非常事態宣言中は改革のチャンス?

4

非常事態宣言が出ている、というのは本来異常なことのはずなのですが、この宣言が出る前の、選挙に向けて2大政党勢力が日々争い、交通封鎖やホルタルを連発していた状態のほうがあまりに異常であったため、普通の人々の暮らしは今、かえって落ち着いています。このまま選挙管理内閣がずっと続けばいいのに、などと言っている人もいるぐらいです。
政党が手を出せないこの状況下、軍は警察の特殊部隊(RAB)と協力し、所属政党を問わず、裏金を集めて好き放題していたゴッドファーザーたちを各地で逮捕し、空港から高飛びしようとした者を取り押さえ、公用地を不法占拠した建物を取り壊し、とブルドーザーのごとく「大掃除」を推し進めています。うちの事務所の最寄りのタウンホール・マーケットという市場でも、今日RABがやってきて市場の外の道路に座り込んで野菜を売っていた人たちを追い出したそうで、道路がすかすかになっています。夜テレビニュースを見たら、ダッカでもっとも大きな生鮮市場のひとつ、カウラン・バザールでも大規模な露店や屋台の撤去が行われていました。
この機会に司法を行政から分離させよう、という動きもあり、議論が進んでいます。そのほかにも「今のうちに」とあちこちで“改革”が進行中。
いかにこれまで2大勢力のパワーゲームのためにできないことが多かったか、ということですが、軍やRABの強引な動きの中には、人権侵害とみられることも多々あり、これが悪いほうにエスカレートしなければいいけれど、と思っています。市場を追われた人たちもどうなっているのか…。
一般市民はしかし、今のところこの「大掃除」に概ね好意的な様子。汚職役人の逮捕などは、「どんどんやってくれ」というところでしょう。
そんな動きの中、グラミン銀行のユヌス氏も先週、「この国の政治家は金のために政治をしている。金がなければこの国では何も手に入らない」とAFP通信のインタビューで発言し、BNP幹部もアワミ幹部もカンカンです。BNPの幹事長、マンナン・ブイヤンが、「ユヌス氏のような賢い人がそんなことを言うとは遺憾」といえば、アワミ連盟の幹事長ジョリルも、「金がないと何も手に入らないと言うが、それじゃユヌスさんはグラミン・フォーンのライセンスを得るのに金を払ったんですかね」と仕返し。
何もかもが2大政党の勢力で二つに分かれていた社会が、今ちょっと違う形になり、汚職・腐敗にNO!の気風が強まっています。これがいつまで続くかですが…。
さて、今日は午後7時半からテレビで選挙管理内閣主席顧問が国民にメッセージを出す予定。選挙の日程が概ね決まるのかどうか。
追記:
夜8時半ごろから始まった主席顧問のファクルウッディン・アフマッド氏の演説では、
・政権移譲はできるだけ早い時期に行えるよう努力する
・選挙管理委員会は再編が必要
・IDカード導入については必要なステップを踏む
・汚職・腐敗と戦う
といったメッセージがありましたが、選挙はいつ頃を目指すのかについては明言はありませんでした。IDカードも導入を目指すのかどうかまだよくわかりません。「真に公正な選挙を目指して努力しますぞ」という決意表明、といったところでしょうか。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

4件のコメント

  1. j、フォキール on

    バングラデシュも急速に進む情報化社会になりつつあるようで、政治体制も変わるのでないかな!?と、藤岡さんのレポートを読んで思います。問題は軍ですね!ユヌス氏は新しいタイプの商売人でしょ?BRACはどうしていますか?新旧がごちゃごちゃに入り混じって急速に変化する街や村、人々の状況をレポートし続けて下さい!その中から、日本の将来も見えてくるように思います!

  2. ふじおか on

    情報へのアクセスにもまた大きな格差があります。ダッカなどの大都市ではインターネットもケーブルテレビもFM放送もありますが、例えばイショルゴンジのCOLI事務所ではテレビもBTVしか映らないし、インターネットもないです。それどころか電気も来たり来なかったり。携帯電話は農村でもずいぶん普及していますが…。
    本当にバングラデシュは今、いろいろな面で急激な変化の中にあることを感じています。伝えたいことが多くて、ブログ書いても書いても追いつかないような状況です。BRACなどのNGOの状況含め、これからも出来る限りお伝えします。

  3. ホントですか? on

     以前ダッカに住んでいたことがある者です。軍や警察(の特殊部隊)が、所属政党を問わずに行動していることに驚きました。というのは、残念ながらバングラデシュでは一般人のみならず、軍人も警察官も裁判官も大学の先生もマスコミ人もほとんどみんなどちらかの政党に属していて、中立的な立場を忘れてその利益のために行動する、と理解しているからです。もしご報告頂いた内容が事実だとすると、おっしゃる通り人権侵害等には気をつけなければなりませんが、大変良いことのように思います。期待してしまいます。他方、何が彼らをそうさせたが気になりますね。権力を行使できる「楽しさ」はあるのでしょうが、それだけだと心配です。そうならないように、今の動きに対する一般民衆のサポートをうまく集めて、国全体を良い方向に持っていけるような、軍や警察が変な風に行動しないよう「たが」をはめられるようなリーダーが出てきて欲しいですね。例えばユヌスさんに、国外に対してメッセージを出すだけでなく、国内においても何らかの役割を期待したいものです。

  4. ふじおか on

    ホントですか?さん、コメントありがとうございました。今後またブログに書きますが、今までと違う地殻変動のような変化が起こりつつあると感じています。選挙管理内閣の期間中にどこまでできるか、選挙を実施してまた政党政治に戻ったら、元の木阿弥になってしまうのかどうか…など、まだ先は読めませんが、国民の多くがこの機会に国が変わることを期待しているようです。

コメント

CAPTCHA