札幌到着(移動日)

0

スガハラ職員は昨夜鶴岡から夜行バスで東京に帰りました(いろいろありがとね)。

で、私は今朝鶴岡からまたバスで山形自動車道を通って仙台駅前に向かい、仙台駅から仙台空港へ行き、飛行機で札幌へ、というスケジュール。

DSC02213.jpg

バスは磐梯朝日国立公園の中を走ります。紅葉が始まって絶景。でも、起きて景色を見てたのはちょっとだけであとは爆睡。

スーツケースを引きずり、パソコンを背負い、プロジェクターを入れたバッグを手に持つ、という大荷物状態で仙台駅前PARCO内の珈琲店でハヤシライスセットの昼食。そこでパソコンをとり出してひと仕事するつもりだったのだが...できない。肩はガチガチだし、足はむくむし、腰は痛いしでなんだかアカン。立ちっぱなしで話したりするのは大丈夫なんだけど、重い荷物を持って歩き回る、ってのが堪えるのよね、40過ぎのオンナには。

...で、同じフロアのマッサージ屋に入ってしまいました。全身コース40分。担当してくれたアベさんは、笑顔の可愛いお嬢さんだけど、指の強さといいツボを外さないところといい、絶妙。これは値打ちがあったわ。

アベさんのゴッドハンドのお陰で息を吹き返した私は、なんとか飛行機に乗り新千歳空港、そこからまたバスで地下鉄大谷地駅前へ。

そこでハンチングにマフラー姿の北星大学の萱野先生がご家族で出迎えてくれました。これから3晩、萱野さんのお宅でお世話になります。奥様の真理子さんとは2005年にご一家がダッカから帰国されて以来の再会。お子さんたちも大きくなっててびっくり。

晩御飯は回転寿司で北海道ならではの新鮮で珍しいネタを満喫。

DSC02215.jpg

知ってました?「めふん」(左)て?

鮭の腎臓なんですって。

お寿司食べ過ぎて苦しい~。その後お宅へ向かう車の中では、萱野家長男のサチヤくんと真剣にしりとり。2年生とはいえ、ウルトラマンやポケモンに出てくる怪獣の名前など、意外性のあるボキャブラリーが多いのであなどれません。妹のふーちゃんは、寝るときに読んでいいよ、と「かばくんのふね」という絵本を貸してくれました。

ありがと。かばくんのふね、読みながら寝るね。

明日は北星学園大学で講演です。

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA