「養子」と「使用人」の間

7

ディープ1歳.jpg以前、このブログで、私のバングラデシュ人の友人夫婦が、少数民族の血を引く男の赤ちゃんを孤児院から引き取り、養子にしたことを書きました。この子が1才の誕生日を迎え、お祝いをするというので、先週末彼らの家に行ってきたら、ディープ(前にはディップと書きましたがディープのほうが音に近いよう)という名のこの子はもう部屋から部屋へ歩き回るようになっており、育ての母のジュムルもすっかりお母さんらしくなっていました。お祝いにあげた日本土産の甚平を着たディープは見た目まるで日本の子どもみたい。車と犬が大好きで、外に出たがって仕方ないんだそう。幼稚園から英語で教える有名な学校でよい教育を受けさせるつもりなんだ、と父親のディプが言っていました。
シルピーとディープ.JPGさて、今回訪問して知ったのですが、この家のメンバーにはもうひとり10歳ぐらいの女の子が増えていました。シルピーというひょろっと手足の長い恥ずかしがり屋の少女で、この子もディープとは違う少数民族のサンタルの子だそうです。シルピーの実母は独身寮のようなところで賄いの仕事をしていたそうですが、非常に貧しい上、夜はシルピーをほったらかしていろいろな男の人と遊びに行ってしまい、日本で言うところのネグレクトのような状態にあったようです。シルピーの父親も誰だかわからない、という話でした。シルピー本人も学校に行く気がなく、毎日ただただテレビを見ていたのだと。
共働きのディプとジュムルは、養子のディープの世話や家事のためにおとなの通いのお手伝いさんを一人雇っていますが、もうひとり手伝いが必要だと思っていたところへそういう状況にあるシルピーをみつけ、子守り兼家事手伝いとして引き取ったのだそうです。シルピーは彼ら夫婦をお父さん、お母さん、と呼んでいるそう。私が行ったときも、台所で料理するジュムルを忙しく手伝っていました。
この日はシルピーについてこれ以上詳しいことは聞けなかったのですが、なんだか複雑な思いがしました。ディープもシルピーもこの家にいて、ディプとジュムルをお父さん、お母さんと呼んで育っていく。ディープはこの家の子どもとして高い教育も受け、両親の愛情をいっぱいに受けて育っていくでしょう。ディプとジュムルのことだから、シルピーの将来のことも色々考えて接していくことと思いますが、それでもシルピーはあくまで「お手伝い」であって、書類上も正式にこの家の養子となっているディープとはやっぱり違うのです。シルピーはほとんど学校にも行かずにおとなになるのでしょう。彼女はそのことをどう受け止めながら育つのでしょう?もう既にディープと自分のこの家での立場の違いを理解しているのでしょうか。
シルピーは養子でもなく、完全に「仕事」として雇われているわけでもなく、半分この家の子ども、半分お手伝いさん、といった感じです。このあたりの感覚がなかなか私には理解できないのです。家において食べさせ、育てていることも確かなのですが、自分の子どものようには教育は受けさせないし、いろいろ家事をさせるわけです。この扱いの違いの加減も家によって様々で、限りなく自分の子どもに近い扱いをしている場合も(稀ですが)あるし、人間と思っていないような酷い扱いで、奴隷制度そのものだと思うような場合もあります。年端もいかない子どもがひとりで他人の家で暮らすのは、普通に考えればとても辛いことのはずですが、実の親が暴力を振るったり、まともに食べさせられない場合もあるので、一概に親の家がいいとばかりも言えません。
シャプラニールでは昨年度から「家事使用人として働く少女たちの支援事業」を実施しており、シルピーのような子たちに勉強や家事・手芸などの技術研修、レクリエーションの機会を提供しつつ、親や雇い主への働きかけを行っています。この事業を行いながら、家庭で使用人として働く子どもたちにも様々なケースがあることがわかってきました。住み込みの場合は親戚の家にいる場合もあり、その子の家の中での立場や状況をどう考えたらいいのか難しい時があります。使用人と家族・親族の間の線引きがかなりグレーな場合があるということです。親戚であっても富裕の違いが大きければ、貧しい方が豊かな方の言いなりになる、ということもあるでしょうし…。
いずれにしても日本の感覚だけで判断するのは困難だし、それを押し付けたら間違うだろうと思います。この国の習慣や現状を踏まえた上で、すべての子どもたちの権利が守られる社会に近づけていくには、ここの人たちの考え方を理解し、長期的な展望をもち、この国の心ある人たちに主導してもらって、根気よく働きかけを続けていく必要があるでしょう。
次にこの友人宅を訪ねるときは、ディープだけでなくシルピーにも必ずお土産を持っていこう、と思っています。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

