue.jpg
<バングラデシュニュースサイト bdnews24.comより>
ビルが崩壊してから既に72時間以上が経過しているものの、生存者がまだ救出されているため、捜索を打ち切るつもりであった政府は改めて生存者の救出を継続すると発表したという。

建築基準を無視して建設されたビルは、法律があっても守られることの少ないバングラデシュの社会問題そのものを映している。また立ち入り検査の結果、建物が危険な状態にあるとして出入りを禁止したにも関わらず操業を続けた工場は、おそらく(先進国の)取引先への納期というプレッシャーを受けたもので、 今回の犠牲となった多くの若い女性たちはが先進国の消費者が求める安い衣料を作るために安い賃金で働き続けていた。幾重にも重なった搾取の構造の底辺にいるバングラデシュの労働者にしわ寄せがきているということが、今回の事故で改めて見せつけられた。日本に住む私たちもこの連鎖の反対の端にいて、今回の事故の当事者であることを強く肝に銘じたい。 

ちなみに、この崩壊したビルに入っていたBRAC銀行は立ち入り禁止の指示を受けて、27日はスタッフを出勤させなかったため、難を逃れたということだ。危機管理という視点から今回のBRAC銀行の判断は非常に適切だったといえる。止めるという判断は時として取るのが難しいが、発生しえるリスクを想定してタイミングよく判断を下すことを見習いたいと思う。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

6件のコメント

  1. ”日本に住む私たちもこの連鎖の反対の端にいて、今回の事故の当事者であることを強く肝に銘じたい。” そのとおりですね。以前の活動で一緒だった現地の当時学生だった人たちが少しずつのお金を持ち寄って、傷からの感染予防のための殺菌消毒薬をあつめて、支援活動をしています。辛いことですが、現状では救える命を確実にです。

  2. コメントありがとうございます。本当に大きな痛ましい事故でしたが、森田さんと一緒に活動をした元学生さんたちのように、一人でも多くの命を救おうと奮闘している姿は、この国の希望でもあります。

  3. 同種の事件について、途上国によくあるガバナンス、コンプライアンスの問題で、改善には時間がかかる、とこれまで片付けてしまっていましたが、最終消費者が我々であること、その要求を追及して起きた事件でもあること、不案内・不勉強を恥じます。

  4. J.フォキール on

    張り子の虎が綻びましたね。その張り子を要求し造っているのは実は私たち工業先進国(?!=ヨーロッパ・アメリカ・日本など?!、いやいや今や全世界!)
    日本だって同じ!東京オリンピックの時から突貫工事で造った高速道路やビルは耐用年数を既に過ぎて部分修繕で凌いでいる今。先日の笹子トンネル事故しかり、原発しかり!物質文明の行く先を誰も知らず、限りある資源をどんどん使いどんどん造り続け廃棄物を出し続けている私たち人間・・・
    ホント、考えないと!自分の首ならず他人の首、全ての生き物、地球の存在そのもの、これから先の宇宙活用で大問題になっている宇宙ゴミの排出などなど。
    20年後、50年後、100年後はどうなっているのだろうという人事ではなく、私たちは早急にかつ真剣に考え対話を始めないと大変なことになると思います。既になっていますが・・。
    シャプラニールはどう考えますか? この先のバングラデシュ、この先の日本を。

  5. 大西さん、J.フォキールさん、コメントありがとうございます。情けないことに、我ながら難しいこと書いちゃったな、と返事を書く手が止まっています。
    そういえば、5月2日にどこかの政党が今回の事故についてホルタル(ストライキ)を予定しているというを聞きました。ビルの所有者への厳罰を求めてだったか、政府の無策を批判するんだったか、覚えていませんが、今そんなことをしてお茶を濁している場合ではないだろう、と憤りを感じます。何も問題が解決しなくてもホルタルを実施すれば、何かをやった「気」になる。このままではまた悲劇は繰り返されてしまうでしょう。

  6. ホルタルですがFacebookでは合理的に行動するように=そんな場合ではない!との鎮静化と支援参加協力を若い人たちが訴えています。(ベンガル語わからないので英文部分しか読めないのので、正確にはですが、)。
    最初は政府は反対派の陰謀だ、(前回の火災も原因は放火となっています。)と言いましたが、さすがに今回は撤回して与党政治家であっても逮捕指令は出ました。バングラ側は少しは変わってきていると期待します。でも日本の報道はなぜたとえばBBCのように先進国が考えれば防げたはずの災害だという論点がないのでしょうか。。BBCでは再請け負いの繰り返しで先進国企業が消費者の倫理的非難をかわしていることもチックっています。

コメント

CAPTCHA