ポカリ、梅干、剣客商売

4

この3日というもの、ひどい下痢で苦しんでおります。下世話な話で恐縮ですが、もーまったく「水」です。最初の1日は我慢しつつなんとか外出や会議もこなしたものの、2日目(つまり昨日)は、仕事を休んでベッドとトイレの往復。今日午後になってようやく、トイレから少し離れていても大丈夫になり、パソコンを開く元気が出たところ。
出張者の来訪中、夜は外食続きで、いささか食べ過ぎたのがよくなかったのでしょう。会議でストレスがたまったからとて、それだけで下痢するようなヤワな身体ではないのですが、ストレスを「食べて」発散しようとする傾向がよくないんですね…。反省。しかも、この3日ほどダッカはとっても暑い。エアコンを入れていない部屋の温度計を見たら、今33.5度でした。
独りバングラデシュの地でお腹をこわして伏せっていると、だんだん考えることもネガティブになってきて、子どもの頃や中学・高校時代、それに就職してからの自分のダメなエピソードばかりが思い出されます。とくに最後の最後でがんばりきれずに負けた…というようなもの。
例えば、高校の体育祭のスエーデン・リレー。部内ではもっとも遅かったものの一応陸上部だった私は、三走でアンカーにバトンを渡す役割。トップできた二走者からバトンを受けて最初は快調に走っていたのですが、後ろから私よりずっと速い陸上部の仲間が追ってくる。300メートルの最後の50メートル、腿が上がらなくなり、結局抜かされた…。周囲から聞こえる「あ~あ」のため息…。
自分の力量不足に忸怩たる思いでいるときに身体を壊すと、こういう状況になりますね…。
そんなトホホな私を今、支えてくれているのは、ポカリスエットと梅干入りお粥、そして出張者が持ってきてくれた池波正太郎の『剣客商売』の続編数冊。
常盤新平氏が「剣客商売三『陽炎の男』」の解説の最後に、「このシリーズを八年前に夢中で読んでいたことを私は思い出す。不幸なことを忘れたいために読んでいた。ちょうど八月の暑いさかりだった。そのころ『剣客商売』は慰めであり励ましだった」と書かれています。私は別に不幸なことを忘れたい状況にあるわけではないけれど、ちょっとめげているので「剣客商売」が慰めであり励ましであることには強く同感。
池波正太郎先生、『剣客商売』シリーズをありがとう。私め、ふつつかなれど、なんとかこの週末中に立ち直りまする。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

4件のコメント

  1. j、フォキール on

    いやいや・・本が薬になるとは初めて知りました。良く効くみたいですね!私も準備してみます! 「ワカ末」を推薦しようと思ったのですが・・。
    こうやってコメントを書いて返事がないと、仕事が忙しいんだろうなーとか村なのかなーとか・・、まさか病気だったとは・・。
    健康には十分留意しながら、ますますいい仕事を!ますますすばらしい人生に!
    明日は近所の特養ホームで、シャンソンを開催です。

  2. ふじおか on

    j、フォキールさん
    いつも励ましのコメントありがとうございます。お陰さまでだんだん復活してきました。病気というほどのことでもありませんので、どうぞご心配なく。
    「剣客商売」は歴代駐在員の多くが読んでいるようです。藤沢周平さんの小説もそうですが、日本を離れていると時代小説に描かれる日本の四季や食物も尚更に魅力的です。
    ちなみにいま私が食べたくてたまらないのは、よく冷えた絹ごしの冷奴です…。

  3. 大丈夫ですか??
    この時期の外食は要注意ですね。
    夫の職場に来ていた出張者も、3人中2人がやられました。
    運もあるんでしょうが…。
    でも、「冷奴を食べたい」という食欲があるのなら、もう大丈夫なのでしょうね~。
    お大事に。

  4. ふじおか on

    きなこさん、ありがとうございます。お陰様でよくなりました。細菌性の下痢だったんだと思います、たぶん。前にそっくりな症状だったとき病院でもらった細菌性下痢のための薬を飲んだら劇的によくなったので。
    原因としては1週間前に、某NGOショップ内のカフェで飲んだ氷入り飲料を疑っています…。

コメント

CAPTCHA