ヒマラヤの向こう

2

13日から17日まで、カトマンズに出張に行っていました。東京からの出張者3名と、ネパール+バングラデシュの駐在員3名が、朝から夕方までああだこうだと議論しながらこれからの海外活動のポリシーについて話し合う、という会議。カトマンズ事務所のお座敷タイプの会議室(ネパールは座るスタイルの会議室が多いそう)で、ネパール模様の座布団にあぐらをかきつつ話し合うこと3日。脳みそが疲れました…。
シャプラニールに入ってすぐダッカに赴任した私にとって、初めてのネパール出張。ホテルから事務所の行き帰りと、食事に出る時ぐらいしか街を見る時間はなかったけれど、藤崎カトマンズ事務所長のブログにも紹介されていた美しい紫色のジャガランダの花を愛で、暑いダッカとは大違いの爽やかな涼しい風に吹かれ、日本食レストランで鱒寿司や手打ち蕎麦(どちらもダッカにはない)を食べ、冷えたビール(ダッカでは持ち込まない限りレストランにはない)を飲み、同僚たちとお喋りして、いい気分転換になりました。
今回泊まっていたのは、旅行者の多いタメル地区にあるチベット人経営のゲストハウス。さすが観光地だけあって、カトマンズのホテルは安くて部屋もいいんですよね。15ドルもあれば、お湯もちゃんと出る十分立派な部屋に泊まれます。同じぐらいの部屋に泊まろうと思ったら、ダッカで25ドル、コルカタで40ドルぐらいするんじゃないかなあ。
このゲストハウスのロビーは、天井や壁の模様もチベット風なんですが、ここの壁にかかっていた大きな絵に、私は思わず吸い寄せられました。それはカトマンズの遥か上空から鳥が見下ろした光景を描いたような絵。真ん中より少し上を左から右へ横切るようにヒマラヤの白い峰が連なっており、その下(手前)にカトマンズをはじめとしたネパールの景色が描かれています。絵の上のほう、つまりヒマラヤの向こう側にはチベット高原が広がり、その中央に燦然とラサのポタラ宮殿がそびえているのでした。
カトマンズで暮らしていると見えないけれど、ヒマラヤの向こうに美しい故郷がある―。戻りたくても戻れないチベットへの望郷の念を塗りこめたような絵で、見ていると切なくなってしまいました。
インドに住んでいた頃、デリーで開催されたチベット映画祭で見た、チベットからネパールへ決死の覚悟で亡命した人たちのドキュメンタリーを思い出しました。ヒマラヤの峠越えの道を、信じられないような軽装、破れた靴で歩いて亡命する人たち。途中で行き倒れた人、凍傷で手足の一部を失った人。そうして山越えをしてきた多くのチベット人たちが、今、カトマンズでは逞しく生きていました。
雨期のため、カトマンズの上空は雲が多く、見たくてたまらなかったヒマラヤの峰は、今回の出張中まったく見えず。飛行機からですら、雲に阻まれて遠くにちらっと見えたか見えないか、という程度。窓に張り付いてひと目ヒマラヤを見ようと首をねじる私をあざ笑うように、飛行機はするすると南へ下り、あっという間に広大なベンガル平野に降下し始め、ダッカに着いてしまったのでした。
山好きの私としてはとても心残り。ヒマラヤがきれいに見える乾期の頃に、今度は休暇で絶対行くぞ!できればカトマンズからラサへ陸路で往復してみたいけど、そんな長い休暇はムリよね。
東京からの出張者3人は明日カトマンズからダッカへ移動してきて、あさってから2日間はバングラデシュでの今後の活動方針について話し合う会議。ヒマラヤのことは忘れ、バングラの現実に戻って明日からまた頑張らねば。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

