断食月 Month of Fasting

2

あと少しで7月が終わる。プロジェクトを実施するパートナーとの四半期会議が入る1、4、7、10月は出張が続き、ただでさえ忙しいのだが、今年は11日から約一ヶ月の断食が始まってしまいスケジュールを組み立てるのにかなり苦労した。

この期間、イスラム教徒の多くは、日の出前に起きて食事をしたら日没まで水すらも口にしない。日が長く暑いこの時期の断食は過酷だ。だからといって仕事を休むこともないため、強行スケジュールを避けて予定を立てることになる。

いつもならプロジェクトを実施している地域にいって行う会議だが、今月はディナジプールのGBK<プロジェクト:北西部先住民族の子どもたちの文化教育支援>にはダッカに来てもらいシャプラニール事務所で行うことにした。

ダッカのPhulki<家事使用人として働く少女支援>とノルシンディのPAPRI<チョール(中州)における教育支援障害者の社会的地位および経済状況の改善支援>は上旬に、バゲルハットのJJS<サイクロンが多い地域での地域防災支援>は今週終了した。

P1050082.JPG

PAPRI、JJSとも、夕暮れ時になると皆が集まり、断食を解く食事「イフタリ」を一緒に摂った。
バングラデシュのイフタリは揚げ物、フルーツ、野菜、豆などがたっぷりと出されるが、この量が半端ではない。断食をしていない私たちもイフタリのお相伴をしたうえで夕食を摂るので胃に負担がかかる時期でもある。 

P1050084.JPG

<合図となるアザーン(モスクから流れる礼拝の時間を告げる呼びかけ)を待つJJSスタッフ>

さて、残る出張は来週のチッタゴンのYPSA<家事使用人として働く少女支援>。これが終わればあとはイード休暇が待っている。あと少し、頑張ろう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

2件のコメント

  1. 森田康彦 on

    断食月が最近夏季なので大変ですね。夏休みと重なるので、学生さんと一緒の我々の活動にも影響大です。水飲むのがダメな他、ラマダン中は血を見ることが禁忌なので、歯磨き指導が出来なかったんです。歯肉(歯茎)からです。
    ところが今年、現地のみで継続している活動では、工夫してなんとかできたそうです。そうはいうもののラマダンどんどん大変になっていきますね。現地の5月6月にラマダンが来たら。。。日中もですが反動のイフタル後は。。。

  2. 森田さん、こんにちは。ラマダン中に血を見ることが禁忌だったとは知りませんでした。そうなると、手術などの医療行為も本来は望ましくないということなのですね。
    この時期の断食の何がつらそうって、暑い上に日が長いこと。朝おきて食事をしてから、15時間水すらも口にできないなんて、想像を絶しますね。イフタリを食べた後は体の力が抜けてしまう、と年上のスタッフが言っていました。急に食べ物が胃の中に入ってきて、血がそちらに集まるのでしょうね。で、栄養分のある血液が体を巡り始めるのが、一種のショックになるのではないかと想像します。
    ただ、断食はできる人とできない人がいます。リキシャ引きなどの体を使う人にとっては水を飲まないことは命取り。そもそも生活がかかっているので断食なんてしていられるか、(この時期は稼ぎ時でもありますし)という感じで、布で中を見えないように囲った茶店で飲んだり食べたりしています。

コメント

CAPTCHA