ダッカスタッフに女の子が誕生 A new baby girl of Shapla Neer family

0

このところ出張が重なり外にいることが多い。久しぶりに木曜日(金・土が休みのバングラデシュでは日本の金曜日に相当)に出勤したら、会計のジョセフィンが前日体調が悪いと午後から半休を取っていると聞いた。予定日までは1ヶ月以上あるので、気になって朝一番で電話をしたが応答はなかった。

It has been so hectic. I have been here and there, not much in the office for last couple of weeks. Then it was Thursday, I found Josephine, a account staff taking a day off. She was quite sick on Wednesday and took a half-day off.

So I wondered how she is and called her. But nobody received my call. Hmmm.  

午後になって電話がかかってきた。ジョセフィンの夫からで、彼女が早退した26日(水)の夜、緊急手術となり8時半過ぎに女の子が産まれ、ジョセフィンはまもなく一般病棟に移れるだろうということを聞いた。

In the afternoon, there was a call from husband of Josephine and I was told that she got a baby girl last night. And I was so surprised as you can assume.

今日(28日)になって本人と電話で話しができて、午後お見舞いに行ってみた。私のアパートからリキシャで15分くらいのところにあるLABAIDという病院だ。この横には循環器系専門の病棟もありかなり大きな病院である。

P1020753.JPG

Today, after talking with her in the morning, I went to see her in the afternoon. Hospital was not far from my flat, LABAID is, I guess, one of the largest and well-equipped hospital in Bangladesh. 

病室の番号を教えてもらい4階までエレベーターで移動。病室番号が掲示されていたので迷うことなくたどり着けた。

It was very easy to locate her room,.

部屋にはお見舞いに来ていた親戚と、ジョセフィン、夫、そして赤ちゃん。予定日よりも1ヶ月以上早かったので体重が2000グラムとちょっと小さめだが、見たところ元気そう。点滴を終了させて、授乳ができたら明日にでも退院できるとのこと。早く家に帰れるといいね。

So there I met Josephine, her husband, relatives and a baby girl!!!.She was a bit under-weight, but doing ok. They may be released and go home by tomorrow morning. 

P1020755.JPG

産まれてきてありがとう。そんな二人の気持ちがいっぱい詰まった部屋を後にしました。

Thank you for becoming a member of our family. I am sure you will bring much happiness to all.

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA