タイガーバームは、エライ。

2

相変わらず、ひどい虫刺されと格闘している私。左肘の内側の腫れが治ったと思ったら、今度は右腕の内側を事務所でまた謎の虫に刺され、肘の内側から手首の近くまで、手のひらより大きいぐらいの範囲がぱんぱんに赤く腫れあがってしまいました。
サブロンクリーム.jpgあんまりひどいので、スタッフに見せて「これどうしたらいいと思う?」と聞くと、「うわっ、なにそれ、アパ?!虫の毒が回ってるんじゃない?それはもうサブロン・クリームを塗らなきゃだめだよ」ですと。
「サブロン・クリーム?」
「殺菌クリームだよ。傷とか火傷とかひどい虫刺されにはサブロン・クリームだよ」
「そうだそうだ、サブロン・クリームだよ」
どうやら、日本のメンソレータムやオロナインに匹敵する、バングラデシュの家庭の常備薬のようです。
薬屋で早速「サブロン・クリーム・小」なるものを22タカ(1タカ=約1.7円)で買い、塗ってみたのですが、いまいち効いてるんだかなんだかわからない感じ。腫れて熱をもった腕は真っ赤なままです。うーん、これは病院に行かないとダメかなあ…。
タイガーバーム.jpgそこでふと、前回も腫れたけど、ここまでひどくなる前に治ったよな…あれはなんで治ったんだろ?と考えてみたら、あ!とタイガーバームを塗っていたことに気がつきました。そういえば、今回、キンカン、ムヒ、ウナコーワ、サブロン・クリームは全滅だったけど、タイガーバームはまだ試してなかった。
そして塗ってみたら、なんか熱っぽかった腕がスースーして、効いてる感じ…。そのまま寝たら、朝はだいぶ腫れが引き、熱もおさまっていました。
たいしたもんだ、タイガーバーム。バンコクの空港で、タイガーバーム(白)をまとめ買いしておいてよかったわー。これからは虫に刺されたら迷わず、タイガーバームだ!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

2件のコメント

  1. j、フォキール on

    数日前の夕方、近所の知り合いの家に、我が家の前の梅の木から実を?ぎ取り持って行ったら、「上がって食べていってよ」(=飲んでいってよ)になり、手料理をごちそうになりました。この時、「これは効くのよ!」と庭に生えていて、揉めば紫色になるニワトコだったかイタドリだったかの焼酎漬け(?)を使っておられました。
    バングラにも民間療法があるのでは?でも、イスラム教で、酒はないですよね?!ひょっとしてあるかな?! 
    30年前に、中国で買ったタイガーバームがまだあるので、使ってみます!
    昨日、仕事で上海に行った友人にもタイガーを教えたら、買ってくるそうです。

  2. ふじおか on

    私、バンコクの新空港ができてすぐの時に行く機会があって、空港でタイガーバームを探したんですが、1個もみつからなかったんです。ブランドもののヨーロッパのジャムやら紅茶やらバッグやらはあるのに、タイガーバームがないなんて!ここはどこなんだ!と憤慨して、空港内の唯一の薬局に、「端から端まで歩いて探したけど、この空港にはタイガーバームが1個もない!」と文句を言いました。そのせいかどうかはわからないけれど、次に行ったときは、薬局にタイガーバームの特別コーナーができていました(笑)よしよし。

コメント

CAPTCHA