第三者?

2

きのうの謎の話の続きですけど、私の周囲のバングラデシュ人NGO関係者の中では、「今回の非常事態宣言は軍による一種の無血クーデターである」という見方が優勢です。表立っては誰も言いませんが、内輪話ではそう言う人が多いですね。そして、この動きをとりあえず歓迎している人がほとんど。新選挙管理内閣が、投票人名簿の整備のため、国民IDカード導入を検討する、と言っていることもあって、次の選挙までは相当時間がかかるだろう、少なくともここ2~3ヶ月は平和が続くだろう、という見方が今のところ強いです。IDカード導入なんて本当にやるとしたらどんなにがんばっても1年はかかるでしょう。
表立って戒厳令が出たり、軍人が表に出てきたりすることは今のところないんですが、あえて姿を見せずに表向き「謎」のまま操るというのは、かなりの策士でないとできないんじゃないでしょうかね。
「二つの勢力が対抗し合うばかりでにっちもさっちもいかなくなったら、そりゃ第三者が出てくるのが自然な成り行きってもんだよ」と今日ある人は言っていましたが、ほんとにそうだとすると、その第三者が今後どう動くのか。それが問題ですね。
もし軍によるものだとしたら何が一番のきっかけだったのか。ひとつ、もしかしたら関係あるのでは、と思うのは、国連が「このままバングラデシュ軍が1月22日の一方的な選挙実施に加担するようであれば、国連平和維持軍から外す」と警告したことです。PKOで重要な役割を果たしている、というのはバングラデシュ軍の誇り。そして今海外に4万5千人いるというPKOに参加するバングラデシュ軍人の外貨収入もバカになりません。汚職でもブラックマネーでもなく、正規に得られる大きな収入ですからね。
この最後のあたり、半分はうちのスタッフたちが言ってることの受け売りです。まあ、これが正しいかどうかはわかりませんが、NGOで働いているような中流バングラデシュ人はどんなことを話題にしているのか、という視点で読んでくださいね。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

2件のコメント

  1. j、フォキール on

    つたない質問ですが、バングラデシュはPKO派遣に際し、国連から資金を得ているのですか?派遣費用?月給?etcで?じゃ、日本も貰っているのでしょうか?国連への供託金も含めて、派遣費用や自衛隊員の給料や他に政府間・民間援助も含めて、出している一方ではないの?
    それと、国連は、バングラデシュをどうしたいんでしょう?国連と一口に言っても、5カ国それぞれの思惑で動いているから・・。バングラを一番手に入れたいのは中国かな?!
    ハシナとカレダはどう考えているのでしょう?国を動かしている中流人は風見鶏?

  2. ふじおか on

    j、フォキールさん、拙いどころか難しすぎますよ、質問が(笑)。
    私が聞いたのは、兵士の給与は国連からもらっていて、それが国内標準からするととても高いんだ、という程度の話です。あと、昔は軍に行く人はイマイチな人だったけど、今はすごいエリートの若者が行くんだと。アメリカの訓練施設で訓練を受ける→PKO参加、というエリートコースもあるらしいです。
    バングラデシュ軍のPKO参加者の給料がどうなってるのか、派遣費用は…というあたりは、どこで調べたらわかるんでしょうね。私も誰か詳しい人に教えてもらいたいです。
    どうも軍・PKO・UN・アメリカ…といった一連のつながりがどうなってるのか理解しないと、この国の行方はわからないんだな、というところまでは私にもだんだんわかってきたところです。

コメント

CAPTCHA