NGO活動にも軍介入?冗談じゃない

7

昨日と今朝の新聞に「NGO、海外資金の50%を目に見える開発に使うべく要請される」という記事が載りました。バングラデシュ政府でNGO関係の業務を管轄するNGO局から通達が出され、海外からの資金を受け取るNGOは、少なくともその50%を学校建設、道路補修、用水路などの「目に見える」開発に使わなければならない、というのです。
新聞記事によると、7月3日に非常事態宣言下の軍・警察の行政補佐活動をレビューする会議があり、そこで決まったことだと。NGOの活動がその日の議題のひとつだったというのです。今後軍・警察はNGOの活動、とくに人々の意識向上とかキャンペーンといった「目に見えない」活動を厳しく監視し、人々の役に立っていない活動は中止させると。
そんな通達はまだNGO局から届いていませんが、これが本当なら由々しき事態です。活動費の50%を彼らが言うとことろの「目に見える」活動、つまり道路や用水路のようなインフラ整備に使うことが義務化されたら、NGOはやってられません。「人々の役に立っていない活動は閉鎖」といっても、それをいったい誰が、どんな基準で判断するのでしょうか。NGO活動のアカウンタビリティはもちろん重要ですし、成果をいかに客観的に評価するか、というのも大きな課題ですが、建物や道路のように「(ハードが)目に見える」ことイコールアカウンタブルだというのはあまりに幼稚かつ見当違いな話です。
学校を建設するのも、道路や用水路を整備するのも、政府がやるべき仕事のはずです。この国では、政府がやるべきでありながらできていない仕事、とくにそのうち、教育や保健医療、貧困層の生活向上、といった仕事を、ずいぶんNGOが補ってきました。それをインフラ整備までNGOにやれというのでしょうか。それなら政府の仕事はいったい何だというのでしょう。
病棟はあるけれど医者が来ない病院、校舎はあるけれど教師が来ない学校、役場の建物はあるけれど役人が来ない役所、そんなものがこの国にはあふれています。それをいかに機能させるか、お粗末な公教育や公共医療、人々に届かない公共サービスをいかに改善するかを政府は考えるべきです。こういったソフト面で政府の不足を補っているNGOの活動を制限し、ハードに資金を使うことを強要するなど、まったく現実のニーズに逆行しています。
軍主導の暫定政権の強引な「改革」、そのうちNGOにも手が伸びてくるかもしれないと思っていましたが、どうやらそのようです。もちろん、こんな通達が届いたらNGOの側も黙ってはいられませんし、NGOをパートナーとしている国際機関なども困ることになるでしょう。
暫定政権にはNGOの活動に口を出すより、腐敗しきったNGO局をなんとかしてもらいたいと思います。NGO局の役人に要求された賄賂を支払わないことで、今までどれだけ嫌がらせを受けてきたことか。
暫定政権になってからNGOで働く外国人職員に出されるビザ、通称Nビザの発行期間も大幅に縮められました。私は有難いことに4年のビザを持っていますが、後の駐在員がこんな長期のNビザをとれることは今後当分ないでしょう。3年駐在しようと思ったら、度重なるビザの更新の交渉にかなりのエネルギーを割かなければなりません。
通達が本当に届くのか、まだよくわかりませんが、シャプラニールのような海外NGOやそのパートナー団体が、ますますこの国で仕事がしにくくなることは確かなようです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

7件のコメント

  1. j、フォキール on

    ですです!全く藤岡さんの言われる通り!今の暫定政府は、これまでのNGO活動をどう評価しているのでしょうか?BRACは学校まで持っている訳だし、輸出も相当なものでしょう!ODAサイトはどの様な考えなんでしょうか?
    ハシナが逮捕されましたよね。その後の様子や反応はどうですか?

