芸術としてのノクシカタ

7

シャプラニールのフェアトレード(クラフトリンク)は、バングラデシュでは現在9つの団体と取引をしています。そのなかのひとつ、BRACのクラフトセクションAarong(アーロン)は今年30周年を迎えました。その記念事業として、「ノクシカタ(刺しゅうを施した布)」をテーマにした展示会が開催されています。
昨日、その展示会のオープニングセレモニーに出席してきました。
会場ではバングラデシュの民族音楽が演奏され、アーロンの代表や来賓の方々のスピーチのほか、生産者に対する表彰などが行われました。
opening.jpg song.jpg
スピーチと展示を見て、アーロンがやってきたことのすばらしさを感じました。そして、このノクシカタを芸術品として、同時に農村部の仕事づくりとして確立してきたことはバングラデシュにとってどれだけ大きな意味があるのか、計り知れないことでしょう。
30年前、もともと着古したサリーを重ねて布団などにするために刺しゅう(刺し子)を施した布。それを、独立後の復興活動のひとつとして、現金収入、仕事の機会を作り出す手工芸品となった。それはアーロンだけではなく様々な団体がやってきたことです。しかし、アーロンはそれをさらに芸術的価値にまで高め、海外の人々に買ってもらうだけではなく、バングラデシュ社会の中でも価値を高めていったのですから。
entrance.jpg display.jpg
old 2.jpg new.jpg
展示スペースでは、30年以上前の「ノクシカタ」から最新デザインのもの(タペストリー、サリーなど)が展示されています。また、ステッチひとつひとつ、それ自体が“芸術”であるとして展示しています。その感覚に感動してしまう。
new design 2.jpg stitches.jpg
この国には本当に豊かな芸術であふれています。それが特別なものではなくて日々の生活の中にあります。詩、音楽、手仕事、暮らし、デザイン、色、etc. 展示を見ながらとても感動してしまった。
この展示会は29日まで、Shilpakala Academyで開催しています。ダッカ在住の方がいらっしゃいましたら、ぜひ行ってみてください。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

7件のコメント

  1. すーこと杉山悦子 on

    うっちーさんお久しぶりです!元クラフトのすーです。
    Aarongのノクシカタ展、素晴らしいですね!!私もとても見に行きたいよー、いけないのが残念です。思わず投稿せずにはいられませんでした。
    それに、写ってた音楽隊ってもしや。。?見覚えのあるおじさん達のような気配ですが。
    わたしも今週から再び日赤で仕事を始めて、四川省の大地震の復興を担当してます。一年半ぶりの現役復帰です。
    こっちもですが、そちらもきっと暑さ真っ盛り、お体に気をつけてがんばってくださいねー!

  2. ムルギ@エチオピア on

    私もうっちーさんの日記に感動して、思わずコメントを残しました。
    ノクシカタとアーロンの実践は、本当に感動的ですね。小さな取り組みを大きなうねりにかえていく努力、人々の力。且つて万博のノクシを担当させていただいたときには、こうしたノクシカタを海外のバイヤーとして買い支えてくれたのはシャプラニールだ、というアーロンのスタッフからのコメントを漏れ聞いたことがありました。(他バイヤーは必ずしもバングラデシュらしさを求めないので、自分たちでデザインしたTシャツなどが多いんですよね)生産するところから、日本の人々が購入するまでのフェアトレードの営みの、一つ一つのつながりが、こうして続いて広がっている、そしてその最終地点でつながっているシャプラの活動も、本当に素敵だなと改めて思いました。素敵なご紹介をありがとうございました。

  3. すー、ムルギ。
    コメントありがとうございます。
    本当に美しいノクシカタがたくさんあります。みんなに見てほしいです。
    「シャプラニールはノクシカタをどうしてここまで気に入ってくれるんだ?他の取引団体はバングラらしいものを排除した商品を好むのに」とアーロンの人にいわれたことがあります。だって、その「バングラデシュ」の文化そのものを大切にしているものだから買うのであって、それ以外だったらそこの団体と取引する必要がないとおもうんですよね。
    いやー、本当にこの展示会をみて、あの万博を思い出しながら(笑)ひとりで感動していました。よかった、共有できて。

  4. BRACの凄さは、先日、NHKスペシャルで放送していた中間層へのマイクロクレジットをやったり、ITやケイタイ電話事業にも参入したり、国の教育の片翼を担ったりしながら、当初の目的である貧困の撲滅を忘れないことなんでしょうね!その一角に食い込んでいるシャプラニールは、BRACを支えている基盤と言って過言ではないと思います。日本は寺小屋を通して教育を普及させ現在に至りました。そして今、小子化と高齢化に直面しています。さて、中国とインドはこの先どうするか・・・バングラデシュはどうするのか? 
    どう考えますか?内山さん、藤岡さん、ベンガル人スタッフ、BRAC、バングラデシュの国民のみなさん。未だ世界最貧国のひとつと言われ、且つ経済成長著しいベンガルの地にあって。

  5. ↑のAnoとなっているのは、フォキールです。考えながら長い時間を掛けて書くと、混み合っていて受付ができませんでしたと出るんですよね。なので、別にIEを開いてコメント欄にコピペしたら、Anoになっていました。今、気づきました。

  6. うっしー on

    うっちーさん、ノクシカタの素晴らしさを伝えてくれてありがとう。あー、私もその展示会に行きたい!!見ているだけで豊かな気持になれそう。

  7. こんばんは。
    そしてラマダン大変ですね!
    暑さも!!
    たまにお邪魔しています。
    実は20日からバングラデシュに旅行に行きます。
    今からとっても楽しみです。
    やっぱりお店は昼間閉まっているのでしょうか?
    それとハズィービリヤニというお店に行きたいと思っています。
    NYタイムズにも載ったところです。
    ただ情報がなくて・・
    何かご存知であれば是非教えてください。

コメント

CAPTCHA