7件のコメント

  1. j、フォキール on

    なかなか複雑で、藤岡さんも悩むとこですね!
    ディップとジュムルとディープはキリスト教ですよね。シルピーは?
    一家は、イスラム教徒が多いバングラデシュの中にあって、異なる宗教で異なる人生観、価値観を持っていることでしょう。しかし、民族や習慣や歴史やことばがいっしょのところもある訳で、ディープを愛しながらも、シルピーにどう接していいかは、彼らも悩んでいることでしょう。  いや、賢い夫婦のことですから、それらを承知でシルピーを受け入れたのでしょう!キリストの愛なのでしょうか?
    遥か以前、家事手伝いの男の子に(料理もします)個人教授をつけて読み書きを教えていた駐在員がいました。賢い男の子で、年頃になり社会に出たのか出したのか、その後小さな商売を始めましたが、現在はどうしているのか・・。その内、会おうと思います!狭いバングラですから。その子はクリスチャンでした。
     実は、私の実家にも中学生の時までお手伝いさんがいました。3、4人入れ替わったでしょうか・・。何人かは中学を卒業してすぐに住み込み始め、ウチも紹介したと思いますが、結婚する時に次の人に変わりました。1年分なのか数年分なのか、前金で親が持っていっていたと後から聞きました。多分、盆や正月やお祭の時に服やちょこっとの小遣いがあったのでは・・・。外で遊んでばかりのガキ大将でしたから、当時の写真を見て、二人の名前を憶えているくらい・・50年前の日本の片田舎でのことです。
    この後、日本は経済成長期に入り「金の卵」として都会で働くようになり、洗濯機や電子レンジ、インスタント食品が出回り、狭い家屋ということもあり、また、高校へ進学するようになり、家政婦紹介もできて(以前紹介があった本をまだ読んでいませんmOm)現在に至ったんですよね日本は。
    藤岡さんと夫婦の関係を良く知らないままですが、もし私だったら、夫婦に「ふたりに何かプレゼントを持っていきたいんだけど、同じ物でいい?」と聞くと思います。彼らには彼らのやり方があるだろうし、「同じ物でいい?」ということばの中に、藤岡さんをみるでしょうから。
    ふたりは、困難を受け入れたんですよね!すごい!大方の日本人は、「迫られて」や「いやおうなしに」以外は引き受けないだろうなーと思います。私もその一人かも・・。
    たとへ小さくて微力でも、基本はその小さな“ひとり”。「継続は力なり」「塵も積もれば山となる」。見たこと聞いたことを書き綴り、外の世界へ発して下さい!シャプラと云う社会改革ツールを使って。
    NHKの「アジアクロスロード」では、藤崎さんが言っていたように、シャプラの活動と関係のあることを、随所に織り込んだ日常の話を期待しています!

  2. ふじおか on

    j、フォキールさんよりさらに20年ぐらい上の世代になりますが、私の父も子どもの頃は「ねえや」の世話になったと言っていました。きょうだいが多かったので、2人ぐらい子守の人がいたときもあったようです。昭和の始めの頃の話です。
    日本も住み込みのお手伝いさんとして働く女性たちが一般家庭にいたのは、そんなに昔のことじゃないんだよなあ、と思います。ここ50年ぐらいの間に社会が激変したわけですよね。
    前にご紹介した本にも出ていましたが、日本では女性たち自身が自分たちの生活を見直そうという動きや運動がいろいろありましたよね。雑誌がその議論の媒体として大きな役割を果たしていたところが独特で面白いなと思います。

  3. うえはらゆ on

    ふじおかさん、コメント投稿させていただくのははじめてですね。これからも、いろいろお世話になります。よろしくお願いします。
    j、フォキールさん、どうも。
    3年前、シャプラに参加するようになった頃、昭和初期、あるいは大正頃のことが書かれた本をよく読んでいました。木賃宿や長屋の物語、あまり話題にのぼらない農村の様子を想像しながら、特に印象に残っているのは『大地に生きる』という本ですが、どの“開発の本”を読むよりも、勉強になりました。

  4. きしだ on

    同じ家に住む子供が違う扱いを受けていて、しかもそれが当然のこととして受け入れられている。私には考えられない世界です。
    「日本人の常識なんて世界から見れば非常識なんだよ。」と就職活動中に某会社の社員さんから聞いたときは、「そうだよな、侘び寂びの文化は日本独特のものだものな。」と分かったつもりでした。
    「全ての子供が教育を受けるのが良い」と言うのは日本の常識なのかもしれないなと、ふと考えましたが、私にはその常識以外の考え方はできませんでした。

  5. ふじおか on

    うえはらゆさん、
    こんにちは!初コメントありがとうございます。こちらこそよろしく。こっち方面でお会いできるのが楽しみです。その本、『大地に生きる』、ぜひ読んでみたいです。アマゾンで買って次の出張者に持ってきてもらおうかな。あとで検索してみます。
    きしださん、
    私もそうですが、人は自分の経験を軸にして物事を見ようとするから、まったく経験外、想像外の世界と出会うと混乱しますよね。でも、海外で出会った「常識外」のできごとが、実は日本でも、ある時代や地域では当たり前にあったことだったりして、それを知ると「日本の常識」だと思っていたことが、「自分の経験の中での常識」に過ぎないことに気づいたりします。海外にいると、日本のことも知らないことだらけだなーと、日本にいるときより感じられます。

  6. j、フォキール on

    うえはらゆさん、おはようございます。
    ネパールで出逢ってバングラで再会、どうもどうも!と言ってもシャプラの手の上(!?)仏さまの手かな!?
    「大地に生きる」は加藤郁三編「大地に生きる誇り1・2」(第三文明社)でしょうか?だとしたら、「タゴール全集・全12巻」を出している出版社ですね。内容を少し教えて下さいますか!カードを持っていないので、容易く手に入りません。よろしく!
    きしださん、はじめまして!フォキール(乞食)です。
    1990年、国際識字年のスタートの年に神奈川県国際交流協会の仕事で、バングラとネパールの現場を取材しに行った時のことです。カトマンズ在住のチベッタン(チベット民族)のある一家にインタビューして、私の中の天と地がひっくり返ってしまいました。それまでTVなどで遠くのこととして知ってはいたのですが、目の前の夫婦が一妻多夫なのです。なんと二人の夫は兄弟!びっくりしました。女系社会での財産分割や男たちが戦に行くなどが理由のようです。これの3年前にチベットで鳥葬を見たこともあって、このこと以来、日本人に限らず、人の日常生活の中での立ち振る舞いや考えを、「ん?」と見るようになりました。一夫一妻は、いつの時代に誰が何処でなぜ作ったのか?調べてみると、キリスト教のアダムとイブにいくんですね。そうじゃない世界や価値観もいっぱいあったし、今もありますね。日本にはキリスト教伝来の時に伝わり、西洋文明=高等文明の考えのもと、日本独自のすばらしい文化までも西洋化して、今日に至っていると私は思うのです。今、その西欧思想に(特にアメリカに)異を唱えているのが、イスラム世界やインドや中国でなはないのでしょうか!?テロなどは全く別物!でも、「お金」や「物」や「自由(?)」に引きずり込まれようとしている・・。
    バングラではそう感じないのですが、ここ10年、インドに行く度に、「アメリカが世界の中心じゃないよなー」と肌身で感じます。
    こんなことを考えさせるインド亜大陸を通して、今、日本や「私」や世界を考えることの重要さを痛感するこの頃です。
    シャプラのブログは、将しく、その情報を提供し、きっかけを作り、世界を、人と人を繋ぐことですよね?!
    どんどん情報を流して下さい!
    「姉やは15で嫁にいき・・」、ほんの数十年前までの日本だったんですよね!バングラの農村ではまだありますが、徐々に18、20歳になりつつありますね。日本は26歳?28歳?30歳? 男も女も結婚しない人が増えていますね!

  7. うえはらゆ on

    こんにちは。
    『大地に生きる』は、清水精一さんの自伝のようなもので、「大地に生きる誇り」とは別物です。宮本常一さんの著作(確か、『忘れられた日本人』)に紹介されていたのを見て知りました。
    ただ、『大地に生きる』自体は絶版で、次の本に収録されています。
    ○林英夫編『近代民衆の記録4 流民』新人物往来社
    ○谷川健一編『日本民俗分化資料集成1 サンカとマタギ』三一書房
    僕は図書館で読みました。

コメント

CAPTCHA