  2. はじめまして、いつも楽しみに拝見させていただいております。
    由々しき問題ですね。
    改革ではなく、改悪に走るシナリオが表面化してきたのでしょうか。
    全くこの国の問題は貧困にあらず、政府にあり。いつも問題の壁は政府ですね。

  3. ハッピージュンコ on

    政治の事、特にBangulaのような国は理解しにくいのですが、軍主導の政府が財政難を理由に矛先をNGOに向けて来るということが嫌ですね。ODAの活動もそうですが、受け皿となる国があまりにもそれに甘え過ぎる傾向も問題視されるべきと聞いた事があります。藤岡さんの言われる腐敗しきったNGO局も困りものですね。でもビザ取得には大切で必要かつ欠かせない部所でもある。
    今後、活動に影響が出ない事を願っています。
    余談ですが、「アフリカの瞳」「アフリカの蹄」と言う本をご存知ですか。著者はハハキギホウセイ氏で日本人医師の物語です。見知らぬ土地で医師として生きる様を、危険と恐怖を入り混ぜたようなタッチで表現しているのが読書欲を引き立てている。プラス日本人の粘り強さも文面に湧き出ているようで読後感がとても良かったです。藤岡さんのお好みかどうかは分かりませんが、世界を舞台にガンバッテおられる貴女に! 腐敗NGO局に負けないで!

  4. 休暇ですっかりバングラデシュから遠のいていますが、こんなことになっているのですね…。
    「人々の意識改革」こそが長期的には実際に「役に立つ活動」なのではないでしょうか。
    今までも無思慮とも思える(愚かな)提案をしては撤回している政府ですから、これもまた撤回してくれるといいですけどね。
    何を考えているのやら…。
    本当にこの国はいつか変われるのでしょうか???

  5. ふじおか on

    j、フォキールさん
    ハシナ逮捕のあと、ダッカ大学の教員がストをしたり、他にも非常事態宣言を無視して抗議する動きが多少あります。まだそれほど大きなものにはなっていませんが、これからどうなるかですね。
    Charさん
    暫定政権、最初は歓迎されていましたが、だんだん嫌われてきた感じです。何事も有無を言わせず強要されるのは困ります。このNGOへの通達の件はまだ眉唾情報の可能性もありますが。こっちの新聞はけっこう先走りますから…。
    ジュンコさん
    本のご紹介ありがとうございます。まだ読んだことないです。探して読んでみます。私の生まれて初めての海外旅行はケニアでした。アフリカの水を飲んだものはアフリカに帰る、という諺もあるそうなので、いつかまた行けたらいいな、と思っています。
    きなこさん
    スウェーデンてきれいですねえ。写真が絵葉書きみたい。久々のダッカにはソフトランディングできそうですか?ダッカは風邪がはやってますのでお気をつけて。

  6. SAGA on

    始めまして。
    私、チッタゴンに工場を持っておりますSAGAと申します。
    こちらへバングラデシュの情報を探していて偶然たどり着きました
    現地へは1年に1~2度ほどしかいけないのですが
    常駐の者からの報告では街中の治安などは以前とは
    比べ物にならない位よくはなった、と聞いておりました。
    ただ、何事も規則、規則とうるさくなり
    とんでもない要求を突きつけられ困惑しているようです。
    もっとも、責任をとる人物がいないので結局うやむやになってしまうようです。
    彼らが「見た目立派な」箱物を欲しがるのは以前からですが
    軍の統括でもそれは変わらないですね。
    でもBMPとアワミ連合の超腐敗政府よりは少しはマシになってくれれば、と思っています。

  7. ふじおか on

    SAGAさん、
    お返事が遅くなりすみません。暫定政権、今まで誰もが汚職を知りながらアンタッチャブルだった大物政治家の逮捕に踏み切ったり、違法建築を取り締まったり、当初は歓迎されていたのですが(その直前がひどすぎたこともあります)、物価が上がる一方なことや、最初は注意深く隠されていた軍の関与が最近は露骨になってきたことなどから、人々はかなり現政権に警戒心も持つようになってきたと感じます。NGOについても今回みたいな介入は困ったものです。結局撤回されましたが。
    来年予定されている選挙がどうなるか、その結果どんな政権が誕生するか…今はなんともまだ想像がつきませんね。

コメント

CAPTCHA