ドナー回りをする被災地弱小NGO

3

シャプラニールがバゲルハット県、ボルグナ県で現地NGOをパートナーとして救援活動を始めて以降、いくつもの被災地の小さなNGOが電話をかけてきたり、請願書のような手紙を持ってダッカ事務所を訪れてきたりしています。今行っている救援活動だけでもいっぱいいっぱいな状態で、私も髪を振り乱している感じなのですが、必死の面持ちで被災地からやってくる彼らに邪険な態度をとることもできず、できる範囲で話を聞いています。
ここ数日目立つのは、今回もっとも被害が大きかったバゲルハット県やボルグナ県、ポトゥアカリ県などの最大級の被災地の隣で、相当の被害がありながらあまり新聞報道などがされず、やや目立たなくなっている地域、ピロジプール県やゴパルゴンジ県、ボリシャル県などの小さなNGO。いずれも「うちの地域はぜんぜん救援が足りない、人々は大変な状況なのに無視されている」と訴えます。
今日訪れたゴパルゴンジ県の団体の人は、「私たちが活動している郡は全国的にはマイノリティであるヒンドゥー教徒が8割を占める地域。日ごろから無視されがちな地域で、政府も邪険なので、サイクロンの救援からも取り残されているんです」と言います。ここは実は建国の父シェイク・ムジブル・ラーマンやその娘の元首相、シェイク・ハシナの出身地。マイノリティの人たちにはアワミ連盟を支持する人が多いので、前のBNP政権のときは徹底して無視されたと言います。「うちの郡に入ったら急に道も悪くなるんですよ」だって…。
こういった地域の今回のサイクロン被害がどの程度なのか、正直なところ行って見てみないとわかりません。ボルグナ県やバゲルハット県など、最大級の被害があって新聞によく写真が載る県の中でも、地区によって被害の甚大だったところ、それほどでもなかったところがありますし。「救援活動を支援して!」と言ってくるところでも、行ってみたら被害はそれほどなかった、ということもなきにしもあらずなのです(逆の場合ももちろんありえます)。また、日ごろ全然お付き合いのない、評判を聞いたこともないNGOといきなり組んで救援活動をする、というのはなかなか難しいものがあります。でも本当に被害が大きくて救援がぜんぜん回っていないのであれば、なんとかしてあげたい、とも思うのですが…。
ダッカ事務所は今、プログラムオフィサー2人と小嶋駐在員が現場からまだ戻らず、ただでさえ事務所の人員が少なくなっています。筒井事務局次長は今日もう日本に帰ってしまったし。2台ある車も出ずっぱりでレンタカーも動員中。これまで決めた2つの現場にはもうかなり資金もつぎ込んでいます。
あっちでもこっちでも救援が足りず、地元の小さなNGOが救援活動をしたくても資金がなくて困っていることはわかっていても、資金にもマンパワーにも限りのある私たちとしてはお断りしなければならない場合がほとんどです。「どうかあなたがたが私たちに協力してくれますように、神のご加護を」と言われて、ううう、と唸っています。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

3件のコメント

  1. j、フォキール on

    スタッフのみなさん、ご苦労様です。体調を崩している人はいませんか?
    毎日数回ブログを見ています。
    10月末に始めたばかりの私のブログの中の「バングラデシュの話」という書庫の第2回で急遽、今回のサイクロンを取り上げ、シャプラのHPにリンクさせました。まだ訪問者が少ないのですが・・。
    1974年、(当時は「HBC」=ヘルプバングラデシュコミティー)3箇所の活動候補地のひとつが実は、ポトゥアカリ県・ボルグナ県・アムトリで、A氏、W氏、Iさん、私の4人で調査に行きました。(もう1箇所はポイラ村、あと1ヵ所は未調査)
    ダッカからスチィーマー(蒸気外輪船)で一晩掛けてボリシャールまで行き、その先はロンチ(外装小型エンジンボート)、その先はノウカ(手漕ぎ小舟)。現在もアドバイザーのひとりであるサイドゥール・ラーマン氏(当時はレッドクロス(赤十字)のNO2でした)に推薦してもらった地域でしたので、現地のオフィサーや村の若い防災ボランテァが案内してくれました。初めて見る外国人の私たちに怯える子どもたち、「一体何をしに来たのだろう?」と用心する大人たち、顔を見せない女たち・・・写真集「水と大地の詩」の1枚目の写真です。大学の夏休みを利用しての撮影が目的の訪バ。ことばも地理も習慣もボランティア活動も知らず、今思えば、暢気・無茶・・ムムム・・・。
    今も遠くからの景色は変わらず、海抜0メートルで、堤防はないですよね?港も! もっとも、砂と泥で出来た島なので、造りようがないのですが・・。
    数日前まで、頻繁にTVで、惨状と初期救援活動の様子を見ました。しかし今は、防衛省と香川の殺人事件ばかり・・・。
    経過報告は、このブログのようなミニメディアしかなのでしょうか?
    東京12チャンネルの正月特番のディレクターが、「地球温暖化」のロケハンをしている最中に今回のサイクロンに遭遇し、急遽、撮影をしたようです。悲惨さを売り物にせず、地球・宇宙・私の問題として扱ってくれるよう願いながらアドバイスしました。
    12月1日の筒井さんの報告会には仕事で出席できません。残念です!夜7時からなら可能なのですが・・・。本部のHP上の動画でさわりだけでも見ることができるといいのですが!秋庭さんよろしく!
    それと、小嶋さん、内山さん、お元気ですか?いつも応援しています。時々報告をお願いします!

  2. ふじおか on

    j、フォキールさん、
    そうでしたか、ボルグナのあたりが最初の活動候補地のひとつだったんですね。前に聞いたような気もしますがよく知りませんでした。ボルグナは今でも遠いですが、1970年代にあそこまで行くのはさぞかし大変だったでしょうね。今回の救援のパートナーのひとつ、ションコルポ・トラストのチェアマンはサイドゥルさんのお友達なので、そのときももしかしたらその方を訪ねて行ったのかもしれません。フォキールさんのブログのアドレス、教えてくださいね。ぜひ拝見したいです。
    うえはらゆさん、
    ありがとうございます。今のところ皆身体は大丈夫です。事務所の車が事故って大破というハプニングがありましたが…人間は無事でした。Wさんにもよろしく。

コメント

CAPTCHA