手料理のパワー

2

先日このブログにも書いたとおり、最近なんだか疲れがたまってぐたっとしていたのですが、その後立て続けに3件のダッカ在住日本人の方が(べつに私のグチっぽいブログを見たから、というわけではなく)ご自宅に誘って手作りの日本食を振る舞ってくださり、日本語でいろいろ話が弾んだこともあって、だいぶ元気を取り戻しました。お心遣い本当にありがたかったです。おいしい手料理のパワーとか、楽しみながら人と食事することで得られるエネルギーって確実にありますね。ひとりじゃ食事も味気ないですし。
かつて私は「駐在員の妻」として海外にいた時期もあり、その当時は日本語教師などのボランティア的な仕事も多少やりつつ本業は主婦、という感じで、友人や夫の同僚、仕事関係のお客さんに手料理を振る舞うこともよくやっていました。15人分ぐらいの料理の献立を考えて、用意して人を招いたり、エビのすり身だんごや厚揚げやこんにゃくまで自分でつくるところから始めて鍋一杯のおでんを作ったりもしていたのに、今はなんでこうも料理しない人になっちゃったんだろ、と自分で思います。スパゲッティにレトルトソースかけて終わり、みたいな夕食ばっかりで、人に料理を食べさせてた私とは別人みたい。夫は日本でちゃんと料理しているらしいのに。
考えてみたらダッカに来てから自宅にお客さんを招いて夕食を振る舞う、ということをほとんどしていません。ご馳走になるばっかり。
顔ぶれを考えながらお客さんを招待して、喜んでもらえそうな料理を考えて、心を込めて料理して、振る舞う。そういう温かい気持ちとか心の余裕を失くしているとしたらナサケナイ。でもやっぱり余裕がなかったのね。
明日からインド出張で1週間留守にしますが、帰ってきてちょっと落ち着いたら、新しいテーブルクロスとお花でも買って誰かを夕食に招いてみようかな。そんなことを考えるということは、だいぶ元気が出てきたってことでしょうね。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

2件のコメント

  1. j、フォキール on

    「コルカタから」の後に書いています。バングラとは違うインドの元気を貰えば、尚更元気になるでせう!
     お客を迎えるには、料理を考えるし、買い物もするし、掃除もしなきゃ!でいいですよねー!村で、「ごはんを食べに来ない!」と誘われて時間に行くと、
    これから料理を始めるところ・・。部屋や中庭に居て見回したり、子どもと話をしたり、料理するのを見ていたり、寄ってきた近所の人と話をしたり・・こんな時、その家その人が見えるんですよね!傍らにいることが、双方にとって大事なんだなーと思います。帰宅したら、その様子をぜひブログして下さい!

  2. ふじおか on

    バングラデシュの人たちは本当に気軽に自宅に招いてご飯を食べさせてくれるんですよね。お昼をご馳走になったあと「昼寝していけば」と言われて驚きつつ、天井に扇風機の回る客間で爆睡させてもらったことも。その家の主は起きたら「お目覚め~?」と言ってお茶を出してくれました。初めて自宅に招くお客に「昼寝してけば~」とは日本人はなかなか言えないですよね。バングラデシュの人たちの温かさ、懐の深さを感じます。

コメント

CAPTCHA