2件のコメント

  1. j、フォキール on

    無理? 無理じゃないかも!? 
    ま、フツーに考えると無理でしょうが、青年海外協力隊は任期の2年を過ぎると任国外旅行ができますよね?その昔、バングラ隊員だった友人は、1年間延長後、数ヶ月間ヨーロッパ・アフリカを旅して帰国しましたよ。シャプラはこの様な制度がありますか?
    実は内心(言ってしまっては内心じゃなくなりますが・・)藤岡さんには、1期3年間で終わるのではなく、2期目も続投して、バングラで仕事をして貰いたいと思っています!シャプラや家庭の事情はあるでしょうが・・・。なので、1期目を終了後、2期目までの間に陸路チベットへ行くのは可能ですよね?!
        またまた私事になりますが、1983年~86年バングラに住んでいた時に、河口彗海の「チベット旅行記」を読み、中に書いてあるチベットの「鳥葬」をなんとしても見たくて、カトマンズからバスや工事用トラックの荷台に乗って、その時工事中だったネパールとチベット国境(中国が工事をしていました)に行き、ちょっとだけでしたが無断で国境越えをし、戻ってくる時に、ちゃっかりパスポートに係員のサインをもらいました。本当は、そのままラサに行き、鳥葬を見てからバングラに戻って来るつもりでしたが一歩勇気が足りませんでした。
    でもでも、どうしても見たくて、3年間で帰国した後、1年間アルバイトをして資金を貯め、香港から列車で中国の広州→桂林→成都、空路ラサへ入り、「旅行記」の記述を頼りに郊外にある鳥葬場を探し出しました。その時、中国政府は、鳥葬場への外国人立ち入り禁止の措置を取っており、(外国のTVが世界の奇習として紹介したので、イメージを悪くしたくない!のと、チベットを侵略しようとしている中国が、外国人とチベッタンの接触を警戒していました。僧侶たちが交番を襲撃した事件もありましたし)早朝、その警戒網をくぐり抜け、鳥葬場の脇に住んでいる「カットマンファミリー」(私が名づけた)と仲良くなり、写真は撮らない!という約束で、念願の鳥葬を見ることができました。バレると彼らが虐待されてしまいます。ムスリムは土葬、ヒンドゥーは火葬、日本は、今は完全密閉での火葬ですが、私が小さい頃のいなかでは、小窓の付いた煉瓦作りの釜での火葬でしたが、丸桶に入れての土葬もありました。その以前は、野辺の送りもあったんですよね。
    チベット民族は、大和民族と同属ですね!まるで自分のじいちゃんばあちゃんみたいで、ほっとするんです!中国政府は、チベットを良くする為と言っていますが、その実は領土拡大の侵略と私は思っています。つい先日は鉄道も開通させ、既成事実の積み重ねでじわじわと侵略する強かさ。言えばいろいろありますが・・。
    ラサに1ヶ月滞在し、11月ヒマラヤ越えの道路が雪で閉ざされる前に、民間バスを使ってネパールへ抜けました。確か3泊か4泊だったかな?この時は、友好橋が完成していて、2年前のことを思い出しながら渡りました。この冬を最後に(1987年)、中国政府は、チベット地区への外国人立ち入り禁止策を始め、何年続いたでしょうか・・。
    あー、行きたいなー!バングラ、ネパール、チベット、もちろん!インドも!
    今バングラは、リチューとマンゴーの季節ですね!みなさん健康に気をつけて、いい話し合いができますように!
    朝方の通り雨が上がり、新緑がとてもきれいな東京の田舎です。
    思いを馳せ、気持ちを新たにさせてくれる現地からの便り(ブログ)いつも楽しみにしています!
    小嶋さん、お元気ですか?

  2. ふじおか on

    シャプラには「任国外旅行」のような制度はないです。そんなに人手に余裕がないですから…。赴任と帰任時には3日ずつ休みがとれますが、それは引越しだけで終わります。赴任を終えて帰国したらほとんど休まず東京に出勤、というのがキビシイ現実です(笑)
    二期連続ってそれ死んじゃいますよ(笑)…というのは大げさですが、やっぱりそんなに長くやると息切れするか、マンネリ化してきそうな気がします。3年は短かすぎるな、とは思いますが。こればっかりは私が決めることではないので、なんとも言えません。
    インドにいた頃、ダラムサラやラダックへ行き、心を動かされたこともあって、やっぱりチベットには行ってみたいんですよね。それも南アジア側から入りたい。行って貴重なゴンパなどがどんどん壊されている現実を目の当たりにしたら、がっくりするかもしれないけれど。
    ラサ1ヶ月滞在のご経験は羨ましい限りです。

コメント

CAPTCHA